上原美佐 (1937年生)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
うえはら みさ
上原 美佐
上原 美佐
本名 上原 美佐子(うえはら みさこ)
生年月日 1937年3月26日
没年月日 2003年
出生地 日本の旗 日本福岡県福岡市
職業 女優
ジャンル 映画
活動期間 1958年 - 1960年
活動内容 1958年 東宝
1960年 引退
主な作品
隠し砦の三悪人』(1958年)
日本誕生』(1959年)

上原 美佐(うえはら みさ、1937年3月26日 - 2003年)は、日本の女優福岡県福岡市出身。本名は上原 美佐子(うえはら みさこ)。

経歴[編集]

福岡市立福岡女子高等学校卒業後、文化女子短期大学在学中に『隠し砦の三悪人』で監督の黒澤明にヒロイン役に抜擢されてデビュー。抜擢されたきっかけは、上原が短大在学中に師事した徳川義親のもとを訪れた際に、東宝の社員の目に留まったことにある。1981年の黒澤明・千秋実藤原釜足とのテレビ対談では、名古屋の東宝系の映画館に行った際、東宝の社員に声をかけられた、と本人は語っている。当時、上京の折には徳川義親の家に泊まり、徳川義親の行く先々について回ったため「徳川家の孫娘」と噂されたこともある[1]

黒澤はあくまで上原の「気品と野生の二つの要素がかもしだす異様な雰囲気」[2]のみを評価し、デビューに至った。撮影にあたって、馬術を習い、障害を跳べるまでになった。そのほか、武家の姫らしい身のこなしのために剣道も習った。演技は初めてでまったくの素人だったため、そのつど黒澤が演じてみせ、その通りに従い進めていったという。

きりりとした顔立ちと躍動感溢れる演技で人気を博し、一躍スターとなるが、本人は「私には才能がない。」と2年で引退した[2]

2003年、死去。満67歳没。

出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 内外タイムス文化部編『ゴシップ10年史』(三一新書、1964年)p.63-64
  2. ^ a b 『女優ベスト150 わが青春のアイドル』180-181頁。

参考文献[編集]

  • 文藝春秋編 『女優ベスト150 わが青春のアイドル』 1990年。ISBN 4168116123