ヴァン・ダークホーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ヴァン・ダークホーム
Van Darkholme
ヴァン・ダークホームVan Darkholme
Van Darkholme
本名 同じ
別名義 VAN様、TDNコスギ
生年月日 1972年10月24日(44歳)
出生地 ベトナム
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 ベトナム系アメリカ人
身長 183cm
ジャンル ゲイ・ポルノ俳優映画監督写真家
活動期間 2000年代 -
活動内容 2000年:映画デビュー
2001年:映画初監督
主な作品
『White Rope』
『House of Detention』
『Raw Rope』
『Bondo Gods』シリーズ
ダークホーム自身から提供された写真

ヴァン・ダークホームVan darkholme1972年10月24日 - )は、ベトナム出身・サンフランシスコ在住のゲイ・ポルノ俳優映画監督写真家

2000年タイタン社から『Three Easy Pieces』でデビュー。その他『White Rope』『Bond Godsシリーズ』などに出演しており、日本では自身が監督し、マーク・ウォルフとの共演作『Lords of the Lockerroom』が、インターネット文化を通して知られている。殆どの彼の監督としての仕事や出演作には、ボンデージ緊縛の要素が含まれている。ダークホーム自身がボンデージを紹介した彼の写真集は、「Male Bondage」というタイトルで、Bruno Gmünder社から2006年の6月に発売されている。

生い立ち[編集]

1972年10月24日、ベトナムにて出生[1]。10歳でアメリカ合衆国に移住した[2]後は、農家の子供として青春時代を過ごし[3]ケンタッキー州の高校を卒業した。1999年から開いていたウェブサイトにて、自身を被写体にしたボンデージ写真を掲載し俳優になる以前から話題になっていたが、彼と交友があったタイタン社の俳優Keith Webbの死を契機として、俳優になることを決意。同社の『Three Easy Pieces』で映画デビューを飾った。

経歴[編集]

元は映画俳優志望であったが[4]、本格的にポルノ俳優としての活動を始めたのは、『Three Easy Pieces』からである。このヒットを受け、タイタン社側が、スターとして彼に『Fallen Angels』シリーズに出てくれるよう要請したが、彼の意向と社側の要請が折り合わないことで契約が履行されず、その後の彼とタイタン社の関係は決裂することとなった。その後、Muscle Bound Production社を設立、自ら監督として『Cam-Am』と『they're lords of the Lockroom』『House of Detention』といった作品を撮り続けた。この時周囲からボンデージを理解されなかった経験が、その後の彼の演技や観念に大きな影響を与えることとなった。

ボンデージやフェティシズムというものに対する有りがちな誤解を解くことを目標にしているとした上で、「アダルトビデオ業界の人間は、俺に対して何とか演技を抑えさせようとしてくる。『Van、君はそのルックスで札束の山を築き上げられるんだ。ボンデージなんてものは今すぐ脱ぎ捨てちまえ。みんな興味なんて示しちゃいないさ』って感じでね」と、後に彼はタイタン社を初めとする周囲との確執を語っている[5]

Jeremy Steeleと共演の『BONDO GODS vol.7』が2008年に公開された。

2008年からKivaを通し、故郷ベトナムやカンボジアといった発展途上国の家庭に対して、自身のサイトから得られた利益を全て寄付する形で慈善活動を行っている[6]。彼はこれについて、「皆は、ポルノを介して慈善をするなんて珍奇なことをしているな、と感じるかも知れない。(しかし)『持てるものを以って最善を尽くす』という言葉には誰もが共感してくれるはずだ」と述べている[7]

日本におけるインターネット・パロディ[編集]

日本では、主にニコニコ動画において、ビリー・ヘリントンの出演動画に引っ張られる形で、「TDNコスギ」(多田野数人ケイン・コスギが由来)「VAN様」と呼ばれ[8]、彼を元にした様々なMADムービーが作られている。なお、彼の主演作品のみのMADムービーが多数制作されているところを見ると[9]、人気は非常に高いことが伺える。なお本人はこれらに関してはファンからのメールで聞かされており、2009年11月28日のブログの中で「このようなビデオを作るには相当な時間と努力が必要に違いない。光栄に思うよ」と述べている[10]。 なお彼はなぜ自分がTDNという名前をつけられているのか全く解らないという[11]

主な出演作品[編集]

(以下すべて Muscle Bound Productions 製作)

  • 2001年 White Rope
  • 2002年 Black Rope
  • 2004年 Raw Rope
  • 2004年 Bondo Gods, Vol. 1
  • 2004年 Bondo Gods, Vol. 2
  • 2005年 Van-Nilla Reloaded
  • 2005年 Rear Window
  • 2005年 Once Upon a Time Reloaded
  • 2005年 Bondo Gods, Vol. 3
  • 2005年 Bondo Gods, Vol. 4
  • 2006年 Bondo Gods, Vol. 5
  • 2007年 Anatomy of Bondage
  • 2008年 Bondo Gods, Vol. 6
  • 2008年 Bondo Gods, Vol. 7

著書[編集]

  • 『Male Bondage』 (Bruno Gmünder, 2006年 ISBN 3861879905)

脚注[編集]

  1. ^ Hot For Porn? Adult Entertainment in the Vietnamese Community”. BN Magazine feature (vietnamese american magazine) (2006年1月8日). 2008年10月27日閲覧。
  2. ^ kink.comの新監督に就任した際のインタビューより
  3. ^ ibid.
  4. ^ 「100回も200回もオーディションを受けたものの、僅かに貰えるのは端役のみだった」と本人インタビューで語っている。
  5. ^ up close with van darkholme”. 雑誌Fridaeによる俳優インタビュー (2002年6月7日). 2008年10月27日閲覧。
  6. ^ Kiva - Loans that change lives”. KivaでのVan Darkholmeのページ. 2009年11月11日閲覧。
  7. ^ Van Darkholme Journal blog”. 2009年5月7日の日記 (2009年5月7日). 2009年11月11日閲覧。
  8. ^ TDNコスギ”. TDNコスギというネーミングの由来 (2009年11月8日). 2009年11月11日閲覧。
  9. ^ タグで動画検索 TDNコスギ‐ニコニコ動画(9)”. ニコニコ動画におけるTDNコスギに冠する動画の一例 (2009年11月11日). 2009年11月11日閲覧。
  10. ^ Van Darkholme Journal blog”. 2009年11月29日の日記 (2009年11月29日). 2009年12月1日閲覧。
  11. ^ 前述のブログより

関連項目[編集]