三田明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
三田 明
出生名 辻川 潮
生誕 1947年6月14日(69歳)
出身地 日本の旗 日本, 東京都昭島市
学歴 八王子学園八王子高等学校・中学校
ジャンル 演歌歌謡曲
職業 歌手俳優
活動期間 1963年 -
レーベル ビクターエンタテインメント
事務所 太陽企画
公式サイト 三田明公式サイト

三田 明(みた あきら、1947年6月14日 - )は、日本演歌歌手俳優東京都出身。

本名・辻川 潮(つじかわ うしお)。太陽企画所属。

清純な風貌と美声で1960年代を中心にヒットを飛ばした。また、『長七郎江戸日記』など時代劇を中心に俳優としても活動している。

経歴[編集]

1962年、日本テレビ系のオーディション番組『味の素ホイホイ・ミュージック・スクール』で作曲家吉田正に認められ、芸能界入り。翌1963年に『美しい十代』で日本ビクターから歌手デビューするとともに、さらに翌1964年には同名の映画で映画初主演。同曲は、往時を知る多くの者達に歌い継がれている青春歌謡であり、代表曲である。

御三家橋幸夫舟木一夫西郷輝彦)に比べると後発のイメージがあるが、全国歌謡ベストテンでは10曲以上の1位をもつなど御三家以上に大健闘した。また当時、この3人に彼を加え「四天王」とも呼ばれた。

1964年から1969年まで6年連続で紅白歌合戦に出場。三島由紀夫は三田のファンであり、昭和天皇について「彼にはエロティシズムを感じない、あんな老人のために死ぬわけにはいかない」とこき下ろした一方、「三田明が天皇だったらいつでも死ぬ」と発言したことがあったという[1]

1971年に所属事務所である東洋企画が倒産、マネージャーが勝手に三田名義で多額の借金を作り失踪、その返済の為に日本全国への巡業を余儀なくされる。

1972年11月に発生した日本航空351便ハイジャック事件に乗客として、江利チエミらと共に遭遇している。事件発生中に三田は熟睡中で、事件のことを語れず、マスコミから「スチュワーデスと付き合いたい」と、事実無根のことを書かれる。

1970年代、三田を支えていたものとして、バラエティ番組での活躍が挙げられる。もともと「ものまね上手」で知られた三田は自身のショーにも「ものまねコーナー」を作っていたほどだったので[2]NETテレビの『象印スターものまね大合戦』など、当時全盛の「スターが他のスターの物真似をする番組」では、五木ひろし森昌子らとともに大賞の常連だった[3]

1979年12月、自宅火災で顔面に大火傷を負う。

1985年、結婚。

2001年、萬成プライムキャピタル証券(現・ばんせい証券)のCMに平安貴族のスタイルで出演。

2004年第46回日本レコード大賞功労賞を受賞。

2012年10月10日にデビュー50周年を迎えた。

妹の夫は元プロ野球選手で、現:福岡ソフトバンクホークス二軍バッテリーコーチの森浩之

ディスコグラフィ[編集]

代表曲[編集]

  • 美しい十代(1963年11月)
    作詞:宮川哲夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 千羽鶴)
  • みんな名もなく貧しいけれど(1963年11月)
    作詞:宮川哲夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 湖畔の丘)
  • 友よ歌おう(1964年3月)
    作詞:宮川哲夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 永遠にかがやくあの星に)
  • 若い港(1964年4月)
    作詞:宮川哲夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 初恋の夢)
  • すばらしき級友(1964年5月)
    作詞:佐伯孝夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 僕のトランペット)
  • ごめんねチコちゃん(1964年5月)
    作詞:安倍幸子、作詞補:佐伯孝夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w この夕空の下に - 作詞:室山多香史、作詞補:佐伯孝夫、作曲・編曲:吉田正、歌:吉永小百合)
  • 赤い夕陽(1964年7月)
    作詞:宮川哲夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 君こそ明日の太陽だ)
  • 高校騎兵隊(1964年8月)
    作詞:川内康範、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 虹は消えても)
  • 君さようなら(1964年10月)
    作詞:宮川哲夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 青春作戦)
  • 若い二人の心斎橋(1964年10月)デュエット:吉永小百合
    作詞:佐伯孝夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w いとはん可愛いや - 作詞:佐伯孝夫、作曲・編曲:吉田正、歌:和田弘とマヒナスターズ)
  • 安寿と厨子王(1964年11月)
    作詞:宮川哲夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 森蘭丸)
  • 美しいあした(1964年11月)
    作詞:宮川哲夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 若い坂道)
  • スキー仲間(1964年12月)
    作詞:佐伯孝夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w あの娘はいない)
  • 燃ゆる白虎隊(1965年4月)
    作詞:吉川静夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 横笛三郎)
  • 明日は咲こう花咲こう(1965年4月)デュエット:吉永小百合
    作詞:西沢爽、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 甘えさせてママ - 作詞:白鳥朝詠、作曲・編曲:吉田正、歌:伊藤アイコ)
  • 泣かせてごめんネ(1965年8月)
    作詞:白鳥朝詠、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 高校生活一週間)
  • 僕のそばには君がいる(1965年10月)
    作詞:水島哲、作曲・編曲:吉田正
    (c/w ひとりぼっちの夜)
  • 若い翼(1965年11月)
    作詞:山上路夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 東京で二人)
  • 美しい恋人たち(1965年12月)
    作詞:宮川哲夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 夜の空にはしごをかけて)
  • 牛若丸(1966年2月)
    作詞:佐伯孝夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 花笠娘)
  • アイビー東京(1966年4月)
    作詞:白鳥朝詠、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 悲しきラブレター)
  • 悲しいくちづけ(1966年7月)
    作詞:白鳥朝詠、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 今夜の君はすてきだぜ)
  • 愛の手紙は幾年月(1966年8月) デュエット:柏木由紀子
    作詞:佐伯孝夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 愛馬マーチ)
  • 恋のアメリアッチ(1966年8月5日)
    作詞:山上路夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w タッチアンドゴー)
  • 山に登って(1966年10月)
    作詞:山上路夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 大阪の空の上で)
  • 恋人ジュリー(1966年10月5日)
    作詞・作曲・編曲:吉田正
    (c/w 青山通り)
  • カリブの花(1967年2月15日)
    作詞:山上路夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 世界の街で恋をしよう)
  • また逢う日まで(1967年5月15日)
    作詞:宮川哲夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 花を求めて)
  • 恋人の泉(1967年7月5日)
    作詞:水島哲、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 海の道)
  • 夕子の涙(1967年10月5日)
    作詞・作曲・編曲:吉田正
    (c/w 今夜は早く帰ろうね)
  • 数寄屋橋ブルース(1967年12月5日)
    作詞:佐伯孝夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 星と貝がら)
  • ブルーシャンペン(1968年1月5日)
    作詞:川内康範、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 恋よりつよい愛を見た)
  • 初恋こいさん(1968年3月5日)
    作詞:石浜恒夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 大阪ナイト)
  • 薔薇の涙(1968年4月25日)
    作詞:水島哲、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 愛の誓い)
  • 真珠の恋人(1968年7月10日)
    作詞:佐伯孝夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 夜霧の36階)
  • ナイト・イン六本木(1968年9月1日)
    作詞:橋本淳、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 純愛のバラード)
  • 街に泉があった(1968年10月5日)
    作詞:岩谷時子、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 裏町天子)
  • タートル・ルックのいかす奴(1968年12月25日)
    作詞:東次郎、作曲・編曲:吉田正
    (c/w あなたの横顔)
  • 惜別のワルツ(1969年3月5日)
    作詞:山上路夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 神秘な恋)
  • 太陽のカーニバル(1969年7月5日)
    作詞:山上路夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 鎌倉の夜)
  • サロマ湖の空(1969年9月5日)
    作詞:山上路夫、作曲・編曲:吉田正
    (c/w おしゃれな季節)
  • あなたの涙(1969年12月10日)
    作詞:なかにし礼、作曲:吉田正、編曲:寺岡真三
    (c/w 帰っておいで)
  • 涙と微笑み(1970年3月5日)
    作詞:橋本淳、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 美少女)
  • ふれあい(1970年7月5日)
    作詞:阿久悠、作曲・編曲:すぎやまこういち
  • 振り返ってみたけれど(1970年11月5日)
    作詞:山口洋子、作曲:藤本卓也、編曲:船木謙一
    (c/w 愛の残り火)
  • よけりゃ死ぬまでついてこい(1971年2月5日)
    作詞:川内康範、作曲・編曲:曽根康明
    (c/w 純愛)
  • しのび泣き(1971年4月5日)
    作詞:佐伯孝夫、作・編曲:曽根康明
    (c/w 風のワルツ)
  • 愛があれば(1971年7月5日)
    作詞:宮川哲夫、作曲:渡久地政信、編曲:近藤進
    (c/w 別れの霧笛)
  • 運命と云うのはたやすいが(1971年10月5日)
    作詞:阿久悠、作曲:鈴木庸一、編曲:竹村次郎
    (c/w 生きてる奴の遺書)
  • さよならした長崎(1972年1月25日)
    作詞:有馬三恵子、作曲:植田嘉靖、編曲:高田弘
    (c/w 大事にしたい人だから)
  • 太陽の恋人たち(1972年6月25日)
    作詞:阿久悠、作曲・編曲:吉田正
    (c/w 朝やけに愛をこめて)
  • 来た道・寄り道・帰り道(1972年10月25日)
    作詞:千家和也、作・編曲:馬飼野俊一
    (c/w 夜行列車)
  • 並木の雨(1973年3月25日)
    作詞:千家和也、作曲:鈴木淳、編曲:近藤進
    (c/w 君は倖せかい)
  • 赤毛のおんな(1973年9月5日)
    作詞:千家和也、作曲:吉田正、編曲:近藤進
    (c/w 東京ラブロマン)
  • 戻っておくれ(1973年12月5日)
    作詞:吉田旺、作曲:鈴木淳、編曲:近藤進
    (c/w あなたは火の鳥)
  • ほおずき・うそつき(1974年4月25日)
    作詞:喜多條忠、作曲:吉田正、編曲:寺岡真三
    (c/w 旅の空)
  • あのころ(1974年8月25日)
    作詞:千家和也、作・編曲:馬飼野康二
    (c/w 北国慕情)
  • 孤独の部屋(1975年1月25日)
    作詞:たかたかし、作・編曲:三木たかし
    (c/w ふたりの過去)
  • いい人ならばいいけれど(1975年7月25日)
    作詞:山口洋子、作曲:中村泰士、編曲:近藤進
    (c/w 思いやり)
  • 心がさむい(1976年1月25日)
    作詞・曲:中村泰士、編曲:ボブ佐久間
    (c/w 死んでもいい)
  • さよならの向こうで(1976年7月25日)
    作詞:喜多条忠、作曲:浜圭介、編曲:馬飼野俊一
    (c/w 星影の二人)
  • 五月のバラ(1977年5月25日)
    作詞:なかにし礼、作曲:川口真、編曲:川上了
    (c/w わかれの季節)
  • 悲しみに乾杯(1978年2月25日)
    作詞:なかにし礼、作曲:水谷公生、編曲:佐藤準
    (c/w 春の風)
  • いい人ならばいいけれど(1980年5月25日) デュエット:野川亜美
    作詞:山口洋子、作曲:中村泰士、編曲:竜崎孝路
    (c/w 二人のみなと町)
  • 雨のわかれ(1981年5月21日)
    作詞:ゆうき詩子、作曲:四方章人、編曲:近藤進
    (c/w 戻っておいで)
  • しあわせの法則(2000年)
  • 青春という名の旅人(2003年)
  • しあわせ追いかけて(2006年)
  • 美しい時代をもう一度(2009年)
  • 北のなごり駅(2011年3月16日)
    (c/w 再会)

オリジナル・アルバム[編集]

  1. 雲にのりたい(1969年)
  2. 三田明 ワールド・ヒット・アルバム(1971年9月)
  3. 来た道・寄り道・帰り道(1973年)

ライヴ・アルバム[編集]

  1. 三田 明 リサイタル(1968年)

著書[編集]

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 1964年 第15回「ごめんねチコちゃん」
  • 1965年 第16回「若い翼」
  • 1966年 第17回「恋人ジュリー」
  • 1967年 第18回「夕子の涙」
  • 1968年 第19回「バラの涙」
  • 1969年 第20回「サロマ湖の空」

脚注[編集]

  1. ^ 中条省平編『続・三島由紀夫が死んだ日』p.185、実業之日本社2005年
  2. ^ BIG3(前篇)■合わせて203歳のおそらく最後の"狂宴"■チャンネルNECO
  3. ^ 【み】三田 明(月刊カラオケファン2003年6月号より)合田道人 童謡の謎web site