ロード・アーリマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ロード・アーリマン
Lord Ahriman
Dark Funeral - Wacken 2012.jpg
基本情報
出生名 Mikael Svanberg
生誕 1972年(43–44歳)
出身地 スウェーデンの旗 スウェーデン
ノールボッテン県 ルレオ
ジャンル ブラックメタル
デスメタル
職業 ギタリスト
作曲家
グラフィックデザイナー
担当楽器 ギター
活動期間 1989年 - 現在
共同作業者 ダーク・フューネラル
Wolfen Society
Satans Desciples
著名使用楽器
B.C. Rich Warlock
B.C. Rich Beast

ロード・アーリマン (Lord Ahriman)(Mikael Svanberg、1972年10月又は11月 - )は、スウェーデンヘヴィメタルミュージシャンダーク・フューネラルギタリスト作曲家であり、中心人物である。

現在、ダーク・フューネラルに在籍する唯一のオリジナルメンバーでもあり、アメリカ合衆国デスメタルプロジェクト、Wolfen Societyのリズムギタリストでもある。ステージネームであるアーリマンは、ゾロアスター教最高神であるアフラ・マズダーに対して、絶対悪としてあらわされる悪神のアンラ・マンユ中世ペルシア語名、Ahriman (ペルシア語: اهریمن‎)から採られている。

略歴[編集]

素顔のアーリマン(右)
ダーク・フューネラル - ドイツ公演 (2012年)

スウェーデン北部の町、ルレオの出身で、幼いころから音楽に興味を持っていた[1]。アーリマンは、音楽一家の出身で、彼の祖母から影響を受けたと後に述べている[2]。その後、1989年から音楽活動を始め、Satans Desciplesというバンドを結成する[3]

音楽活動を始める前、アーリマンは、サタニズム (アントン・ラヴェイの影響を受けている)と、エクストリーム・メタルに興味を持つようになり、内向的な性格となっていた。1992年に前述のSatans Desciplesでの活動に見切りをつけ、ストックホルムに引越す[4]。引越した理由は、ストックホルムがエクストリーム・メタルの本場だったからである[4]

ストックホルムで、バンドメンバーを探し、1993年ダーク・フューネラルを結成[4]。現在まで中心人物として活動している。また、サイドプロジェクトとして、アメリカ合衆国デスメタルバンド、Acheronのヴィンセント・クロウリーと共にデスメタルプロジェクト、Wolfen Societyを結成。2001年にEPを1枚リリースしている。

ダーク・フューネラルがNo Fashion Recordsに在籍していた時期、ダーク・フューネラルの仕事に対する報酬の支払いを行わなかったので、アーリマンを含むメンバーはサイドプロジェクトでの活動を余儀なくされた。その結果、ダーク・フューネラルはNo Fashion Recordsを提訴し、"破綻した"レコード・レーベルへのキャンペーンの先頭に立つようになった[2]2008年10月、アーリマンとエンペラー・マグス・カリグラは、ダーク・フューネラルの全ての仕事に対する報酬を得ることができたと公表した。

ロード・アーリマンは既婚で、妻との間に2人の子供がいる。家族は、アーリマンの音楽活動に対して協力的であるという[2]

ディスコグラフィー[編集]

Dark Funeral[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

ライヴ・アルバム[編集]

DVD[編集]

デモ[編集]

Wolfen Society[編集]

  • Conquer Divine – (2001)

ゲスト参加[編集]

  • The Electric Hellfire Club – Electronomicon (2002)
  • Thookian Vortex – Track: Into The Nagual [co-writing] (2007)

脚注[編集]

  1. ^ [1]のインタビュー記事では、スコットランド出身となっているが誤記載であると考えられる。
  2. ^ a b c Interview with Lord Ahriman [リンク切れ]
  3. ^ Dark Funeral - Members”. 2012年10月6日閲覧。
  4. ^ a b c Dark Funeral Special interview”. 2012年10月6日閲覧。