ル・シネマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ル・シネマ
LE CINÉMA
Tokyo Shibuya Bunkamura Le Cinema.JPG
情報
正式名称 Bunkamuraル・シネマ
完成 1989年
開館 1989年9月3日
開館公演 遠い日の家族(シネマ1)
パガニーニ(シネマ2)
収容人員 (2館合計)276人
設備 ドルビーデジタル5.1ch
用途 映画上映
運営 株式会社東急文化村
所在地 150-8507
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
Bunkamura6階
位置 北緯35度39分39.9秒 東経139度41分44.1秒 / 北緯35.661083度 東経139.695583度 / 35.661083; 139.695583座標: 北緯35度39分39.9秒 東経139度41分44.1秒 / 北緯35.661083度 東経139.695583度 / 35.661083; 139.695583
アクセス 渋谷駅から徒歩5〜7分
公式サイト http://www.bunkamura.co.jp/cinema/

ル・シネマ(LE CINÉMA)は、東京都渋谷区Bunkamura内にあるミニシアターに分類される映画館。1989年9月設立。「TOP&カード提示割引」の加盟店。

特徴[編集]

開館初年度に上映された『カミーユ・クローデル』(イザベル・アジャーニ主演のフランス映画)を始め、オープンから最初の5年間は特にフランス映画を中心としてヨーロッパ映画に力を入れて紹介してきた。[要出典]

1990年代後半から、作家性ばかり重視するよりも何か印象に残る作品を選定しようという支配人の意図で、上映作品の国籍もアジア、アメリカなどに広がるようになり、独特の上映作品選定が映画館の特色となっている。[要出典]

2000年頃からアジア映画も目立つようになった。また、パンフレット(プログラム)は通常のA4判より大きく、紙も厚く、最後にシナリオが採録されているのが特徴である。上映作品や土地柄により、マダムからの支持が高い。[要出典]

座席数[編集]

  • ル・シネマ1 150席
  • ル・シネマ2 126席

主な上映作品[編集]