リチャード1世 (イングランド王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
リチャード1世
Richard I
イングランド王
Richard coeurdelion g.jpg
在位 1189年7月6日 - 1199年4月6日
別号 ノルマンディー公、メーヌ伯、アンジュー伯アキテーヌ公
出生 1157年9月8日
イングランド王国の旗 イングランド王国 オックスフォード
死去 (1199-04-06) 1199年4月6日(満41歳没)
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国 Châlus
配偶者 ベレンガリア・オブ・ナヴァール
王家 プランタジネット家
王朝 プランタジネット朝(アンジュー朝)
父親 ヘンリー2世
母親 アリエノール・ダキテーヌ
テンプレートを表示

リチャード1世(Richard I, 1157年9月8日 - 1199年4月6日)は、プランタジネット朝(アンジュー朝)第2代のイングランド王(在位:1189年 - 1199年)。ヘンリー2世の三男(第4子)。母はアリエノール・ダキテーヌ。妃はベレンガリア・オブ・ナヴァールナバラサンチョ6世の娘)。

生涯の大部分を戦闘の中で過ごし、その勇猛さから獅子心王(Richard the Lionheart、フランス語ではCœur de Lion)と称され、中世ヨーロッパにおいて騎士の模範とたたえられたが、10年の在位中イングランドに滞在することわずか6か月で、その統治期間のほとんどは戦争と冒険に明け暮れた[1]

生涯[編集]

父、兄弟との争い[編集]

父ヘンリー2世には若ヘンリー、リチャード、ジェフリージョンの4人の男子がいたが(長兄ウィリアムは夭折)、ヘンリー2世のジョンへの偏愛やフランス王の介入、さらに母アリエノールの息子たちへの助力もあり、フランス王、支配下諸侯を巻き込んだ父子兄弟間の争いが絶えなかった[1]。リチャードは母の所領のアキテーヌを分配され、1183年に若ヘンリーが亡くなるとヘンリー2世の後継者となったが、代わりにそれまで統治していたアキテーヌをジョンに譲渡するよう父に命じられると、兄のように実権がない名目だけの共同君主とされることを嫌がったリチャードは、これを拒絶し反抗した。

その後、一旦父と和解したが、支配権をめぐる不満は残り、1188年、ヘンリー2世とフランス王フィリップ2世の争いのさなかの和平交渉中、フィリップ2世がヘンリー2世に、リチャードに大陸側のすべてのプランタジネット家領を相続させ、かねてから婚約していたフィリップ2世の異母姉アリス(兄若ヘンリーの妃マルグリットの同母妹)とすぐにでも結婚させるよう求めると、ヘンリー2世はこれを拒否した。するとリチャードは、「以前から有り得ないと思っていたことが、今ようやく事実なのだと分かった」と言い、父の前でフィリップ2世に臣従の誓い(オマージュ)をし、公然と父を否定し敵対した。1189年に力尽きた父がシノンで病死すると、イングランド王に即位した。

第3回十字軍[編集]

リチャード1世

即位するや、王庫の金やサラディン税、軍役代納金だけでは足りないため、城、所領、官職等を売却して十字軍遠征のための資金を集めた。父が得たスコットランドの臣従をスコットランド王ウィリアム1世に1万マルクで売り渡し、「もし適当な買い手があればロンドンでも売る」と言ったとされる。資金が集まると、イングランドにはほとんど滞在せず、1190年の夏に遠征に出発した。フランス王フィリップ2世や神聖ローマ皇帝(ドイツ王)フリードリヒ1世(バルバロッサ)もリチャードとともに十字軍を指揮した[2]

聖地へ向かう途中、シチリアで先代の王グリエルモ2世の未亡人である妹ジョーンの扱いを巡ってシチリア王タンクレーディと争い、メッシーナを占領しこれを屈服させた。この時のシチリア王との協定の中では、リチャードは後継者を甥で弟ジェフリーの遺子アーサー(アルテュール)と明記している。

1191年春、母アリエノールがはるばるシチリアまで連れてきた婚約者のベレンガリアと妹のジョーンと共にエルサレムへと向かったが、途中キプロスでベレンガリアとジョーンが乗った船が難破し、東ローマ帝国から独立していたキプロス太守が身代金目当てで彼女らを捕らえたため、リチャードはこれと戦ってキプロスを占領し、5月12日にキプロスのリマソルでベレンガリアと結婚した。

第3回十字軍はフィリップ2世や神聖ローマ皇帝のフリードリヒ1世というヨーロッパを代表する大国の王が参加したが、たがいに反目しあったため、相互の連携は不首尾に終わった[2]。フリードリヒ1世は一足先に出発し、すでにキリキアで溺死していた。フィリップ2世とは途中まで同行し、シチリア島でも合流したが、フィリップ2世の異母姉アリスとの婚約を正式に取り消し、ナバラサンチョ6世の娘ベレンガリアと婚約したことなどにより互いに対立が顕著になって、その後は別行動を採るにいたった。以降、フィリップ2世はリチャードに対してあからさまに敵対するようになった。

1191年7月、フィリップ2世、オーストリア公レオポルト5世と共にアッコンを攻め落としたが、その際、レオポルト5世が自身の功績を誇示し旗を掲げたのをリチャードの側近が叩き落としたため、レオポルト5世は激怒し帰国している。後述するように、この出来事に遺恨をもったレオポルト5世は後に帰国途次のリチャードを捕らえることになる。アッコン降伏時には停戦の条件として、イスラム教徒の市民(捕虜)の身代金の支払い、キリスト教旧司教座に安置されていた大十字架の返還およびキリスト教徒の捕虜の解放などが協約として結ばれていた。だがイスラム側はこれを延期し続けた。8月20日、リチャードはアイユーブ朝スルタンサラーフッディーン(サラディン)の弟との会合に赴くが、そこには誰の姿もなく、捕虜の食費と監視の費用の支出など我慢の限界に達したリチャードは、イスラム教徒の捕虜2700人あまりを処刑した。

エルサレム王国の次期国王を巡っては、前国王でリチャードにとっては旧知のギー・ド・リュジニャンが王位を主張していた。しかしエルサレム王女イザベルと結婚したモンフェラート侯コンラート1世が諸侯の支持も得て対立しており、リチャードもコンラート1世の即位を承認した。ところが1192年、即位直前のコンラート1世が暗殺され、最終的にフランス王、イングランド王両方の甥に当たるシャンパーニュ伯アンリ2世がイザベルと結婚して王位についた。ギーはリチャードからキプロス島を譲渡され、キプロス王として統治することになった。

フィリップ2世はアッコンを占領してまもなく、1191年7月31日には病気を理由に自国へと帰っていた。このため単独で十字軍を指揮し、1年以上イスラム軍と戦ったが、エルサレムに達することはできず、1192年9月2日、「非武装のキリスト教徒の巡礼者がエルサレムを訪れることを許可する」旨の休戦条約を結び、自らはエルサレムに詣でることを辞して、帰路についた。しかしエルサレム王国はこの後1世紀にわたって存続し、サラディンからはキリスト教徒一の騎士と称えられた。

ドイツでの捕囚[編集]

フランスに帰国したフィリップ2世は、神聖ローマ皇帝ハインリヒ6世やジョンと結託し、ジョンの王位簒奪を支援していた。リチャードはその陰謀を母から知らされており、帰路を急いだが、途中で船が遭難したため、変装して陸路をたどった。しかし、オーストリアを通過中に見破られ、アッコンでの屈辱を忘れていなかったレオポルト5世(フィリップ2世同様すでに帰国していた)に捕らえられ、デュルンシュタイン城に幽閉された。この時ジョンはリチャードが死んだとして王位に即こうとしたが、諸侯の支持を得られず断念した。

1193年にレオポルト5世からハインリヒ6世に引き渡されたが、イングランド側が15万マルクもの多額の身代金を支払うことで決着した。ジョンやフィリップ2世は、リチャードの解放を遅らせようとハインリヒ6世と交渉したが、身代金が支払われると、リチャードは1194年2月に解放された。この時、フィリップ2世は手紙でジョンに「気をつけろ、悪魔は解き放たれた」と知らせたといわれる。

帰国後[編集]

解放後はイングランドに戻り、ジョンを屈服させ王位を回復するが、イングランドはカンタベリー大司教大法官ヒューバート・ウォルターにまかせ、その後はフランスでフィリップ2世と争い、各地を転戦する。この時期にノルマンディー防衛のために、中東の先進の要塞構築技術を取り入れたことで有名なガイヤール城を築く。

1199年3月25日、アキテーヌ公領シャリュでシャリュ城を攻撃中、鎧を脱いでいた時に肩にクロスボウの矢を受け、その傷からの壊疽によって10日ほど苦しんだのち、4月6日に死亡した。41歳であった。リチャードは十字軍中には後継者を甥のアーサーと考えていたが、その後アーサーがフィリップ2世に臣従したことから、ジョンを後継者にしたといわれる。

第3回十字軍の英雄であり、中世騎士道の鑑と謳われたリチャード1世は、その在位中イングランドに滞在することわずか6ヶ月で、国王としてその能力を発揮することはなかった。

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
若ヘンリー
 
リチャード1世
 
ジョン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード黒太子
 
ジョン・オブ・ゴーント
 
エドムンド・オブ・ラングリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リチャード2世
 
ヘンリー4世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


逸話、性格[編集]

ウェストミンスター宮殿に立つリチャード1世騎馬像

政治的業績より、逸話の多い王であった。

  • イングランドで生まれたが、アンジューおよびアキテーヌで育ち、イングランドに滞在することは少なく、英語中英語、アングロ=サクソン語)もほとんど話せなかった[3]
  • 自分の剣をエクスカリバーと呼んでいた。アーサー王の剣がエクスカリバーという名称になったのは、1155年頃に完成したウァースの『ブリュ物語』が起源だが、この作品はイングランド王妃のアリエノールに献上されている[4]
  • 自分を撃ったシャールース城の若い射手(名前はピエール・バジル英語版あるいはベルトラン、John Sabrozとも)に理由を尋ねると、「陛下は私の父親と2人の兄弟を殺しました。どうぞ私も処刑なさってください、敵を討ったことを後悔はしていません」と答えた。話を聞き終わったリチャードは「おまえの命は助けてやる」と言い、正当な戦闘行為によるものだから、たとえ自分が死ぬことになっても、この男のことは許すようにと周りに命じ、報奨金まで与えて放免した[5]。しかし、リチャードがジョンを後継者として亡くなると、この射手は捕らえられ皮剥ぎの刑に処された。
  • 強敵には敬意を払った。敵将サラディンを「間違いなく最も強力かつ偉大なサラセンの指導者」と賞賛している[6]
  • その勇猛さは敵となったムスリムからも評価されていた。サラディンに仕えその伝記を著したベハ・アッディーン英語版はリチャードについて「イングランド王の進軍の知らせに、ムスリムたちは震えあがった……戦場に何度も赴き、勇猛な戦いぶりがよく知られていたので、彼ら[フランク人]の目にはフランス王より下の地位にあったとはいえ、富の豊かさ、それに軍事的手腕と勇猛さでは断然上だった」と記した[7]。また同時代のあるムスリムは「彼ほど豪胆な敵、また頭の切れる敵とは、これまで対戦したことがない」と書いている[8]
  • 敬虔なキリスト教徒ではなかったが、宗教的偏見からも自由だった。停戦交渉中、アル=アーディルに「余の妹と結婚してキリスト教徒になるのはどうか」と提案し、サラディンに呆れられたという。
  • 他国の君主はそれまで十字軍に参戦してきたが、実利主義的なヘンリー2世は教皇からの要請があったにもかかわらず、結局聖地へ赴こうとはしなかった。リチャード1世は十字軍に参戦した最初のイングランド国王であり、それゆえ十字軍、身代金、フランスとの戦争などで巨額の負担を国民に課しはしたが、英雄としての人気があった[9]。そのツケをジョンが払わされた面がある。
イングランド王室紋章(1198-1340)
  • かつてのイングランド王室紋章を定めたのは、リチャード1世である。ヘンリー2世がライオンの紋章を採用し、リチャード1世がそれまでに1頭だったライオンを3頭に増やしたといわれている。現在、イギリスの国章は、リチャードの定めたイングランドの紋章に、スコットランドアイルランドの紋章が加わったものとなっている。また、イングランドサッカー協会のエンブレムは、これを元に薔薇戦争を終結させたテューダー朝の紋章である紅白のバラテューダー・ローズをあしらったもので、バラはイングランドの国花でもある。なおサッカーイングランド代表チームは、スリーライオンズの愛称で呼ばれている。
  • 母アリエノールの最愛の息子とされ、性格も似たところが多かった。アリエノールはリチャードが捕囚されたとき身代金の収集に奔走し、高齢で真冬だったにもかかわらず、自身で身柄を引き取りにケルンまで出向いており、リチャードの臨終にも立ち会っている。
  • 子供はおらず(ただし庶子としてフィリップ・ド・コニャック英語版が知られる)、戯曲冬のライオン』で描かれたように同性愛者であるとする説もあるが明確にそれを示すものはない。
  • アッコンで処刑した捕虜のなかには女性や子供もいた。アラブ地域ではその後、言うことを聞かない子供に「リチャード王が捕まえにくるぞ」と脅したという[10]
  • リチャードが幽閉されていた時、その安否と捕囚場所を確認するため、お気に入りの吟遊詩人(騎士のトルバドゥールとも言う)ブロンデルが、ドイツ中の城の城壁の下でリチャードの好きな歌を歌い、リチャードが歌い返すのを待ったという伝説がある[11]。また、リチャード作と伝えられる単旋律歌曲『囚われ人は決して』(Ja nus hons pris)がある。
  • ベルトラン・デ・ボルンアルノー・ダニエルらと交流し[12]、死の直後にはガウセルム・ファイデット英語版から哀歌をおくられるなど、同時代のトルバドゥールたちから英雄視されたが、その後は中世騎士道の華として偶像化され、小説『アイヴァンホー』やロビン・フッド物語などでは主人公を助けるヒーローとして登場する。
  • 遺言により、遺体は父ヘンリー2世の眠るフォントヴロー修道院に、心臓は自らが愛したルーアンにあるルーアン大聖堂に(1961年の発掘で発見されている)[13]、また、脳と臓器は彼の心のふるさとであるポワトゥーのシャルー修道院に送られたが、生誕の地であるイングランドには何も送られなかった[14]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 堀米庸三 『世界の歴史3 中世ヨーロッパ』 中央公論社中公文庫〉、1974年12月。
  • 石井美樹子 『王妃エレアノール-十二世紀ルネッサンスの華』 朝日新聞社朝日選書〉、1994年3月。ISBN 4-02-259594-9。
  • アンリ・ルゴエレル 『プランタジネット家の人びと』 福本秀子(訳)訳、白水社文庫クセジュ〉、2000年12月。ISBN 4-560-05834-2。
  • J.M.ロバーツ(en) 「十字軍」『世界の歴史5 東アジアと中世ヨーロッパ』 池上俊一(日本語版監修)、月森左知・高橋宏訳訳、創元社〈図説世界の歴史〉、2003年5月。ISBN 4-422-20245-6。
  • レジーヌ・ベルヌー 『リチャード獅子心王』 福本秀子(訳)訳、白水社、2005年3月。ISBN 4-560-02605-X。
  • Malcolm Cameron Lyons & D.E.P.Jackson (1982). Saradin: The Politics of the Holy War. University of Cambridge Oriental Publications. ISBN 978-0-521-31739-9. 
  • ジョナサン・フィリップス 『第四の十字軍―コンスタンティノポリス略奪の真実』 野中邦子/中島由華訳、中央公論新社、2007年4月。ISBN 978-4-12-003791-7。

関連項目[編集]

先代:
アンリ
アンジュー伯
1189年 - 1199年
次代:
アルテュール
先代:
アリエノール
アンリ1世
アキテーヌ公
1169年 - 1196年
アリエノールと共同統治
次代:
オトン
先代:
オトン
アキテーヌ公
1198年 - 1199年
アリエノールと共同統治
次代:
ジャン1世