中川紀元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

中川 紀元(なかがわ きげん、1892年明治25年)2月11日 - 1972年昭和47年)2月9日)は、日本の画家である。旧姓は有賀、本名は紀元次。

略歴[編集]

長野県上伊那郡朝日村(現辰野町樋口)出身。長野県立諏訪中学校(現長野県諏訪清陵高等学校)卒、東京美術学校(現東京藝術大学)彫刻科入学。中退後、太平洋画会研究所、本郷研究所へ通い洋画に転向、藤島武二にデッサンの指導を受け、また、二科会の重鎮であった石井柏亭正宗得三郎にも師事。1915年、第2回二科展に初入選。1919年にはフランスへ渡り、マティスに師事。1920年に「ロダンの家」等で樗牛賞を受賞、帰国後滞欧作7点を出品し二科賞を受賞。1922年、古賀春江らとアクションを結成。1930年、中村岳陵ら日本画家たちと六潮会を結成。二科会解散後、熊谷守一らと二紀会を結成。文化学院講師、帝国美術学校(現武蔵野美術大学)教授。1964年、日本芸術院恩賜賞受賞。

著書・画集[編集]

  • マチスの人と作』世界現代作家選 日本美術学院 1922
  • ピカソ立体派』世界現代作家選 日本美術学院 1922
  • 『美術と圖畫』興文社 小學生全集 1929
  • 『西洋画通』四六書院 通叢書 1930
  • 『慈容三態』加藤版画研究所 1941
  • 『随筆集世路のシミ』天理時報社 1941
  • 『絵をみる目』生活社 1942
  • 『画室のひとりごと』生活社 日本叢書 1946
  • 『中川紀元画集』弦田平八郎解説 信濃毎日新聞社 1982

共編著[編集]

  • 『裸体デッサン』編 中央美術社 1923
  • 『素描選集』川端龍子共編 中央美術社 1925
  • 『美術家を志す人のために』横川毅一郎共著 現人社 1933

関連項目[編集]