ヨドバシ梅田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ヨドバシカメラ > ヨドバシ梅田
ヨドバシ梅田
Yodobashi Umeda
ヨドバシ梅田ビル
ヨドバシ梅田ビル
店舗概要
正式名称 ヨドバシカメラマルチメディア梅田
所在地 530-0011
大阪府大阪市北区大深町1-1
北緯34度42分15.1秒東経135度29分46.7秒
開業日 2001年11月22日
施設所有者 株式会社ヨドバシカメラ
施設管理者 株式会社ヨドバシ建物
敷地面積 16,270 m²
商業施設面積 50,000 m²
延床面積 113,548 m²
中核店舗 ヨドバシカメラ
店舗数 59
営業時間 9:30 - 22:00
駐車台数 1,000台
前身 大阪鉄道管理局の庁舎

JR西日本本社ビル
ヨドバシカメラ
ヨドバシ梅田ビル
阪急うめだ側から)
ヨドバシ梅田ビル正面
ヨドバシ梅田ビル
情報
用途 店舗
設計者 レールシティ西開発株式会社[1]安井鹿島設計共同体
施工 鹿島建設株式会社
管理運営 株式会社ヨドバシカメラ
構造形式 SRC
敷地面積 16,270m2
延床面積 113,548m2
階数 地下2階地上13階建
竣工 2001年11月
テンプレートを表示

ヨドバシ梅田(ヨドバシうめだ)は、大阪府大阪市北区大深町(JR大阪駅前)にある複合商業施設。大手家電量販店の「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」をはじめ、多数のテナントが入居している。マルチメディア梅田は単独店舗で年商1000億円を上回る[2]

歴史[編集]

出店までの経緯[編集]

元々は旧大阪鉄道管理局庁舎(JR発足後はJR西日本本社屋)が置かれていた場所だが、旧国鉄の債務縮減のため、便利で地価が高い一等地を明け渡すことになり、JR西日本本社が現在の本社社屋(大阪市北区芝田2丁目)へ移転後の1992年に取り壊された。バブル崩壊後、長期的な用途が決まらないまま長らく更地のままとなっていた。長期的な用途が決定しない期間には、ドーム型ゴルフ練習場や木下大サーカス会場などとしても利用されたこともある。

その後、1997年になってようやく土地の競争入札が行われ、当初は三越パルコによる落札が有力視されていた[3]が、500億-600億円と予想されていた落札価格を大幅に上回る1,010億円でヨドバシカメラが落札した。

その後、ヨドバシカメラは同地に商業棟(地上13階・地下2階)・オフィス棟(地上33階)の2つのビルを建設する計画を発表し、南半分には約1年半の工期を経て2001年には商業棟が開業。一方、北半分のオフィス棟については2014年現在、暫定的に平面駐車場として利用されているが、ヨドバシカメラは平成25年春を目処に大型専門店を誘致、着工し、平成27年頃に大型商業施設として開業する事を検討中であると発表している[4]

ヨドバシカメラ出店の理由と懸念[編集]

ヨドバシカメラは首都圏(東日本)を中心に店舗を展開してきたが、出店空白地域である西日本に店舗展開するための足がかりとして、西日本最大の都市である大阪に大型店舗(旗艦店)を作る必要があった。また、大きなターミナル駅を擁する梅田地区は集客が見込めることもあった。

但し、当時の年間売上高が2千数百億円の同社にとって1,010億円という土地の落札価格はあまりにも高額であることと、当時の関西地区では同社店舗の知名度は低かったこともあり、採算性を疑問視する見方もあった。

このような懸念があったにもかかわらず、開業日には予想をはるかに超える客が押し寄せたことや、関西ではあまり馴染みがなかったポイント制度への申込客が多かったことなどを挙げて、楽観的な見通しを論評するメディアもあった[5]

フロア構成[編集]

開業当初はB1F-4Fがヨドバシカメラの売場であったが、4Fにあったゲーム・おもちゃ売場を5Fに移動し売場を拡大した。夏季限定で13Fの駐車場スペースを利用したビアガーデンを開設していたが、高い壁に囲まれているため眺望が極めて悪いほか風が通りづらいこともあって蒸し暑いなど不評だったため、2004年限りで営業を終了した。

B2Fは、食料品売場(グルメディア食品館)があったが、いかりスーパーマーケット(JR大阪駅御堂筋口)や成城石井(阪急梅田駅、ホワイティうめだ)との競争に晒されていたことや売上不振のため、2005年6月に閉鎖した。その後、B2Fは閉鎖されたまま1年以上使われていなかったが2006年7月20日、エスカレーターを移設するなどの改修の上、5Fにあったゲーム・玩具・自転車売場をB2Fに移転した。但し同年11月10日、ゲーム・玩具売場は再度5Fに移動し、このさいに面積を大幅に拡大している。また、同年9月30日をもって1Fの「opti cafe」および5FのFashion Zone部分の全店舗が撤退または移転した。2006年12月15日には、7Fの東側に「ユニクロ」の大型店が出店した。なお、食料品売場の跡地は旅行用品・自転車・文具売り場となっており、特に旅行用品売場は日本でも屈指の品揃えとなっている。

2011年5月に大阪駅ノースビルディング(三越伊勢丹・ルクアが核テナント)が完成後はファッションフロアが苦戦するようになり、同年10月を持ってコムサストアが一時撤退している。10月上旬からヨドバシ梅田館内の改装工事が行なわれ、同年12月1日にリニューアルオープンした。コムサストア跡地のうち、1Fから4Fはヨドバシカメラの売場拡大、5Fから6Fは専門店街 (Fashion Zone)、7Fは「コムサスタイル」「コムサスタイルスーツ」「アイビーコムサ」(コムサストアの縮小移転)となった。また従来地下2Fへのエスカレーターは東側しか設置されていなかったが、リニューアルを機に西側にも設置されるようになり、館内の回遊性が向上された。

ヨドバシカメラマルチメディア梅田[編集]

ヨドバシ梅田の核テナント。ヨドバシカメラの関西地区1号店として2001年11月22日に開業した。

デパート風の建物、広い売場、豊富な品揃え」に加え、「カフェ、レストラン街、ファッション衣料雑貨専門店の併設」というこれまでの家電量販店のイメージを覆すものであり、業界に大きな衝撃を与えた。

また、開業初日は22万人の来客数があり、その翌日からの3連休(11月23日-11月25日)では95万人以上(3日間の合計)の来客数を記録した[6]

開業以降、関西地区の家電量販店の勢力図は激変し、国内においても家電量販店としては最大の売場面積・売上高を誇っている[7]2006年3月10日には、難波地区にヤマダ電機の都市型店舗「LABI1 なんば」が開業し、ヨドバシに先んじて難波に進出していたビックカメラや関西基盤の家電量販店を含めた大阪地区での家電量販店の競争がいっそう激しくなっている。

各フロアの概要[編集]

※各フロアのテナント詳細は、公式サイトを参照。

13階 駐車場
12階 駐車場
11階 駐車場
10階 駐車場
9階 駐車場
8階 レストラン街
7階 Fashion Zoneザ・スーツカンパニーユニクロ
6階 Fashion Zone(マッサージ店・美容店・雑貨店など)
5階 Fashion Zone(マッサージ店・美容店・雑貨店など)
4階 ヨドバシカメラ 専門店街
3階 ヨドバシカメラ 専門店街
2階 ヨドバシカメラ 専門店街
1階 ヨドバシカメラ 専門店街
地下1階 ヨドバシカメラ りそな銀行梅田北口支店[8]飲食店
地下2階 ヨドバシカメラ ワールドカレンシーショップ外貨両替
りそな銀行梅田北口支店・荷捌場

施設の特徴[編集]

  • 関西最大のターミナル駅前に立地していること。
    大阪駅および各線の梅田駅西梅田駅東梅田駅北新地駅を含む)から近く、鉄道利用客が立ち寄りやすい。特に大阪市営地下鉄御堂筋線の梅田駅コンコースと連結しており、特に北口からは直結と言える位置にある。
  • 1,000台分の駐車場を設けていること。
    梅田地区の単独施設としては比較的多い1,000台分の駐車場を設けることにより、遠方から自家用車での来客にも容易に対応できる。
  • カフェ・レストラン街・ファッション衣料雑貨専門店を併設していること。
  • 梅田地区唯一の大型家電量販店であること。
  • 外国人観光客の来店に対応していること。
    大阪など関西地区を訪れた外国人観光客の来店が多いのも特徴で、店内の案内放送は日本語のほかに英語フランス語ドイツ語スペイン語中国語韓国語などが用意されている。また、地下2階には外貨両替専門店「ワールドカレンシーショップ」も入居している。

成功要因[編集]

周りに競合店舗が無かったこと
家電量販店では、阪急梅田駅の真下にある地下街「阪急三番街」に上新電機の店舗がある(2011年1月30日にて閉店)ほか、JR大阪駅高架下には主にパソコン関連の商品を扱うソフマップの店舗があるものの、大阪駅・梅田駅周辺には大規模な総合家電量販店は皆無だった(仮にヨドバシカメラでなく他の家電量販店が出店していたとしても、成功していた可能性はある)。さらに、梅田地区周辺では今後、ヨドバシ梅田程度の店舗が立地できるまとまった土地の確保は(梅田貨物駅の跡地を除き)難しいため、少なくともしばらくの間は関西地区ではヨドバシ梅田の一人勝ち状態が続くとみられる。
交通の利便性が高いこと
梅田地区の各駅は広範囲に立地しているため比較的離れている駅もあるが、地下鉄御堂筋線梅田駅・阪急梅田駅・JR大阪駅からは近く、直接または地下道を介して連結している。また、都市高速道路を介した交通も利便性が高く、阪神高速道路の梅田ランプ(池田線方面からの上り出口(=池田→1号環状線側出口)&1号環状線方面からの出入口のみのランプ)と福島ランプ(池田線)に近い。
豊富な品揃えと多数の専門店が入居していること
「大阪の電気街」として有名な日本橋にあった各家電量販店の店舗の品揃えをも凌ぎ、単独店舗では関西地区において過去最大級の品揃えをしている。また、近年はユニクロGLOBAL WORKもテナントとして進出し、家電以外にも衣料雑貨・自転車のほか家族向けの衣料品も充実している。特に衣料品に関しては、周辺にHEP FIVE阪急百貨店NU茶屋町などといった阪急系の商業施設が多数あるが、それらが10代-20代を主要顧客とするのに対し、ファミリー向けの取り揃えが充実しているため、ある程度の棲み分けはできていると考えられる。
ポイントカードシステムが定着していること
店員との価格交渉による現金値引きが主流となっていた大阪の商習慣がある土地柄で、現金値引きではなく「ポイントカード」を利用した価格サービスが定着するか懸念されたが、開業当初は通常10%以上であるポイント還元率を13%以上(最大20%)に設定するなど普及につとめた結果、短期間で定着し、ポイントカード利用のリピート客を増やすことに成功した。

日本一の売り上げ[編集]

当店舗は年間売上高が1000億円以上あり[2]、家電量販店の単独店舗の売上としては日本一である[7]

懸念されている問題[編集]

ノースゲートビルディング開業後の店舗前の様子
12月にエレベーターが併設された

開業前からヨドバシ梅田周辺の道路、特に新阪急ホテル前付近は、大阪駅東口(御堂筋口)とも隣接する事から、タクシー・バス等で日常的に混雑していたが、近年行われている大阪駅の再開発工事の影響による通行規制などで、さらに道路事情が悪化している。また、特に歩行者が歩道から溢れることがあるほどの混雑となっているほか、歩行者による信号無視なども多い。これらの道路混雑に対応するため、混雑に応じて駐車場・駐輪場の入出庫や新阪急ホテル発着のバス・タクシー等および歩行者の誘導のために警備員が配備されている。

大阪市バス阪急バスおよびリムジンバス(大阪国際空港関西国際空港)に遅延が生じる事例も多い。

また、以前はJR大阪駅中央北口から横断歩道を渡って向かいのヨドバシ梅田(西側)に平面移動が可能であった。この横断歩道はヨドバシ梅田だけでなく、ウインズ梅田JR西日本本社、大阪府済生会中津病院へのアクセスルートでもあるため、通行人が多い。しかし、2011年5月の大阪ステーションシティノースゲートビルディング)開業、大阪駅JR高速バスターミナル(1F)の設置により平面移動が不可能になり、エスカレーターで2Fアトリウム広場に上がってから、約50段ある階段(エレベーター、エスカレーターは併設されていない)で歩道に下りて横断歩道を渡らなくてはいけなくなった。そのため、バスターミナル進入路付近の横断防止柵を乗り越えて市道を横断をする人が相次いでいて、事故の増加が懸念されている。バリアフリーの面でも障害者団体からJR西日本に苦情がきており、対策を検討されていたが[9]、階段にエレベータ[10]が併設されることになり、2011年12月12日から使用開始され[11]、バリアフリーの面での問題は解消する。

更に、2013年を目途に、ヨドバシ梅田と南側のノースゲートビルディング、西側のグランフロント大阪のそれぞれを結ぶ歩行者用デッキの設置が計画されており[4][12]、歩行者の回遊性や交通安全の面でも改善が見込まれる。

開業による影響[編集]

  • 日本橋電気街(でんでんタウン)の来客数が減少したことから多くの店舗が閉鎖し、その跡は次々とマンションになりつつある。また、メイド喫茶アダルトグッズショップに転用される例も増加している。
  • 大阪地区の家電量販店同士の価格競争が激しくなった。
  • 梅田地区の人の流れが変化した。
  • ヨドバシカメラのインターネット通販、「ヨドバシ ドットコム」の関西地区での利用者が増加した。

店舗データ[編集]

(来客数以外は2006年3月10日の日経MJの記事による)

  • 売場面積:22,000平方メートル(2011年12月上旬からは30,000平方メートルに拡大予定)
    ※ヨドバシ梅田全館の売場面積は約50,000平方メートル
  • 駐車場:1,000台収容(立体駐車場780台、平面駐車場220台)
  • 年間売上高:約1,200億円(推定。ヨドバシカメラはもちろん、日本の家電販売店で最大の売上高。但し、家電以外のテナントの売上を含めているのかは不明。)
  • 従業員数:460人(メーカー派遣販売員を除く)
  • 投資額:約1,500億円(うち土地1,010億円)
  • 来客数:平日8万-10万人、土曜・休日10万-15万人(ヨドバシ梅田全館)[13]

建物[編集]

かつてこの敷地にあった大阪鉄道管理局ビルと同様に丸みを持った形態で、後に開業したヨドバシAkibaヨドバシ吉祥寺とも外壁のデザインが共通している。

広報活動[編集]

ヨドバシカメラマルチメディア梅田のCMソングが作られたのは開業から約1年後である。テレビCM(30秒版)や店内放送で聴けるほか、Yodobashi Vision(後述)でも流れている。最近では首都圏の既存店同様、電車をモチーフとしたキャラクターが登場し、こちらは「環状くん」「環状ちゃん」(大阪環状線がモデル)・「御堂筋くん」「みどうちゃん」(地下鉄御堂筋線がモデル)が使われている。これらのキャラクターが設定された当時は阪急電車阪神電車をモチーフにした「阪急くん」「阪急ちゃん」「阪神くん」「阪神ちゃん」も存在していたが、短い期間で姿を消した。

  • テレビコマーシャルは、大阪府に所在する民放テレビ局の各局で放映している。
  • ラジオコマーシャルは、ABCラジオMBSラジオFM大阪FM802の各局で放送している。
  • このほか、公共交通での広報も行われている。地下鉄御堂筋線の車内アナウンスでは、梅田駅到着前にコマーシャルのアナウンスがなされる[14]

交通[編集]

日本国内第3位の乗降客数となる大阪駅・梅田駅西梅田駅東梅田駅北新地駅含む)から近く、電車利用の場合は利便性が高い。また、各駅から地下道などで連結されており、雨天時も雨に濡れずに店舗まで到達できる。

最寄駅[編集]

駐車場・駐輪場[編集]

1F平面駐車場(オフィス棟建設予定地)と9F-13F立体駐車場があり、計1,000台収容できる。また、二輪・自転車共用の駐車場も設置されているものの、収容可能台数が十分とは言えないほか、出入口が車道から遠く離れたところにある。2006年6月1日からの改正道路交通法の施行以降は二輪車用駐車場の利用が急増し、満車状態になることが多かったが、同年7月上旬には拡張が行われた。

Yodobashi Vision[編集]

ヨドバシ梅田1階東側にある大型カラービジョンで待ち合わせ場所としても利用されている。愛称は「ヨドび梅田」。

土曜・休日にはYodobashi Visionの付近で街頭イベント(新商品PR等)が行なわれることがある。

放送内容[編集]

  • ヨドバシカメラ 商品おすすめランキング
  • 各家電メーカーのCM
  • 大阪府警・大阪市消防局の啓発広告
  • 映画のCM
  • 天気予報

ほか。

不祥事[編集]

ヘルパー問題
同店にて、契約関係がなく、人件費も負担していない各家電メーカーの販売員、通称「ヘルパー」を、閉店後の棚卸しや店内改装に従事させていたことがわかった[15]。厚生労働省によると、棚卸しなどは本来、量販店の従業員が行うべき業務で、ヘルパーを従事させることは、職業安定法違反(労働者供給事業の禁止)にあたる恐れがある。
高校生への有害玩具の販売
同店の23歳の男性従業員をはじめとした計3人の店員が、大阪府内の高校生の少年に対し、威力を向上したエアガン・ガス銃計3丁を販売したとして、大阪府警が、3人の店員を大阪区検書類送検。また、法人としてのヨドバシカメラについても書類送検した[16][17]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国鉄清算事業団が旧国鉄用地の一部を再開発・売却するために立ち上げた子会社である。
  2. ^ a b 株式会社ヨドバシカメラ. “ヨドバシカメラの歩み”. 2011年2月26日閲覧。
  3. ^ 参考文献 1997年3月6日発行 日経MJ(日経流通新聞)1面「老舗に1010億円パンチ」
  4. ^ a b ヨドバシカメラが「マルチメディア梅田」北側に新ビル建設 - 産経新聞(2011年11月11日付、2011年11月11日閲覧)
  5. ^ 大阪のヨドバシ初日、5,000人を越える異常な出足! 〜18%のポイント還元も効果か - PC Watch(2001年11月22日付、2010年4月2日閲覧)
  6. ^ 参考文献 2001年12月4日発行 日経MJ(日経流通新聞)4面
  7. ^ a b ヨドバシ、大阪・梅田店を2割増床 日本経済新聞
  8. ^ 開業当時はあさひ銀行梅田支店。[1]
  9. ^ JR大阪駅:北側、危ない横断 障害者、妊婦にきつい50段の階段…柵越え近道毎日新聞 2011年5月21日 大阪夕刊
  10. ^ 2Fアトリウム広場と高速バスターミナル北側歩道とを結ぶ階段とエレベータは仮設のものであり、大阪駅北地区「うめきた」の先行開発地域「グランフロント大阪」が完成する2013年春には撤去される予定である。
  11. ^ 11月定例社長会見 西日本旅客鉄道 2011年11月16日
  12. ^ ヨドバシが梅田に新ビル、15年にも大型商業施設 読売新聞 2011年11月12日
  13. ^ ヨドバシAkibaのテナント募集のサイト(ヨドバシ梅田のホームページからリンクできた。現在は閉鎖)に参考資料としてヨドバシ梅田の来客数が記載されていた。
  14. ^ ヨドバシ梅田、ヨドバシカメラマルチメディアへお越しの方は次でお降りください」とアナウンスされる。
  15. ^ ヨドバシカメラ、職安法抵触の疑い ヘルパーが棚卸し asahi.com
  16. ^ ヨドバシカメラ:少年への有害玩具販売で書類送検 大阪 毎日新聞 2008年9月26日
  17. ^ ヨドバシカメラを書類送検 高校生に強力なエアガンを販売 産経新聞 2008年9月26日