中川梨絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

中川 梨絵(なかがわ りえ、1948年8月13日 - 2016年6月14日)は、日本女優。本名:長谷川栄(旧姓:中川)。東京都台東区出身。

来歴[編集]

東京都立田園調布高等学校卒業。

幼い頃から子役として活躍し、5歳の時に『藤娘』で初舞台。NHKの人気ドラマ『ホームラン教室』『お笑い三人組』などに出演した。

高校卒業後の1967年に東宝に入社し、芸名を中川さかゆとして成瀬巳喜男監督の『乱れ雲』でデビュー。続いて1968年に『年ごろ』などに出演するが芽が出ず、東宝を退社した。

1971年にロマンポルノ路線に転じた日活に入社、『OL日記・牝猫の匂い』、『花弁のしずく』、『OL日記・牝猫の情事』、『エロスの誘惑』、『恋人たちは濡れた』、『(秘)女郎責め地獄』、『女地獄・森は濡れた』などに出演し、一躍、女優として花開いた。

1974年には日活を離れ、ATGの『竜馬暗殺』や東映の『実録飛車角・狼どもの仁義』に出演、以後は『喜劇女の泣きどころ』(松竹)、『歌麿 夢と知りせば』(ATG)、『日蓮』(永田プロ/松竹)、『湯殿山麓呪い村』(角川映画)、『ラブホテル』(にっかつ)などに出演。2000年代に入り、『ニワトリはハダシだ』に出演した。

2016年6月14日、肺がんのため死去した[1]。67歳没。


脚注[編集]