ワリ・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ワリ・ハーン1924年 - 2008年6月30日)は、アフガニスタンの軍人。大将。王政最後の参謀総長。

経歴[編集]

貴族出身。

1973年のムハンマド・ダーウードのクーデターまで、参謀総長だった。同年、逮捕され、カーブルのプリ・チャルヒ刑務所に収監。1975年、釈放され、イタリアに亡命。

2002年、ザーヒル・シャー元国王と共に祖国に帰還。2008年6月30日、インドデリーの病院で死去。

パーソナル[編集]

ザーヒル・シャー国王の娘婿。