ツイートする Facebook にシェア

一分金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

一分金(いちぶきん)とは、江戸時代に流通した金貨の一種。

金座などで用いられた公式の名称は一分判(いちぶばん)であり[1]、『三貨図彙』には一歩判と記載されている。一方『金銀図録』および『大日本貨幣史』などの古銭書には一分判金/壹分判金(いちぶばんきん)という名称で収録されており、貨幣収集界では「一分判金」の名称が広く用いられる。また天保8年(1837年)の一分銀発行以降はこれと区別するため「一分金」の名称が普及するようになった[1]

概要

形状は長方形。表面には、上部に枠に五三の桐紋、中部に「一分」の文字、下部に五三の桐紋が刻印されている。一方、裏面には「光次」の署名と花押が刻印されている。これは鋳造を請け負っていた金座の後藤光次の印である。なお、鋳造年代・種類によっては右上部に鋳造時期を示す年代印が刻印されている。

額面は1。その貨幣価値は1/4に相当し、また4に相当する計数貨幣である。江戸時代を通じて常に小判と伴に鋳造され、品位(金の純度)は同時代に発行された小判金と同じで、量目(重量)は、ちょうど小判金の1/4であり、小判金とともに基軸通貨として流通した。

江戸期の鋳造量は、小判金と一分判金を合わせた総量を「両」の単位をもって記録されており、本位貨幣的性格が強い。

これに対し、一朱判金二朱判金二分判金は、純金量が額面に比して少ないことから補助貨幣(名目貨幣)の性格が強かった(ただし、元禄期に発行された元禄二朱判金は、一分判金と同様に本位貨幣的である)。京師より西の西日本では俗称「小粒」といえば豆板銀を指したが、東日本ではこのような角型の小額金貨を指した[2]

慶長6年(1601年)に初めて発行され、以後、万延元年(1860年)までに10種類鋳造されたが、幕府および市場の経済事情により時代ごとに品位・量目が小判金と同様に改定されている。また、江戸時代後期には、一分金と等価の額面表記銀貨、一分銀が発行されて以降、一分金の発行高は激減した。

種類

括弧内は発行年、量目、含有率(規定)。発行高は小判に含まれる[3][4][5]

参考文献

  1. ^ a b 三上隆三 『江戸の貨幣物語』 東洋経済新報社、1996年
  2. ^ 近藤守重 『金銀図録』 1810年
  3. ^ 『新旧金銀貨幣鋳造高并流通年度取調書』 大蔵省、1875年
  4. ^ 佐藤治左衛門 『貨幣秘録』 1843年
  5. ^ 勝海舟 『吹塵録』 1887年

過去1時間の間にもっとも読まれた記事
高橋雄一 (ジャーナリスト) 水野真紀 高橋一生 村田充 ブルゾンちえみ 前川泰之 宮本利岳 龍円愛梨 池江璃花子 大久保麻梨子 松田聖子 政井マヤ 石原さとみ 神田沙也加 柴田国明 ヨネクラジム 明石家さんま インフルエンザ 山下智久 久世 (企業)
gooウェブ検索 急上昇ランキング (総合)
「一分判」のQ&A
1  一分金
2  江戸期
3  千両箱
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について