リマン海流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日本列島近海の海流
1. 黒潮 2.黒潮続流 3.黒潮反流 4.対馬暖流 5.津軽暖流 6.宗谷暖流 7.親潮(千島海流) 8.リマン海流(Liman current、リマン寒流)

リマン海流: Liman Current: Лиманское течение, Приморское течение)は、間宮海峡付近からユーラシア大陸に沿って日本海を南下する海流(寒流)[1][2][3]

日本海を北上する暖流の対馬海流が北上するにつれて冷やされ、アムール川淡水と混ざり、南下するようになったものであるとされているが、流量が少なく観測データも乏しい為、形成過程については諸説ある。「リマン」とはロシア語で大河の河口三角江)を意味するが、この「大河」はアムール川を指す。 サハリン (樺太) の南西から沿海州に沿うようにして進む、朝鮮半島の北東 (北緯40度あたり) までの海流である。朝鮮半島に当たったリマン海流は朝鮮半島に沿って冷海水として南下する。蔚山付近の海岸では夏でも普通の人には非常に冷たく感じ、海水浴が難しい。

ニシンタラサケマスサンマなどの寒海性魚類に富んでいる。

脚注[編集]