一の宮あつ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
いちのみや あつこ
一の宮 あつ子
本名 吉田 あつ
別名義 一の宮 敦子
生年月日 1913年12月29日
没年月日 1991年2月16日(満77歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市神田区旅籠町(現在の東京都千代田区外神田
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
主な作品
映画
春の戯れ』 / 『おかあさん
サザエさん』シリーズ / 『女の座
テレビドラマ
『咲子さんちょっと』 / 『女と味噌汁

一の宮 あつ子(いちのみや あつこ、1913年12月29日 - 1991年2月16日)は、日本女優。本名は吉田 あつ。旧芸名に一の宮 敦子

来歴・人物[編集]

1913年(大正2年)12月29日東京府東京市神田区旅籠町(現在の東京都千代田区外神田)に、父・勇と母・たまの2人姉妹の妹として生まれる[1]。生家は江戸時代から太々餅を製造販売していた甘味商だった[1]

幼時に本郷区湯島に移り、誠之小学校から三輪田高等女学校(現在の三輪田学園高等学校)へ進み、1930年(昭和5年)に卒業[1]。小学校時代から陸上競技をはじめ、女学校時代には人見絹枝加賀一郎のコーチを受け、全国大会にも出場した[1]

1932年(昭和7年)、鈴木傳明らの不二映画社の映画に、加賀一郎の弟が同社の経理・宣伝を担当していた縁で吹き替え走者で出演し、これをきっかけに不二映画社へ女優として入社する[1]1933年(昭和8年)、富士山頂観測所を取材した山岳映画『銀嶺富士に甦える』で鈴木伝明の妹役を演じて映画デビュー[1]。鈴木が名付け親になって一の宮敦子を芸名とする。不二映画社はこの作品を最後に解散、翌1934年(昭和9年)1月に東京宝塚劇場開場に伴う専属俳優募集に応じ、約1300人の応募者のうち男16人・女9人の合格者の1人として同劇場の研究生となる[1]。ほかの合格者に澤村宗之助伊藤雄之助森野鍛冶哉伏見信子三宅邦子らがいた。舞台に出演する傍ら映画にも出演するようになり、太秦発声映画の『理想郷の禿頭』や東宝映画の『新柳桜』『清水の次郎長』などに脇役として出演。戦争が激化すると劇団活動がままならくなり、東宝映画撮影所に移籍する[1]

戦後は東宝争議新東宝に移り、多くの映画で脇役を演じたが、山本嘉次郎監督の『春の戯れ』では一言も喋らない狂女の役で印象的な演技を見せ、成瀬巳喜男監督の『おかあさん』でもわずかな出演だが味わいのある演技を見せ、バイプレーヤーとして起用されるようになる。1955年(昭和30年)の東宝復帰後も『社長シリーズ』や『サザエさん』シリーズに常連出演したほか、堀川弘通監督の『裸の大将』、松山善三監督の『名もなく貧しく美しく』などの秀作にも出演場面は少ないが、食料品店のおかみや女中、母親役などで存在感を示した[2]

1964年(昭和39年)の東宝現代劇『香華』への出演から東宝演劇部に所属し、舞台でも貴重な脇役として活躍[2]山田五十鈴主演の『あかさたな』、芸術座の『春の雪』といった商業演劇のほか、長谷川一夫東宝歌舞伎にも出演した。テレビドラマにも草創期から出演しており、東芝日曜劇場の人気シリーズ『女と味噌汁』では芸者の金とき役でレギュラー出演した。

1991年(平成3年)2月16日肝不全のため死去[3]。77歳没。

受賞・受章歴[編集]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 新三等重役(1959年、NET
  • 東芝土曜劇場 第49回「百十一万分の一」(1960年、CX
  • 夫婦百景NTV
    • 第142回「主権争奪夫婦」(1961年)
    • 第231・232回「女房馬鹿」(1962年)
    • 第240回「今日の佳き日に」(1962年)
    • 第244回「ひとり娘」(1963年)
    • 第246回「女系夫婦」(1963年)
    • 第248・249回「独身夫婦」(1963年)
    • 第264回「親がかり夫婦」(1963年)
    • 第339回「キャッ・キャッ・キャッ」(1964年)
  • 第15回「畏れ多くも将軍家」(1961年、CX)
  • 東芝日曜劇場TBS
    • 第223回「小さな家の小さな灯」(1961年)
    • 第268回「続・忍ぶ川」(1962年)
    • 第270回「冬の日」(1962年)
    • 第286回「この青年に」(1962年)
    • 第375回「みだれ」(1964年)
    • 第497回「あたしとあなた その6」(1966年)
    • 第624回「24才シリーズ その5」(1968年)
    • 第645回「女と味噌汁 その13」(1969年) - 金とき
    • 第665回「女と味噌汁 その14」(1969年) - 金とき
    • 第683回「女と味噌汁 その15」(1970年) - 金とき
    • 第700回「女と味噌汁 その16」(1970年) - 金とき
    • 第734回「女と味噌汁 その18」(1971年) - 金とき
    • 第749回「女と味噌汁 その19」(1971年) - 金とき
    • 第763回「女と味噌汁 その20」(1971年) - 金とき
    • 第773回「女と味噌汁 その21」(1971年) - 金とき
    • 第787回「女と味噌汁 その22」(1972年) - 金とき
    • 第794回「下町の女 その四」(1972年)
    • 第809回「女と味噌汁 その23」(1972年) - 金とき
    • 第832回「女と味噌汁 その24」(1972年) - 金とき
    • 第834回「姉と妹」(1972年)
    • 第843回「女と味噌汁 その25」(1973年) - 金とき
    • 第854回「妹」(1973年)
    • 第865回「女と味噌汁 その26」(1973年) - 金とき
    • 第883回「女と味噌汁 その27」(1973年) - 金とき
    • 第886・887回「雪の華」(1973年)
    • 第892回「冬の中に」(1974年)
    • 第909回「女と味噌汁 その28」(1974年) - 金とき
    • 第910回「愛の他人」(1974年)
    • 第930回「女と味噌汁 その29」(1974年) - 金とき
    • 第931回「女と味噌汁 その30」(1974年) - 金とき
    • 第956回「女と味噌汁 その31」(1975年) - 金とき
    • 第982回「女と味噌汁 その32」(1975年) - 金とき
    • 第1008回「女と味噌汁 その33」(1976年) - 金とき
    • 第1035回「女と味噌汁 その34」(1976年) - 金とき
    • 第1090回「女と味噌汁 その35」(1977年) - 金とき
    • 第1117回「女と味噌汁 その36」(1978年) - 金とき
    • 第1152回「女と味噌汁 その37」(1979年) - 金とき
    • 第1200回「女たちの忠臣蔵」(1979年) - おかね
    • 第1204回「女と味噌汁 その38」(1980年) - 金とき
    • 第1400回「おんなの家 その13」(1983年)
  • 山本周五郎アワー(TBS)
    • 第1回「おもいちがい物語」(1961年) - 妻みね
    • 第23回「わたしです物語」(1961年) - かよ
  • 咲子さんちょっと(1961年 - 1963年、TBS)
  • シャープ火曜劇場(CX)
    • 第17回「愛の歴史」(1961年)
    • 第29回「偽れる盛装」(1962年) - 菊亭千代
    • 第31回「おもかげ」(1962年) - 恭助の妻
    • 第32回「天の夕顔」(1962年) - 母
    • 第51回「愛よいまこそ」(1962年) - たけ
  • 日産スター劇場(NTV)
    • 市長さまのアメリカみやげ(1963年)
    • お夏つあん(1964年)
    • 喪服の女(1965年)
    • 長屋の姫君(1967年)
  • コメディフランキーズ 第32回「夫婦系図」(1964年、TBS)
  • 日本映画名作ドラマ / ひとすじの涙(1964年、NET)
  • 一千万人の劇場 / わかれ道(1964年、CX)
  • 剣 第8回「夕映え侍」(1967年、NTV) - 千波千代
  • 大坂城の女(1970年、KTV) - 沢野
  • うなぎのぼり鯉のぼり(1972年、NET) - 松代
  • 月とスッポン(1972年、NTV)
  • 赤ひげ 第12話「冬の宿」(1973年、NHK
  • 太陽にほえろ! 第99話「金で買えないものがある」(1974年、NTV / 東宝) - 及川とみ
  • あんたがたどこさ(1975年、TBS)
  • 悪女について(1978年、ANB) - 菅原ふみ
  • ぬかるみの女 第1シリーズ(1980年、THK) - あさ
  • 土曜ドラマ / 松本清張シリーズ・天才画の女(1980年、NHK) - 寺村まさ
  • 木曜ゴールデンドラマYTV
  • 平岩弓枝ドラマシリーズ(CX)
    • 結婚の四季(1980年)
    • 女たちの海峡(1981年)
    • 湖水祭(1983年)
  • 御宿かわせみ 第6話「夕涼み殺人事件」(1980年、NHK) - おきん
  • 水曜ドラマスペシャル / (秘)女保険調査員1(1986年、TBS)
  • 男と女のミステリー / ロマンの果て1(1989年、CX)
  • 火の用心(1990年、NTV) - 大口トキ

舞台[編集]

  • 春の雪(1969年、芸術座) - 蓼科
  • 不信のとき(1969年、芸術座) - 小柳勝代
  • 花筵(1970年、芸術座) - 奥村敬
  • 女坂(1970年、芸術座) - きん
  • 淀どの日記(1971年、帝国劇場) - 大蔵卿ノ局
  • 三婆(1973年・1976年、芸術座) - 駒代
  • 新台所太平記(1975年、御園座) - 高林まし
  • 津軽三味線ながれぶし(1976年、帝国劇場) - 早川うめ
  • つゆのひぬま(1977年、芸術座) - お富
  • あわ雪豆腐(1981年、東京宝塚劇場) - きよ
  • お葬式(1988年、近鉄劇場)※同名映画の舞台化、菅井きん共演
  • マイ・フェア・レディ(1990年、帝国劇場) - トランシルバニア女王

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h キネマ旬報1980、p.83
  2. ^ a b キネマ旬報1980、p.84
  3. ^ 『朝日年鑑 1992』、朝日新聞社、1992年、p.241

参考文献[編集]