ワンワンニャンニャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ワンワンニャンニャン
メンバー 菊地正志
福井修一
結成年 2002年
事務所 松竹芸能
活動時期 2002年 -
現在の活動状況 ライブ、テレビ
芸種 漫才
現在の代表番組 なし
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

ワンワンニャンニャンは、松竹芸能所属のお笑いコンビ。

来歴・概説[編集]

2人は同じ千葉県出身で、保育園、小学校、中学校が共に同じ同士[1]2002年に松竹芸能の養成所に入り、コンビ結成[1]

コンビ名の由来は二人の誕生日である11月1日2月22日から、11月1日=ワンワン2月22日=ニャンニャンとなった。また、結成当時には「ダウンタウンウッチャンナンチャンとんねるずのように『ン』の字が入っているコンビは売れる、という説」があったということから、『ン』の字を4つも盛り込んだということも理由だという[1]

かつては、林あいと『たまご学級』というユニットでも活動していた。

ミュージシャン、ナオト・インティライミと二人は小・中学校(野田市立南部小学校、野田市立南部中学校)の同級生である。クラブも2人と同じサッカー部だった[2]

メンバー[編集]

芸風[編集]

  • 基本的に漫才を演じる。菊地がボケたり福井がうなずいたり、二人共にツッコミに入ったりするなど、お互いのポジションがはっきりしていないような芸が特徴的だったこともあった。最近では、福井・ツッコミ、菊地・ボケというポジションで演じている。菊地のハゲをネタにした漫才も多い[1]
  • ノリツッコミをよく演じている[8](例:菊地の風貌をネタにして『おい!これ孫正義!』といったもの、など)[4]
  • ネタ合わせはアルバイトの時間も考慮した上で、朝の7時から9時の間に行っている。会議室を使って打ち合わせやネタ合わせを行うこともある[5]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(199)】ハゲをネタにした漫才がウリの幼なじみのコンビ、ワンワンニャンニャン(1/2)”. サンケイスポーツ (2016年11月24日). 2016年11月25日閲覧。
  2. ^ ワンワンニャンニャン”. ナオト・インティライミ オフィシャルブログ (2007年11月3日). 2016年11月25日閲覧。
  3. ^ a b c #外部リンク節掲載の「公式プロフィール」参照。
  4. ^ a b c 『あらびき団公式パンフレット』(ヨシモトブックス・ワニブックス)「ワンワンニャンニャン」のページより
  5. ^ a b c 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(199)】ハゲをネタにした漫才がウリの幼なじみのコンビ、ワンワンニャンニャン(2/2)”. サンケイスポーツ (2016年11月24日). 2016年11月25日閲覧。
  6. ^ 近況報告。”. ワンワンニャンニャン菊地のニャンブロ (2008年4月12日). 2016年11月25日閲覧。
  7. ^ 福井修一”. 長谷川太郎引退試合公式ホームページ. 2016年11月25日閲覧。
  8. ^ 2008年4月30日放送の『あらびき団』では『平成のノリツッコミ王』と紹介されていた。