世界のうめざわ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
世界のうめざわ
本名 梅沢 佳一(うめざわ よしかず)
生年月日 (1972-05-04) 1972年5月4日(44歳)
出身地 日本の旗 日本東京都板橋区
師匠 Wエース
コンビ名 楽天(1999年 - 2004年)
オレンジパッション(2004年)
Wリンダ(2013年 - )
相方 花(オレンジパッション)
赤江謙一(楽天・Wリンダ)
事務所 ライトハウスエンターテイメント
活動時期 1999年4月 -

世界のうめざわ(せかいのうめざわ、1972年5月4日 - )は、日本お笑い芸人である。男性。本名、梅沢 佳一(うめざわ よしかず)。

東京都板橋区出身。ライトハウス エンタテインメント所属。旧芸名はうめWエースの門下生である。

来歴・人物[編集]

芸人になる前は、音楽専門学校でドラムを専攻[1]。サンミュージックに所属していた2002年日本テレビ系列のバラエティ番組進ぬ!電波少年』の企画「電波少年的ペナントレース」の広島東洋カープファンの芸人としてレギュラー出演した。元々は「楽天」というコンビで活動していたが2004年に解散し、新コンビ「オレンジパッション」を結成したがすぐに解散。以降はソロで活動する。なお、芸名は芸人仲間に「世界観があるから」と言う理由で名付けられたとのことで、世界のナベアツ(桂三度)と芸名が「世界の - 」で同じになったのは「たまたまで、パクってはいない」という[2]。32歳頃まで司法試験予備校の事務職員、また将棋アマ4段の資格を生かす形で将棋道場などでもアルバイトをしていた[1]

2007年の10月20日から長井秀和の代理で、だいたひかると隔週担当でバラエティ番組『エンタの神様』にトップに出演。「そう思う」ものとして、羽織袴にモヒカン頭の奇抜な格好で、著名人などの言動を風刺した。2008年内をもって代理出演終了。

現在は司会業の傍らで漫談もこなす。また西口プロレスにもレスラーとして参戦。キャッチフレーズは「真っ白い猛牛」 。必殺技は本人曰く「股裂き、顔面かきむしり、胴締め、首4の字」とのこと[3]

いつもここからの山田一成、今泉稔ヒロシと「ハートせつなく[4]というバンドを組んでいる(ドラム担当)。 新バンド「侵略的外来種」をヒロシたなみんと結成。結成からの過程をついきゃすにて不定期放送中。その後THE BLUE HEARTSTHE HIGH-LOWSのコピーバンド[5]「デメキン公民館」でもドラムを担当[3]

趣味は野球、将棋(アマ4段)。魚類にも詳しく「お魚検定2級」の資格も持っている[3]

2013年に「楽天」時代の相方、赤江謙一と再び活動開始。新コンビ名は“Wリンダ”。漫才協会に入る。

エピソード[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]