レモンティー (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
レモンティー
メンバー 山田貴正
阿部哲陽
結成年 2002年
解散年 2005年2008年再結成)
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー福岡事務所
活動時期 2002年2月 - 2005年2月
2008年4月 -
旧コンビ名 アベドゥ
現在の活動状況 テレビ・ライブ など
芸種 漫才
ネタ作成者 山田貴正
公式サイト 福岡吉本レモンティーの『地方芸人ブログ』
受賞歴
2009年M-1グランプリ準決勝進出(敗者復活戦参加)
テンプレートを表示

レモンティーは、日本お笑いコンビよしもとクリエイティブ・エージェンシー福岡事務所所属。


略歴[編集]

幾多ものコンビの結成と解散を繰り返していた山田と、『フリーク・ザ・グッド』を2002年(平成14年)に解散したばかりの阿部により、2002年2月にコンビ結成。その当時のコンビ名は『アベドゥ』。アベドゥは高い評価を得ていたが、2005年(平成17年)2月に解散。解散の理由は、山田からの東京進出の打診を阿部が拒み、芸人を廃業してしまったため。相方を失った山田は上京することもなく、半分自暴自棄になりながらも、ピン芸人として活動していた。

その後、2008年(平成20年)4月、やっぱり漫才がしたいと阿部が福岡吉本に復帰。山田と阿部で再びコンビを結成した。この時にコンビ名を『レモンティー』とする。

再結成から2年目、2009年(平成21年)のM-1グランプリにおいて、準決勝まで駒を進めるも敗退。この年の大会において唯一福岡予選から進出した芸人で、敗者復活戦にも参戦した。福岡吉本現役在籍者としては、2003年(平成15年)のプー&ムーに次ぐ快挙であった。

そのネタの出来のよさはトータルテンボス藤田憲右もブログ(2009年(平成21年)12月13日)で認めている。藤田がそれとなく東京進出を勧めてみるも、「東京は怖い」という九州男児らしからぬ返答が返ってきたとのこと。

ネタ、トーク、共に評価が高く、2011年(平成23年)現在、毎月、彼らを主軸に置いたイベント(「漫才×漫才×漫才」、「レモンティーと○○」)が開催されており、福岡よしもとの中心的存在である。

THE MANZAI 2011では一回戦を突破するも、二回戦進出はならなかった。福岡吉本の芸人でTHE MANZAI 2011の一回戦を突破したのは、レモンティーとルームメイトの二組のみである。

HKT48とは、2011年11月14日にHKT48劇場で行われた第1期生初日公演発表の記者会見で司会を務めて以降、「あるあるYYテレビ」(TVQ九州放送)で共演するなど関わりがある。特に阿部は「コレカラ」「HKT48のごぼてん!」(テレビ西日本)でも共演しており、メンバーからは「コレカラ」内のコーナー「HKT48の課外授業」での呼称でもある「あべちゃん先生」と呼ばれる。特に、チームKⅣに所属する植木南央をよく番組内でいじることが多い。また先生役であったこともあり、他番組も含めてメンバーを「くん」付けで呼ぶことが多い。

メンバー[編集]

山田 貴正(やまだ たかまさ、1977年(昭和52年)10月10日 - )福岡県大牟田市出身、39歳。芸名は『ヤマドゥ』。

  • 血液型A型、身長178cm、体重86kg、趣味はスロットで目押しが特技。
  • 立ち位置は向かって左側。縦にも横にも大きい大柄な体格に、濃い顔立ち、派手なオレンジ色のスーツがトレードマーク。にわかせんぺいのグッズ(ピンやお面)を身につけていることも多い。
  • 「福岡吉本一のアウトロー」というキャラ。非常にパワフルで無頼的、尖った芸風である。
  • 実は警察官の息子で、学生時代は生徒会長であり、根は真面目で物静か、人見知りな性格だと芸人仲間から評されている。
  • かつては芸人だけでは食べていけないのでバーに勤務していた。バーでは店長にまで出世しており、その月収が現在は30万円あるらしい。ちなみに彼のバーには、ルームメイト(現めんたいこ)の中島丈次と、スリーナインの二人がアルバイトとして働いている。2013年からは、バーを閉店し、バイトをしているという(2012年に子供ができたため、妻からもっとシフトに入るように言われているという)。しかし現在は芸人以外の仕事はしていないため、水道電気の供給を止められたり、福岡市から日田市まで徒歩で移動しようとしたりしている(結局朝倉市杷木町までたどり着いたところで断念した)
  • テレビに出なくてもいい、地方から全国へ発信する地方芸人になりたいと博多の地で一生漫才するという一生福岡よしもとを宣言している。
  • 2011年(平成23年)結婚し、婿入りしたため苗字が山田ではなくなった。また、その結婚を相方にのみ知らせず、本番のライブネタ中にて報告した。その後妻とは2015年クリスマスに離婚したが、姓は妻の家のものをそのまま使用している。
  • ピン芸人時代、『雷電為右衛門』という9人編成のユニット(ヤマドゥ・水江明博ひのひかり智・みこと・さぬい・竹尾悠兵《現野良レンジャー》・メイン球団・中川どっぺる《現メガモッツ》で結成)でM-1に挑戦し、福岡吉本事務所所長から『お前が1番先輩だろう、M-1をなめるなよ』とこっぴどく怒られたことがある。しかしこのメンバーのなかで1番の先輩は水江明博である。
  • ちなみに後輩や、バイト仲間からは、「ドゥさん」と呼ばれている。

阿部 哲陽(あべ てつあき、1973年(昭和48年)9月4日 - )福岡県福岡市出身、43歳。本名同じ。通称あべちゃん

  • 血液型AB型、身長175cm、体重64kg、趣味はガーデニングと滝めぐりでフラワーアレンジメント、苗の植え込み作業、柔道ボクシング、恋愛相談が特技と公式プロフィールには表記されている。
  • 立ち位置は向かって右側。
  • 既婚で子持ち。芸人を廃業していたとき、妻と『新婚さんいらっしゃい!』に出演し、ハワイ旅行を獲得している。
  • 夕方の九州ローカル番組に出演しているためか、主婦層からの人気が高いらしい。
  • 芸人以外ではショッピングセンター・コストコで働いており、その職場では主任で月収が20万円ほどあるという。
  • 大切な場面でよくネタを忘れる。その度に舞台の上だろうと相方に本気で叱られている。ちなみにネタのなかで、芸人としての給料は月収1万5千円ほどだと語っているが、真偽のほどは不明である。
  • 漫才ではヤマドゥに対しぶち切れながらツッコミを入れるが、普段はヤマドゥ以上に物静かである。
  • 地元の消防団に所属しており、締まった声も出せる。

特徴[編集]

  • 濃厚な博多弁による漫才にローカルな地方CMネタでボケたり福岡吉本事務所のことを自虐的に語るネタが持ち味。
  • 以前は地方芸人は売れている芸人さんに馴れ馴れしくしてはいけないという独自のルールから自分達から携帯のアドレスは聞かないようにしていたが、現在は積極的に絡んでいるらしい。
  • 基本的には山田がボケで阿部がツッコミであるが、近年ではその役割を逆にしたネタも披露している。

出囃子[編集]

サンハウスレモンティー

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]