ラトロイ・ホーキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ラトロイ・ホーキンス
LaTroy Hawkins
LaTroy Hawkins on September 11, 2015.jpg
2015年9月11日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 インディアナ州ゲーリー
生年月日 (1972-12-21) 1972年12月21日(44歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1991年 ドラフト7巡目(全体180位)でミネソタ・ツインズから指名
初出場 1995年4月29日 ボルチモア・オリオールズ
最終出場 2015年10月20日 テキサス・レンジャーズ
年俸 $2,250,000(2015年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
WBC 2009年

ラトロイ・ホーキンスLaTroy Hawkins , 1972年12月21日 - )は、アメリカ合衆国インディアナ州ゲーリー出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入りとツインズ時代[編集]

1991年MLBドラフトミネソタ・ツインズから7巡目(全体180位)指名され、6月7日に契約。この年は傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ツインズで11試合に登板し、4勝3敗・防御率4.75だった。

1992年はルーキー級ガルフ・コーストリーグとアパラチアンリーグのルーキー級エリザベストン・ツインズでプレー。ルーキー級エリザベストンでは5試合に登板し、0勝1敗・防御率3.38だった。

1993年はA級フォートウェイン・ウィザーズで26試合に登板し、15勝5敗・防御率2.06だった。

1994年はA+級フォートマイヤーズ・ミラクルとAA級ナッシュビル・エクスプレス、AAA級ソルトレイク・バズでプレー。AAA級ソルトレイクでは12試合に登板し、5勝4敗・防御率4.08だった。

1995年4月20日にツインズとメジャー契約を結び、4月29日ボルチモア・オリオールズ戦で先発起用されメジャーデビュー。1.2回を7安打7失点と打ち込まれ、メジャー初黒星を喫した。その後は2試合に登板したが、3連敗を記録し、5月11日にAAA級ソルトレイクへ降格。AAA級ソルトレイクでは22試合に登板し、9勝7敗・防御率3.55だった。9月16日にメジャーへ再昇格。9月18日カンザスシティ・ロイヤルズ戦のダブルヘッダー2試合目で先発し、5.2回を10安打4失点だったが、10点の援護もあり、メジャー初勝利を挙げた。この年は6試合に登板し、2勝3敗・防御率8.67だった。

1996年2月9日にツインズと1年契約に合意。開幕から先発ローテーションに加わったが、7試合の登板で1勝1敗・防御率8.20と結果を残せず、5月14日にAAA級ソルトレイクへ降格した。降格後はAAA級ソルトレイクで20試合に登板し、9勝8敗・防御率3.92だった。9月8日にメジャーへ再昇格したが、登板のないままシーズンを終えた。

1997年3月3日にツインズと1年契約に合意。3月26日にAAA級ソルトレイクへ異動し、そのまま開幕を迎えた。AAA級ソルトレイクでは14試合に登板し、9勝4敗・防御率5.45だった。6月17日にメジャーへ昇格。昇格後はシーズン終了までローテーションを守り、20試合に登板。6勝12敗・防御率5.84だった。

1998年3月2日にツインズと1年契約に合意。この年はチーム最多の33試合に先発し、前年を上回る7勝を挙げたが、チームワーストタイの14敗[2]を記録し、防御率は5.25だった。

1999年3月2日にツインズと2年契約を結んだ。この年もチーム最多の34試合に先発。初の二桁勝利となる10勝を挙げたが、前年と同じくチームワーストタイの14敗[3]を記録、防御率は6.66だった。

2000年マーク・レッドマンジョー・メイズのメジャー定着もあり、リリーフに転向。クローザーとして66試合に登板し、2勝5敗14セーブ・防御率3.39だった。

2001年2月20日にツインズと2年契約(2003年の球団オプション付き)を結んだ。この年もクローザーとして登板していたが、救援失敗が続き、終盤はクローザーの座をエディ・グアダードに奪われた。この年は62試合に登板し、1勝5敗28セーブ・防御率5.96だった。

2002年はクローザーにグアダードが指名され、ホーキンスはセットアッパーへ転向した。この年は65試合に登板し、6勝0敗・防御率2.13だった。オフの10月28日にツインズが球団オプションを行使した[4]

2003年はチームトップで自己最多の74試合に登板し、9勝3敗2セーブ・防御率1.86だった。オフの10月27日FAとなった。

カブス時代[編集]

2003年12月3日に小さい頃からファンだった[5]シカゴ・カブスと総額1100万ドルの2年契約(2006年のプレイヤー・オプション付き)を結んだ[6][7]

2004年はセットアッパーとして開幕を迎えたが、6月にクローザーのジョー・ボロウスキーが故障で離脱。代役としてホーキンスがクローザーに起用された。この年は前年の74登板を上回る、チーム最多の77試合に登板。5勝4敗25セーブ・防御率2.63だった。

2005年もボロウスキーが故障のため、クローザーとして登板していたが、5月に入ると救援失敗が続き、セットアッパーへ配置転換された。カブスでは21試合に登板し、1勝4敗4セーブ・防御率3.32だった。

ジャイアンツ時代[編集]

2005年5月28日ジェローム・ウィリアムズデビッド・アーズマとのトレードで、サンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍[8]。リリーフとしてリグレー・フィールドで登板した際は、スタジアム全体からカブスファンの"Hawkins sucks"(「ホーキンス最低」)という合唱が起こった。移籍後は4試合に登板していたが、6月17日に尺骨神経の故障で15日間の故障者リスト入りした。7月4日に復帰。復帰後はセットアッパーとして定着し、ジャイアンツでは45試合に登板。1勝4敗2セーブ・防御率4.10だった。オフの10月27日にホーキンスが選択権を持つ、プレイヤー・オプションを行使した[9]

オリオールズ時代[編集]

2005年12月6日スティーブ・クラインとのトレードで、ボルチモア・オリオールズへ移籍した[10]

2006年は開幕からリリーフとして定着し、60試合に登板。3勝2敗・防御率4.48だった。オフの10月30日にFAとなった。

ロッキーズ時代[編集]

2006年12月5日コロラド・ロッキーズと350万ドルの1年契約(2008年のミューチュアル・オプション付き)を結んだ[11][12]

2007年は開幕からセットアッパーとして起用されていたが、4月24日に右肘の故障で15日間の故障者リスト入りした[13]5月22日に復帰[14]。この年は62試合に登板し、2勝5敗、防御率3.42だった。セットアッパーとして契約したが、4月に故障で離脱したこともあり、ロッキーズが低年俸での契約を求めたため、オフの10月30日に球団側のオプションを破棄した。ホーキンスは「ロッキーズに戻りたい」と話していた[15]が、ホーキンス側もオプションを破棄し、FAとなった。ロッキーズは1年契約を提示していたが、「戻る気はない」とオファーを断った[16]

ヤンキース時代[編集]

2007年12月27日ニューヨーク・ヤンキースと375万ドルの1年契約を結んだ[17][18]

2008年の開幕当初は、1990年代後半のヤンキース黄金時代を支えた外野手ポール・オニールがつけていた番号で準欠番扱いとなっていた背番号21をつけていた(スプリング・トレーニング時にはモーガン・エンスバーグが着用していたがオニールに配慮し辞退)[19]。そのため、ホーキンスの登板時にファンがブーイングや野次を飛ばしたり、オニールの名前を呼ぶなどの事態が生じたため、4月16日に背番号を22へ変更した[20]。この年はクローザーにマリアノ・リベラ、右のセットアッパーにカイル・ファーンズワースが在籍していたが、前年オフにルイス・ビスカイーノが移籍。ビスカイーノの代役として期待されていたが、33試合に登板し、1勝1敗・防御率5.71と結果を残せず、7月26日DFAとなった。

アストロズ時代[編集]

2008年7月30日にマット・クシックとのトレードで、ヒューストン・アストロズへ移籍した[21]。移籍後はセットアッパーとして24試合に登板し、2勝0敗1セーブ・防御率0.43だった。オフの10月31日にFAとなったが、11月7日にアストロズと350万ドル+出来高の1年契約で再契約した[22]

2009年開幕前の3月に、第2回WBCアメリカ合衆国に選出された[23]

シーズンでは、前年と同じくセットアッパーとして開幕を迎えたが、4月下旬にクローザーのホセ・バルベルデが故障で離脱したため、クローザーへ転向。バルベルデが復帰した6月からはセットアッパーに復帰した。この年は65試合に登板し、1勝4敗11セーブ・防御率2.13だった。オフの11月6日にFAとなった。

ブルワーズ時代[編集]

2009年12月16日ミルウォーキー・ブルワーズと総額750万ドル+出来高の2年契約[24]を結んだ[25][26]

2010年も開幕からセットアッパーとして登板していたが、5月9日に右肩の故障で15日間の故障者リスト入りし、6月8日に60日間の故障者リストへ異動した[27]。7月29日に復帰し、復帰後は5試合に登板していたが、8月12日に右肩の故障で再び15日間の故障者リスト入りした[28]。その後はいくつかのMRI検査を行い[29]8月22日にMRIの結果から手術を行うことを決定[30]8月27日に手術を行い、残りのシーズンを欠場することとなった[31]。この年は故障で18試合の登板にとどまり、0勝3敗・防御率8.44だった。

2011年は前年の手術の影響で、3月27日に15日間の故障者リスト入りした。4月21日に復帰[32]。この年は52試合に登板し、3勝1敗・防御率2.42だった。オフの10月30日にFAとなった。

エンゼルス時代[編集]

2011年12月8日ロサンゼルス・エンゼルスと300万ドルの1年契約を結んだ[33]。エンゼルスには同年クローザーを務めた若手のジョーダン・ウォルデンが在籍しているが、ジェリー・ディポートGMは「経験豊富なクローザーのひとりとして期待している」と話した[34]

2012年もセットアッパーとして開幕ロースター入りしたが、5月7日に右手小指の故障で15日間の故障者リスト入りし[35]6月9日に復帰。この年は48試合に登板し、2勝3敗1セーブ・防御率3.64だった。オフの10月29日にFAとなった。

メッツ時代[編集]

2013年1月31日ニューヨーク・メッツとマイナー契約を結んだ[36]。前年クローザーを務めたフランク・フランシスコが故障で離脱したこともあり、3月29日にメッツとメジャー契約を結んだ。その後はリリーフに定着し、8月からクローザーとして起用された。この年は2004年以来の70試合登板となる72試合に登板し、3勝2敗13セーブ・防御率2.93だった。オフの10月31日にFAとなった。

ロッキーズ復帰[編集]

2013年11月22日に古巣のロッキーズと225万ドルの1年契約(2015年・225万ドルの球団オプション付き[37])を結んだ[38][39]

2014年は前年クローザーを務めたレックス・ブラザーズがセットアッパーに復帰し、ホーキンスはクローザーを務めることになった。シーズン最終登板となった9月27日ロサンゼルス・ドジャース戦では、史上12人目となる通算1000登板を果たした[40]。この年は57試合に登板し、4勝3敗23セーブ・防御率3.31だった。オフの10月31日にロッキーズが225万ドルの球団オプションを行使した[41]

2015年シーズンは、それまでMLB現役最高齢選手だったジェイソン・ジアンビが引退したことにより、現役最高齢選手となった。

ブルージェイズ時代[編集]

7月28日ホセ・レイエス、ミゲル・カストロ、マイナー選手2名とのトレードで、トロイ・トゥロウィツキーとともにトロント・ブルージェイズへ移籍した[42]。ブルージェイズには、全30球団の選手で最年少であるロベルト・オスーナが所属しており、ホーキンスは全30球団の選手で最年長であるため、最年少選手と最年長選手が同時に所属する事となった[43]

8月5日のツインズ戦で移籍後初セーブを記録し、これによりメジャー史上13人目の全30球団からセーブを挙げた投手となった[44]。ブルージェイズでは18試合に登板して防御率2.76・FIP2.77を記録し、移籍前よりも安定したピッチングを見せた。シーズントータルでは、年齢と同じ42の試合でマウンドに登り、3勝1敗3セーブ・防御率3.26という成績だった。ALCS敗退後の10月25日に自身のインスタグラムで現役引退を表明した[45]

引退後[編集]

2016年9月に第4回WBC予選のブラジル代表コーチを務めた[46]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1995 MIN 6 6 1 0 1 2 3 0 -- .400 131 27.0 39 3 12 0 1 9 1 1 29 26 8.67 1.89
1996 7 6 0 0 0 1 1 0 -- .500 8.20 26.1 42 8 9 0 0 24 1 1 24 24 8.20 1.94
1997 20 20 0 0 0 6 12 0 -- .333 478 103.1 134 19 47 0 4 58 6 3 71 67 5.84 1.75
1998 33 33 0 0 0 7 14 0 -- .333 840 190.1 227 27 61 1 5 105 10 2 126 111 5.25 1.51
1999 33 33 1 0 0 10 14 0 0 .417 803 174.1 238 29 60 2 1 103 9 0 136 129 6.66 1.71
2000 66 0 0 0 0 2 5 14 7 .286 370 87.2 85 7 32 1 1 59 6 0 34 33 3.39 1.33
2001 62 0 0 0 0 1 5 28 1 .167 248 51.1 59 3 39 3 1 36 7 0 34 34 5.96 1.91
2002 65 0 0 0 0 6 0 0 13 1.000 310 80.1 63 5 15 1 0 63 5 0 23 19 2.13 0.97
2003 74 0 0 0 0 9 3 2 28 .750 310 77.1 69 4 15 1 1 75 5 0 20 16 1.86 1.09
2004 CHC 77 0 0 0 0 5 4 25 4 .556 333 82.0 72 10 14 5 2 69 2 0 27 24 2.63 1.05
2005 21 0 0 0 0 1 4 4 0 .200 80 19.0 18 4 7 0 0 13 0 0 9 7 3.32 1.32
SF 45 0 0 0 0 1 4 2 15 .200 167 37.1 40 3 17 3 0 30 1 0 18 17 4.10 1.53
'05計 66 0 0 0 0 2 8 6 15 .200 247 56.1 58 7 24 3 0 43 1 0 27 24 3.83 1.46
2006 BAL 60 0 0 0 0 3 2 0 16 .600 261 60.1 73 4 15 3 0 27 2 0 30 30 4.48 1.46
2007 COL 62 0 0 0 0 2 5 0 18 .286 225 55.1 52 6 16 1 0 29 2 0 21 21 3.42 1.23
2008 NYY 33 0 0 0 0 1 1 0 1 .500 173 41.0 42 3 17 3 0 23 2 0 26 26 5.71 1.44
HOU 24 0 0 0 0 2 0 1 12 1.000 79 21.0 11 0 5 1 0 25 1 0 3 1 0.43 0.76
'08計 57 0 0 0 0 3 1 1 12 .750 252 62.0 53 3 22 4 0 48 3 0 29 27 3.92 1.21
2009 65 0 0 0 0 1 4 11 19 .200 259 63.1 60 7 16 2 2 45 2 0 16 15 2.13 1.20
2010 MIL 18 0 0 0 0 0 3 0 6 .000 74 16.0 21 2 6 1 2 18 1 0 15 15 8.44 1.69
2011 52 0 0 0 0 3 1 0 20 .750 204 48.1 50 1 10 1 0 28 2 0 15 13 2.42 1.24
2012 LAA 48 0 0 0 0 2 3 1 6 .400 178 42.0 45 5 13 1 0 23 0 0 20 17 3.64 1.38
2013 NYM 72 0 0 0 0 3 2 13 12 .600 288 70.2 71 6 10 2 1 55 1 0 27 23 2.93 1.15
通算:19年 943 98 2 0 0 68 90 101 178 .430 5935 1374.1 1511 156 436 32 21 917 66 7 724 668 4.37 1.42
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 32 (1995年 - 2005年、2006年 - 2007年、2010年 - 2015年)
  • 23 (2006年)
  • 21 (2008年 - 同年途中)
  • 22 (2008年途中 - 2009年)

代表歴[編集]

コーチ歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ LaTroy Hawkins Contracts, Salaries, Cap Hits, & Transactions” (英語). Spotrac.com. 2014年12月27日閲覧。
  2. ^ ブラッド・ラドキーエリック・ミルトンの3人が14敗を記録した。
  3. ^ ブラッド・ラドキーが同じく14敗を記録した。
  4. ^ Twins pick up 2003 options on Guardado, Hawkins and Prince”. MLB.com Twins Press Release (2002年10月28日). 2014年12月27日閲覧。
  5. ^ 「30球団マンスリー・リポート シカゴ・カブス ウッドと長期契約の方針を表明 FAでは救援右腕ホーキンス獲得」『月刊メジャー・リーグ』 2004年2月号 ベースボール・マガジン社 77頁
  6. ^ Cubs agree to terms with free agent Hawkins”. MLB.com Cubs Press Release (2003年12月3日). 2014年12月27日閲覧。
  7. ^ Hawkins agrees to sign with Cubs”. ESPN MLB (2003年12月2日). 2014年12月27日閲覧。
  8. ^ Giants acquire LaTroy Hawkins from Cubs”. MLB.com Giants Press Release (2005年5月28日). 2014年12月27日閲覧。
  9. ^ Giants exercise 2006 options on Schmidt and Winn”. MLB.com Giants Press Release (2005年10月27日). 2014年12月27日閲覧。
  10. ^ Giants acquire lefty Kline from Orioles for Hawkins”. ESPN MLB (2005年12月6日). 2014年12月27日閲覧。
  11. ^ Rockies and right-handed pitcher LaTroy Hawkins agree to a one-year contract”. MLB.com Rockies Press Release (2006年12月5日). 2014年12月27日閲覧。
  12. ^ Rockies add Hawkins to bullpen”. ESPN MLB (2006年12月5日). 2014年12月27日閲覧。
  13. ^ Rockies place RHP LaTroy Hawkins on 15-day disabled list; Activate LHP Tom Martin from disabled list”. MLB.com Rockies Press Release (2007年4月24日). 2014年12月27日閲覧。
  14. ^ Rockies activate RHP LaTroy Hawkins from disabled list; option RHP Darren Clarke to Tulsa”. MLB.com Rockies Press Release (2007年5月22日). 2014年12月27日閲覧。
  15. ^ Thomas Harding (2007年10月31日). “Rockies to decline option on Hawkins”. MLB.com. 2014年12月27日閲覧。
  16. ^ Troy E. Renck (2007年12月7日). “Rockies increase offer for Hawkins”. The Denver Post. 2014年12月27日閲覧。
  17. ^ Yankees sign right-handed pitcher LaTroy Hawkins”. MLB.com Yankees Press Release (2007年12月27日). 2014年12月27日閲覧。
  18. ^ Bryan Hoch (2007年12月28日). “Yanks seal deal with Hawkins”. MLB.com. 2014年12月27日閲覧。
  19. ^ Saga of No. 21 begins with respect Ensberg defers to O'Neill; Hawkins wears number for Clemente”. The Official Site of The New York Yankees. 2008年5月7日閲覧。
  20. ^ Yanks reliever Hawkins bows to fans' wishes, will switch to No. 22”. SportsLine.com(CBS). 2008年5月7日閲覧。
  21. ^ Astros acquire Hawkins from Yankees”. MLB.com Astros Press Release (2008年7月30日). 2014年12月27日閲覧。
  22. ^ Astros sign Hawkins to one-year deal”. MLB.com Astros Press Release (2008年11月7日). 2014年12月27日閲覧。
  23. ^ 2009 Tournament Roster WBC公式サイト英語 2015年9月5日閲覧
  24. ^ 2010年は300万ドル、2011年は400万ドルで、契約金は50万ドル。出来高は各年27万5000ドル。
  25. ^ Brewers Sign Free Agent Reliever LaTroy Hawkins”. MLB.com Brewers Press Release (2009年12月16日). 2014年12月27日閲覧。
  26. ^ Adam McCalvy (2009年12月17日). “Hawkins, Brewers finalize two-year deal”. MLB.com. 2014年12月27日閲覧。
  27. ^ Adam McCalvy (2010年6月9日). “Riske arrives day after Suppan's release”. MLB.com. 2014年12月27日閲覧。
  28. ^ Back to DL for Brewers' Hawkins”. MLB.com (2010年8月12日). 2014年12月27日閲覧。
  29. ^ Hawkins undergoes another MRI on shoulder”. MLB.com (2010年8月21日). 2014年12月27日閲覧。
  30. ^ Jordan Schelling (2010年8月22日). “Hawkins opts for right shoulder surgery”. MLB.com. 2014年12月27日閲覧。
  31. ^ Hawkins has season-ending surgery”. MLB.com (2010年8月28日). 2014年12月27日閲覧。
  32. ^ Brewers activate Hawkins; Morgan on DL”. MLB.com (2011年4月21日). 2014年12月27日閲覧。
  33. ^ Tony Jackson (2011年12月8日). “Source: Angels, LaTroy Hawkins agree”. ESPN MLB. 2014年12月27日閲覧。
  34. ^ Alden Gonzalez, Adam McCalvy (2011年12月8日). “Angels nearing deal with reliever Hawkins”. MLB.com. 2014年12月27日閲覧。
  35. ^ Hawkins placed on DL; Downs still recovering”. MLB.com (2012年5月8日). 2014年12月27日閲覧。
  36. ^ Anthony DiComo (2013年2月1日). “Mets ink reliever Hawkins to Minors deal”. MLB.com. 2014年12月27日閲覧。
  37. ^ 違約金は25万ドル。
  38. ^ Rockies sign LaTroy Hawkins to one-year deal”. MLB.com Rockies Press Release (2013年11月22日). 2014年12月27日閲覧。
  39. ^ LaTroy Hawkins joins Rockies”. ESPN MLB (2013年11月24日). 2014年12月27日閲覧。
  40. ^ Thomas Harding (2014年9月28日). “Hawkins logs 1,000th career appearance”. MLB.com. 2014年12月27日閲覧。
  41. ^ Rockies exercise team option on RHP LaTroy Hawkins”. MLB.com Rockies Press Release (2014年11月1日). 2014年12月27日閲覧。
  42. ^ Chris Towers (2015年7月28日). “Fantasy analysis: Breaking down the Troy Tulowitzki, Jose Reyes trade” (英語). CBSSports.com. http://www.cbssports.com/mlb/fantasy-baseball-today/25252130/all-star-shortstops-find-new-homes-in-trade 2015年7月29日閲覧。 
  43. ^ 月刊Slugger2015年10月号より
  44. ^ 史上13人目の快挙!ブルージェイズ右腕が全球団からセーブを記録”. スポーツニッポン (2015年8月6日). 2015年8月10日閲覧。
  45. ^ LaTroyHawkins32 on Instagram”. Instagram (2015年10月25日). 2015年11月18日閲覧。
  46. ^ [1] (英語) 2016年10月25日閲覧

関連項目[編集]