中山祐一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

中山祐一朗(なかやま ゆういちろう、1970年9月9日 - )は、日本の俳優岐阜県可児市出身、ドイツ帰国子女。演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」所属。所属事務所はゴーチ・ブラザーズ

明治大学の演劇サークル「騒動舎」を経て、1995年「iOJO!」を結成、1997年に退団。 阿佐ヶ谷スパイダースへは1998年『SPIDERS LIMITED』以降の全公演に出演。正式加入は2001年の『ライヒ』より。 ほんわかした雰囲気の中に、時折見せる狂気が持ち味。

主な作品[編集]

舞台[編集]

  • 1998年
    • 阿佐ヶ谷スパイダース 『SPIDERS LIMITED』
    • 阿佐ヶ谷スパイダース 『鮫'98』
  • 1999年
    • 阿佐ヶ谷スパイダース 『メロディ』
    • 阿佐ヶ谷スパイダース 『綺麗』
    • 阿佐ヶ谷スパイダース 『スキャンティ・クラシッコ』
  • 2000年
    • 阿佐ヶ谷スパイダース 『イヌの日』
  • 2001年
    • 阿佐ヶ谷スパイダース 『ライヒ』
    • 長塚JESUS 『テキサス~』
    • KERA MAP 『暗い冒険』
    • 阿佐ヶ谷スパイダース 『日本の女』
  • 2002年
    • 阿佐ヶ谷スパイダース 『十字架』
    • パルコ・リコモーションプロデュース 『ダブリンの鐘つきカビ人間』
    • 阿佐ヶ谷スパイダース 『ポルノ』
    • パルコプロデュース 『マイ・ロックンロール・スター』
  • 2003年
    • パルコ・リコモーションプロデュース 『人間風車』
    • ペンギンプルペイルパイルズ 『ドリルの上の兄妹』
    • 阿佐ヶ谷スパイダース 『みつばち』
    • パルコプロデュース 『ウィー・トーマス』
    • 阿佐ヶ谷スパイダース 『ともだちが来た』(演出)
  • 2004年
    • 阿佐ヶ谷スパイダース 『はたらくおとこ』
    • ヴィレッヂプロデュース 『真昼のビッチ ~The Bitch Shouts in the Midday.~』
    • G2プロデュース 『痛くなるまで目に入れろ』
    • パルコプロデュース 『ピローマン』
  • 2005年
    • 阿佐ヶ谷スパイダース 『悪魔の唄』
    • パルコプロデュース 『LAST SHOW -ラストショウ-』
    • damim 『ハイキングフォーヒューマンライフ』
    • パルコ・リコモーションプロデュース 『ダブリンの鐘つきカビ人間』
  • 2006年
    • 阿佐ヶ谷スパイダース 『桜飛沫』
    • 『Myth』
    • WOWOW presents 『小鹿物語』
    • 阿佐ヶ谷スパイダース 『イヌの日』
  • 2007年
    • 『殺人者』
    • 阿佐ヶ谷スパイダース 『少女とガソリン』
    • 『ドラクル GOD FEARING DRACUL』
    • NODA・MAP第13回公演『キル』
  • 2008年
  • 2009年
    • wat mayhem『パンク侍、斬られて候』
    • ニッポン放送開局55周年記念公演 舞台『キサラギ
    • パルコプロデュース『斎藤幸子』
    • 猫のホテルpresents 『ザ ベスト オブ 表現・さわやか』
    • PATHOS PACK『ユエナキ子』
  • 2011年
    • 阿佐ヶ谷スパイダース『荒野に立つ』(シアタートラム)
    • ヨーロッパ企画『ロベルトの操縦』
  • 2012年
    • 『日々の暮し方』(あうるすぽっと)

映画[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

  • 2004年
    • TV-CM NHK 『BSドラマティックアート』(番組宣伝)
  • 2005年
    • TV・WEB-CM 『goo~知りたい男篇~』D/山内健司
    • TV-CM 『エイブル』
  • 2009年
    • TV-CM 『アーモンドプレミオ』

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「Go!Go!家電男子」公式ホームページ”. 2013年6月20日閲覧。