並木五瓶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

並木 五瓶(なみき ごへい)は、歌舞伎狂言作者の名跡

  • 初代 並木五瓶
    • 並木正三の門下、1747–1808。実家は大坂道修町和泉屋。大坂で実績を積んだのち、寛政6年(1794年)三代目澤村宗十郎の推挙で江戸に下り、時代物世話物に優れた作品を残す。単に「並木五瓶」と言うと、通常はこの初代並木五瓶のことをさす。
    • 並木吾八(五八、呉八)→ 並木五兵衛 → 初代並木五瓶
    • 代表作:『五大力恋緘』(五大力)、 『富岡恋山開』(二人新兵衛)、 『隅田春妓女容性』(梅の由兵衛)、 『傾城黄金鯱』(こがねのしゃちほこ)、 楼門五三桐』(山門)
  • 二代目 並木五瓶
    • 初代の門人、1768–1819。実家は武家。
    • 初代篠田金治 → 二代目並木五瓶
    • 代表作:長唄『遅桜手爾葉七字』(橋弁慶)
  • 三代目 並木五瓶
    • 二代目の門人、1789–1855。
    • 篠田惣六 → 二代目篠田金治 → 三代目並木五瓶
    • 代表作:『勧進帳
  • 四代目 並木五瓶
    • 三代目の子、1829–1901。芝居台帳の蒐集家として知られる。
    • 篠田全治 → 三代目篠田金治 → 並木五柳 → 四代目並木五瓶
    • (立作者にならなかった)