複方ヨード・グリセリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

複方ヨード・グリセリン(ふくほうヨード・グリセリン)とは、外用の殺菌消毒薬の一種で赤褐色の液体である。日本薬局方に記載の処方。ルゴール液またはルゴール試薬とも呼ばれるが、「複方ヨード・グリセリン」を商品名にしているものも多数ある。

1829年フランスの医師J.G.A.ルゴールが創製したため、ルゴール液もしくはルゴール氏液とも呼ばれる。(英語版およびフランス語版Wikipedia参照のこと)

なお、歯科用ヨード・グリセリンは本剤と類似しているが別のもの。

組成[編集]

ヨウ素ヨウ化カリウムグリセリンハッカ水、液状フェノール、精製水より成る。

効能・効果[編集]

主に咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎などに効用がある。

作用機序[編集]

薬効のある成分はヨウ素と液状フェノールで殺菌・消毒作用がある。

他は薬効はないが、次のような目的で配合されている。

  • ヨウ化カリウムはヨウ素を溶解させやすくする。
  • グリセリンは不乾性と甘味による刺激緩和。
  • ハッカ水は清涼作用

上部消化管内視鏡では食道癌の検索のため、色素として散布される。 癌部はグリコーゲンが欠如しているため、染色されず白くみえる。 同様に子宮頚癌・子宮頚部上皮内腫瘍に対する子宮頚部円錐切除術の際、切除部位の決定のために用いられる。外側の扁平上皮部分は染色されるが、内側の腺円柱上皮部分は染色されないため病変が生じる扁平上皮-円柱上皮移行部の判断が可能となる。

関連項目[編集]