リンリン・ランラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
リンリン・ランラン
出身地 香港の旗 香港
レーベル ビクターエンタテインメント
事務所 サンミュージックプロダクション
メンバー リンリン
ランラン

リンリン・ランランは、1959年1月3日生まれの香港出身の双子姉妹によるポップデュオ。所属事務所レコードレーベルサンミュージックプロダクションビクターエンタテインメント

概要[編集]

アメリカ人の父と中国人の母を持つハーフ。1972年から香港で「樂家姊妹(ロッカーシスターズ、The Lokka Sisters)」として活躍していたのをスカウトされ、1974年日本テレビのテレビ番組『スター誕生!』でアシスタントとしてデビュー。

代表曲は、デビュー曲ながら最大のヒット曲となった「恋のインディアン人形」で、ロングのお下げ髪に、インディアンのような衣装を着て歌い、アジア系の雰囲気も持っていたため、先住民族と誤解されることも多かった。ほかに「陽気な恋のキューピッド」、「恋のパッコンNO.1」など。また、人気絶頂期に東京・芝公園(最寄り駅は御成門駅)にあった中華料理店「留園」のCMに出演し、「リンリンランラン留園…」とCMソングを歌ったこともあった。

日本での活動が下火になってからも、香港で桜田淳子岩崎宏美などの楽曲を広東語でカバーしたレコードをリリースした。日本でおなじみであったお下げ髪は香港でもしばらく続けていた。

芸能界引退後はアメリカ合衆国で生活している。

メンバー[編集]

  • リンリン(Letilia Barber) - 姉。向かって左で歌う
  • ランラン(Katharine Barber) - 妹。向かって右で歌う

ディスコグラフィ[編集]

シングル
  1. 恋のインディアン人形 (1974.04.15) - 2004年W (ダブルユー)もカヴァーしていた。
    (c/w) 赤い屋根のお家
  2. 陽気な恋のキューピッド (1974.08.25
    (c/w) 好きになっちゃった
  3. 恋のパッコンNo.1 (1974.11.10
    (c/w) 花のドレス
  4. ノックは暗号 (1975.02.25
    (c/w) ウィンク上手な女の子
  5. 恋の雨音 (1975.06.10
    (c/w) 背高ノッポの男の子
  6. 恋はラブラブ (1975.08.25
    (c/w) ゴメンナサイ
  7. 小さなプロポーズ (1976.07.10
    NHK教育テレビの初級英語の挿入歌 "Young Happy Friends" (というサビを持つ。正式なタイトル不詳)
    (c/w) 海岸通り
アルバム
  1. 恋のインディアン人形 / リンリン・ランラン ファースト・アルバム
    A面 恋のインディアン人形/ケンカでデイト/恋のジーンズ・ガール/ヴァケイション/小さな涙/ママに捧げる歌
    B面 想い出の冬休み/赤い屋根のお家/花のドレス/ジャンバラヤ/ノックは3回/おやすみなさいあなた
  2. 陽気な恋のキューピッド / リンリン・ランラン No.2
    A面 陽気な恋のキューピッド/ミスター・ベースマン/渚のデイト/ひと夏の経験/銀河を小船で/好きになっちゃった
    B面 恋のパッコン/悲しき片想い/黄色いリボン/夏の感情/涙の年頃/恋のインディアン人形
  3. 夢の世界
    A面 恋の雨音/背高ノッポの男の子/小粋な恋の女の子/恋合戦/わたしの秘密/ノックは暗号
    B面 あいつは浮気者/恋はラブ・ラブ/雨に歩けば/風の日曜日/ウインク上手な女の子/彼は流行っ子

テレビ番組[編集]