モントリオールオリンピックにおける柔道競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

モントリオールオリンピックにおける柔道競技は、1976年7月26日から7月31日までの競技日程で実施された。

概要[編集]

実施されたのは1972年のミュンヘンオリンピックと同じ男子のみの6階級であった。前回大会までは予選で一度敗れても敗者復活戦を勝ち上がれば優勝できるシステムとなっており、ミュンヘンオリンピックでは実際に中量級の関根忍、軽重量級のショータ・チョチョシビリ、無差別のウィレム・ルスカの3名がその恩恵を受けることになった。その後、このシステムに対して疑問が投げかけられたことで、1975年にIJFは途中で負けた選手は最高でも3位にまでしかなれないようにルール改正を行った[1]

競技結果[編集]

階級
63kg以下級 キューバ ヘクター・ロドリゲス
キューバ (CUB)
韓国 張銀景
韓国 (KOR)
イタリア フェリーチェ・マリアーニ
イタリア (ITA)
ハンガリー トゥンチク・ヨージェフ
ハンガリー (HUN)
70kg以下級 ソビエト連邦 ウラジミール・ネフゾロフ
ソビエト連邦 (URS)
日本 蔵本孝二
日本 (JPN)
ポーランド マリアン・タワイ
ポーランド (POL)
フランス パトリック・ビアール
フランス (FRA)
80kg以下級 日本 園田勇
日本 (JPN)
ソビエト連邦 ワレリー・ドボイニコフ
ソビエト連邦 (URS)
ユーゴスラビア スラフコ・オバドフ
ユーゴスラビア (YUG)
韓国 朴英哲
韓国 (KOR)
93kg以下級 日本 二宮和弘
日本 (JPN)
ソビエト連邦 ラマズ・ハルシラーゼ
ソビエト連邦 (URS)
スイス ヨルグ・ロースリスベルガー
スイス (SUI)
イギリス デビッド・スターブルック
イギリス (GBR)
93kg超級 ソビエト連邦 セルゲイ・ノヴィコフ
ソビエト連邦 (URS)
西ドイツ ギュンター・ノイロイター
西ドイツ (FRG)
アメリカ合衆国 アレン・コージ
アメリカ合衆国 (USA)
日本 遠藤純男
日本 (JPN)
無差別級 日本 上村春樹
日本 (JPN)
イギリス キース・レムフリー
イギリス (GBR)
韓国 趙在基
韓国 (KOR)
ソビエト連邦 ショータ・チョチョシビリ
ソビエト連邦 (URS)

各国メダル数[編集]

国・地域
1 日本 日本 3 1 1 5
2 ソビエト連邦 ソビエト連邦 2 2 1 5
3 キューバ キューバ 1 0 0 1
4 韓国 韓国 0 1 2 3
5 イギリス イギリス 0 1 1 2
6 西ドイツ 西ドイツ 0 1 0 1
7 フランス フランス 0 0 1 1
ハンガリー ハンガリー 0 0 1 1
イタリア イタリア 0 0 1 1
ポーランド ポーランド 0 0 1 1
スイス スイス 0 0 1 1
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 0 0 1 1
ユーゴスラビア ユーゴスラビア 0 0 1 1

日本人選手の成績[編集]

軽量級  南喜陽  2回戦敗退
軽中量級  蔵本孝二  銀メダル
中量級  園田勇  金メダル
軽重量級  二宮和弘  金メダル
重量級  遠藤純男  銅メダル
無差別  上村春樹  金メダル

関連項目[編集]

脚注[編集]