上杉景虎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
上杉景虎
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文23年(1554年
死没 天正7年3月24日1579年4月19日
改名 西堂丸または竹王丸[1](幼名)、北条三郎、上杉景虎
別名 出西堂(号)、北条氏秀 三郎[注釈 1]
戒名 徳源院要山浄公
墓所 勝福寺新潟県妙高市
主君 上杉謙信
氏族 後北条氏上杉氏
父母 父:北条氏康、母:遠山康光
養父:北条幻庵上杉謙信
兄弟 新九郎氏政氏照氏邦氏規氏忠景虎氏光桂林院殿武田勝頼継室)、蔵春院殿今川氏真室)、ほか
義兄弟:景勝上条義春山浦国清
正室:北条幻庵
継室:清円院長尾政景娘)
側室:妙徳院(遠山康光義妹)
道満丸、男子、女子、女子
上杉謙信公の銅像(新潟県上越市・春日山城跡)

上杉 景虎(うえすぎ かげとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将北条氏康の七男。母は遠山康光の妹。初めは北条 三郎(ほうじょう さぶろう)と名乗ったと推定される。のちに上杉謙信の養子になる。

生涯[編集]

北条氏時代[編集]

幼少期に箱根早雲寺に預けられて「出西堂」と名乗り、喝食の僧として過ごしていたという。戦国期には相模国後北条氏甲斐国武田氏駿河国今川氏の三者で三国同盟が成立し、武田・北条氏の間では甲相同盟の締結により天文23年(1554年)に武田晴信(信玄)の娘が北条氏康嫡男の氏政に嫁いでいる(『勝山記』)。

甲相同盟は永禄12年(1569年)に一時破綻し、元亀2年(1571年)に再締結されているが、『関八州古戦録』によれば、景虎は甲相同盟の一環として武田家に人質とされていたという。一方で、『関八州古戦録』以外の確実な文書・記録資料においては景虎が人質として武田家にいたことが確認されず、近年では否定的見解が強い。また正確な生年も不明である。

永禄12年(1569年)、大叔父に当たる北条幻庵(長綱)の養子となり、幻庵の娘を妻とする。小机衆を束ね、江戸城の武蔵遠山氏とも近しくしていたとされる。なお北条時代の彼の事跡については北条氏秀と同一視されている可能性がある(後述)。

三郎から景虎へ[編集]

永禄12年(1569年)6月、武田氏の駿河今川領国への侵攻(駿河侵攻)に伴い、北条氏では甲相同盟を手切とし、越後上杉氏との越相同盟が締結された。上杉氏と北条氏は長らく敵対関係にあり、同盟締結に際しては北条氏政の次男・国増丸を上杉謙信へ養子に出すことが決められる[2]

しかし、同盟締結において氏政が国増丸を手放すのを拒んだため(同年10月以前)[注釈 2]、上杉家から代わりの人質を求められる。三郎は同年12月に北条幻庵の養子になったとみられるが、翌永禄13年3月には謙信への養子入りが決まる。この際、謙信の姪(上杉景勝の姉)を三郎に娶らせることが約束される[4]

永禄13年(1570年)4月11日、上野国沼田で謙信と面会し、越後国へ同行する。同月25日、春日山城にて謙信の姪との祝言が行われ、正式に謙信の養子となり、彼の初名でもあった「景虎」の名を与えられる。この際、春日山城三の丸に屋敷を与えられたという[注釈 3]

越相同盟に対し、甲斐武田氏は足利義昭織田信長を通じた上杉氏との和睦や(甲越和与)、佐竹氏ら関東の勢力を迎合して北条氏への牽制を行っており、北条氏においても氏康と氏政の間で越相同盟の維持か甲相同盟の回復かで路線対立があったという。

元亀2年(1571年)の氏康の死去に際して、景虎は小田原へ帰参しているが、まもなく越後へ戻っている[6]。同年12月、家督を相続した兄・氏政は甲相同盟の再締結を行い、これに伴い越相同盟は手切となっているが、景虎は越後へ留まっている[注釈 4]

家督争い[編集]

天正6年(1578年)3月13日、謙信が病没すると、義兄弟の上杉景勝との家督を巡る対立が上杉家の内訌に発展し、御館の乱となる。上杉景信本庄秀綱北条高広らの支持を集め、実家である後北条家とその同盟国である武田家の後ろ盾もあり、当初は景虎が優勢であった。これに対し、景勝側はいち早く春日山城本丸・金蔵を奪取した。5月13日、景虎は妻子らを連れて春日山城を脱出し、城下にある御館(前関東管領である上杉憲政の屋敷)に立て籠もった。北条氏は主力が佐竹・宇都宮連合軍と対陣中だったこともあり、甲相同盟に基づいて武田勝頼に景虎への援軍を打診し、勝頼は同年5月に信越国境まで出兵している。

同年6月に景勝方は勝頼との和睦交渉を開始し、北信地域における上杉領割譲を条件に和睦が成立し、甲越同盟が締結される。6月中に勝頼は越府に着陣すると、景勝と景虎間の調停を開始した。同年8月に景虎と景勝は一時的に和睦するが、8月中に三河国徳川氏が駿河の武田領国へ侵攻すると、勝頼は越後から撤兵し、景虎・景勝間の和睦も破綻する。

翌天正7年(1579年)、雪で北条家からの援軍も望めない中で御館は落城、景虎正室は実弟・景勝による降伏勧告を拒絶して自害し(通説では24歳とされる)、また嫡男・道満丸も上杉憲政に連れられ景勝の陣へと向かう途中に、憲政ともども何者かに殺害された(陰謀説、裏切り説等、これには様々な説がある。また、他の子供達も両親とほぼ同時期に死去したものといわれる)。孤立無援となった景虎は、兄・北条氏政を頼って小田原城に逃れようとした。しかし、その途上において鮫ヶ尾城主・堀江宗親の謀反に遭って、自害を余儀なくされた。享年26とされる。法名は「徳源院要山浄公」。

こうして御館の乱は景勝方が制するが、景虎方の敗北は甲相同盟の破綻に至り、以降の地域情勢にも大きく影響する。

墓所について、『北越軍記』によると常安寺とあるが、実際には常安寺には景虎の墓はないため不明である。また、新潟県妙高市の勝福寺には景虎の供養塔がある。

近年の研究[編集]

  • 謙信は関東管領職、山内上杉家(上杉宗家)当主の跡目を景虎に継がせ、越後国主、越後長尾家当主、上杉宗家当主である景虎の補佐役の一人に景勝を任ずるつもりであったとする説がある。しかしこの他にも、越相同盟後、謙信によって権力強化の進められた景勝を後継者としていたとする説、景虎に関東管領と山内上杉家、景勝に越後国主の座と長尾上杉家(新たに分家させる)をそれぞれに継がせるつもりであったとする家督分権説[注釈 5]など多くの説が存在していて、この議論は未だ決着を見ない。
  • 上杉・長尾一門は代々親族間の抗争が激しく、特に上田長尾家と古志長尾家・府内長尾家は歴史的に対立関係にあった。御館の乱において景虎は、古志家の支持を受けると共に、背後に北条家という強大な勢力が控えていた。他の景虎派には三条城主の神余親綱厩橋城将で北条家との繋がりも強い北条景広などがいる。一方、これに対抗する景勝派には、生家・上田長尾家の配下の上田衆を始め、同じく謙信の養子であった上条政繁山浦国清、謙信政権を支えた直江景綱の養子・直江信綱とその配下の与板衆、下越地方の揚北衆、謙信の重臣斎藤朝信などがいる。また山本寺上杉家、河田氏、柿崎氏など、親子兄弟が分かれて敵対する家もあった。これらについては勝敗の趨勢を見極め、家の安泰をはかるためとの見方が強い。
  • 近年では「北条氏秀」と「上杉景虎」は別人という説[8]が定着している。上杉景虎が越後に赴いた頃、北条氏秀は江戸に存在しており、氏秀は北条綱成の次男であると考えられるからである。上杉景虎が北条氏秀を名乗った証明となる確かな史料も発見されていない。このため、現在では北条時代の景虎を「北条氏秀」ではなく「北条三郎」と表記するのが一般的である。なお、北条時代の彼が三郎を称していたとする説にも異論があり、三郎のように「○郎」とする通称は、関東管領を務めた謙信以前の山内上杉家一族がよく用いたもので(例:上杉憲実の「四郎」、上杉憲政の「五郎」等)、景虎の「三郎」と云う通称はこの流れを汲んでのものと見て謙信養子入り後とする主張もある。ただし北条家に置いても○郎という通称の者は数多くいる[注釈 6]

系譜[編集]

  • 正室:北条幻庵娘(越相同盟時に離縁。後に北条氏光と結婚)
  • 継室:清円院長尾政景娘)
    • 道満丸(戒名:道満童子)
    • 男(戒名:源桃童子)
    • 女(戒名:還郷童女)
  • 側室:妙徳院(遠山康光娘)

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 資料によっては上杉景虎のもとの名を北条氏秀としているが、北条綱成の一門とされる北条氏秀と混同したものと思われる。本項目の近年の研究を参照。
  2. ^ 「五歳、六歳二候を、手元を可引離儀、親子之憐愍」[3]
  3. ^ 三の丸に屋敷を与えられたとする説がよく知られるが、『関八州古戦録』では二の丸とされている。しかし、近年の研究では御館の乱から撤退する蘆名兵が平等寺薬師堂に残した落書から、景虎屋敷は春日山城内ではなく春日の町にあった可能性が指摘される[5]
  4. ^ 越相同盟の手切後も景虎が上杉家にとどまっている理由については不明であるが、上杉氏と北条氏は北関東・上野において長らく抗争を繰り広げており、黒田基樹は北条氏が上野への支配権を残しておくための措置ではないかという可能性を指摘している。
  5. ^ 朝廷が直接関東管領を任じる事案が発生した室町時代後期以降、関東管領職が官職と同一に扱われたため山内上杉家当主は他の官職や官途名を受けなかったとする木下聡の説があるが、同説によれば越後長尾氏から山内上杉家に入ったために関東管領でありながら弾正少弼の官途名を持っていた上杉謙信(関東管領就任以降は同職の慣例に従って任官を受けていない。なお、同様の先例としては上杉房顕があげられる)は天正3年(1575年)に景勝に弾正少弼を譲ったのに対し、景虎が三郎の仮名のままであったのは景虎に関東管領・山内上杉家を継承させる予定であったからとしている[7]
  6. ^ 山内上杉家嫡男の通称はほとんどが四郎もしくは五郎であり、山内上杉家として通称を変えたのであれば何故四郎や五郎ではなく三郎なのか、また謙信が関東管領職を継いだあとも弾正少弼の官途を用いて通称を変更した形跡(山内上杉は官途より四郎、五郎の通称を優先して用いる傾向がある。)がない等の指摘もあり、通説には至っていない。小田原北条記には北条幻庵(通称:三郎)に養子入りした際に元服して三郎と名付けられたという記述がある。また永禄年間に北条氏康が出した「三郎殿」宛ての書状をのちに上杉景虎となる北条三郎宛てのものであるとする説もある。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『系図纂要』
  2. ^ 北条氏康・同氏政父子連署状(上杉博物館蔵)(新潟県立歴史博物館 2001, p. 35(写真掲載))
  3. ^ 『上越市史』上杉氏文書集1、817号
  4. ^ 『上杉氏文書』
  5. ^ 高志書院『上杉氏年表』P30
  6. ^ 『謙信軍記』
  7. ^ 木下聡「山内上杉氏における官途と関東管領職の問題」(初出:『日本歴史』第685号、2005年/所収:黒田基樹 編著『シリーズ・中世関東武士の研究 第一二巻 山内上杉氏』(戒光祥出版、2014年)ISBN 978-4-86403-108-0)
  8. ^ 長塚孝「北条氏秀と上杉景虎」(『戦国史研究』第12号、1986年)

参考文献[編集]

  • 今福匡『上杉景虎―謙信後継を狙った反主流派の盟主』(2011年、宮帯出版社
  • 伊東潤・乃至政彦『戦国関東史と御館の乱 上杉景虎敗北の歴史的意味とは?』(2011年、洋泉社
  • 黒田基樹・浅倉直美編『北条氏康の子供たち』(2015年、宮帯出版社、ISBN 978-4-8016-0017-1
  • 新潟県立歴史博物館編 『よみがえる上杉文化:上杉謙信とその時代』 新潟県立歴史博物館〈新潟県立歴史博物館開館一周年記念展〉、2001年 

上杉景虎を題材とする作品[編集]