レム色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
レム色
メンバー 渡辺剛太
唐沢拓磨
結成年 2003年1月
解散年 2008年3月
事務所 げんしじん事務所
活動時期 2003年 - 2008年
現在の活動状況 解散(渡辺は野球記者、唐沢はピンで活動)
芸種 コント回文ネタ ほか
ネタ作成者 渡辺剛太
現在の代表番組 なし
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル
など
テンプレートを表示

レム色(レムいろ)は、渡辺剛太唐沢拓磨からなる日本お笑いコンビ。どちらも東京都出身で、東京都立西高等学校の同級生。所属芸能事務所げんしじん事務所2008年3月解散。

プロフィール[編集]

渡辺剛太(わたなべ ごうた)

唐沢拓磨(からさわ たくま)

概要[編集]

2002年、唐沢が渡辺を誘いコンビ結成。大学の卒業が決まっていた渡辺は最初、一浪したため当時大学3年生だった唐沢に気を遣い「卒業まで待つ」と言ったが、唐沢はすでに中退していた。

当初はコントなども行っていたが、渡辺の特技である回文ネタが徐々にウケだし、回文ネタでM-1グランプリの準決勝にまで進出して、それ以後は主に回文ネタとなる。「右手バテ気味」などの自分たちで考えた回文とそのイラストの描かれた画用紙を持ち、コントを前フリとして、渡辺→唐沢の順に回文を読み上げる。回文ネタの絵は自分で描いているがエンタの神様出演時には番組で用意されたイラストを使用していた。

笑いの金メダル』の「勝ち抜きワンミニッツショー!」では番組レギュラーのくりぃむしちゅーMie安田大サーカスなどのネタを披露するが、若井おさむに敗れた。ちなみに、若井おさむも同じく『機動戦士ガンダム』に登場する衣装だった。

ちなみにレム色のコンビ名の由来は、当時昼まで寝ていた生活からレム睡眠の『レム』・当時流行っていたゆずの『夏色』から『色』を取ったものである。

2008年3月24日に解散を発表。『フラッシュエキサイティング』(光文社)2008年5月5日号の取材がレム色としての最後の仕事になった。渡辺は翌2009年からスポーツニッポン新聞社に入社、東京本社編集センターや福島支局を経て2014年10月よりプロ野球担当記者となった[1]。また、唐沢はピンで『ぐたく』という芸名で活動している。

芸歴[編集]

テレビ・ラジオ[編集]

2004年
2005年
2006年
2007年

雑誌・新聞[編集]

携帯サイト[編集]

写真展[編集]

  • 「M-1グランプリ写真展in志摩スペイン村」(2005年3月26日4月3日)終了
  • 「M-1グランプリ展inクールス・モール」(2005年4月29日5月8日)終了
  • 「M-1グランプリ展inデックス東京ビーチ」(2005年6月11日6月24日)終了
  • 「M-1グランプリ展inイオン新居浜SC」(2005年7月21日7月26日)終了

著書[編集]

DVD[編集]

  • グレードコミュニケーション「お笑いスター(予定)名鑑」4
  • YOSHIMOTO WORKS (R and C) 「M-1グランプリ2004」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「元・回文芸人記者」が見るキャンプ、ソフトB編「うそ!?工藤独走!?」2015年2月2日付スポーツニッポン 2015年2月2日閲覧