中日スポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
中日スポーツ
Chunichi Shimbun Headquarters.jpg
中日スポーツ発行元の中日新聞本社
種類 日刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 株式会社中日新聞社中日スポーツ総局
本社 〒460-8511愛知県名古屋市中区三の丸一丁目6番1号
代表者 小出宣昭
創刊 1950年3月17日
前身 中日ウィークリー
言語 日本語
価格 1部 120円
月極 2,726円
ウェブサイト http://www.chunichi.co.jp/chuspo/
テンプレートを表示

中日スポーツ(ちゅうにちスポーツ)は、中日新聞社発行の日本の東海・北陸地方を主な販売地域とする日刊スポーツ新聞である。1954年(昭和29年)2月25日創刊。略称中スポ(ちゅうスポ)[1]。発行部数は45万853部(2013年7-12月、ABCレポート)。

概略[編集]

歴史[編集]

  • 当時、中部日本新聞(現:中日新聞)では、プロ野球関係の記事については「中日ウィークリー」〔1948年(昭和23年)9月3日・発刊〕で掲載していたが、プロ野球がによる2リーグ制に移行したのを機に、1950年(昭和25年)3月17日に週刊紙(タブロイド紙。8ページ。10円)として独立した。1面を写真で見せたほか、プロ野球の戦評・サイドニュース、競輪競馬記事なども独立させ、その当時中部地区へ進出を狙っていた東西の各スポーツ紙の出ばなをくじく事になった。
1953年(昭和28年)から日刊紙へ移行する計画が練られていたが、広告スポンサーが集まらず、最後まで日刊紙計画を阻んでいた。しかし当時の三晃社社長の松波金弥が広告を全て買い切ったことが、日刊紙への足がかりとなった[2]
  • 1954年(昭和29年)2月1日、当時の旧社屋にあった編集局の西側に「中日スポーツ編集部」が12人体制で発足、全国の日刊スポーツ紙では6番目の「中日スポーツ」が誕生した。ページ数も4ページ(中日スポーツとしての創刊年月日より)→6ページ〔1958年(昭和33年)4月1日〜〕→8ページ〔1962年(昭和37年)4月1日〜〕と年を追うごとに増やしていく。
  • 1962年10月1日、新聞業界初の事業部制実施を機に、編集局の「中日スポーツ編集部」→現在の「中日スポーツ総局」へ昇格し、同日より読者の要望に応える紙面刷新を行う。
1964年(昭和39年)4月1日からは10ページに増やす。

販売エリア[編集]

東海地方愛知県岐阜県三重県静岡県)、北陸地方富山県石川県福井県)の全域だが、滋賀県長野県京都府の一部地域も販売エリアである。

紙面構成[編集]

1面トップ及び2〜3面は、ほぼ毎日のように子会社である中日ドラゴンズの記事を中心に掲載している[12]。勝利した翌日はもちろん、敗戦・引分けした翌日も、試合がなかった翌日も、そしてシーズンオフの時期も、他ジャンルで重大な話題が出てこない限り原則ドラゴンズ一面にこだわる。このため、東海地方を中心とする多くのドラゴンズファンが愛読している。1993年からは倉橋寛によるおれたちゃドラゴンズを掲載している[13]サッカーでは中日新聞社が出資参加している名古屋グランパスエイトを中心にした記事が多いが、他に販売エリア内に本拠地を置くジュビロ磐田FC岐阜関連の記事も掲載される。バスケットボールではJPBLに所属する名古屋ダイヤモンドドルフィンズシーホース三河及び豊田通商ファイティングイーグルス名古屋B3.LEAGUEに所属する豊田合成スコーピオンズアイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城(全て愛知県内が本拠地)、及びWリーグトヨタ自動車アンテロープスアイシン・エィ・ダブリュ ウィングス、さらにデンソーアイリス(全て愛知県内が本拠地)の記事は掲載されるが、同様に販売エリア内に本拠地を置くJPBL浜松・東三河→三遠ネオ・フェニックス関連の記事は、2010年初頭までは掲載されなかった。

「販売エリアである中部地方出身のスポーツ選手・チームを応援する」というスタンスの記事作りが心がけられており、高橋尚子(岐阜出身、中日新聞客員)を広告キャラクターに用いたり[14]イチロー(愛知出身)や松井秀喜(石川出身)(メジャーリーグ進出後ではあるが)、マラソン野口みずき(三重出身)やいずれもフィギュアスケート中野友加里安藤美姫浅田舞真央姉妹(全員愛知出身)といったアスリートの応援記事を書いている。

2005年秋以降、地元志向を一層強烈に打ち出すようになり、同年11月15日付では自社主催事業ながら軟式野球大会の結果を一面トップとした。

中央競馬面については従来、中京従場開催(主に3月・12月)以外の西日本主場及び中京従場開催の全レースとそれ以外の特別・最終レースの馬柱を掲載していたが、2012年6月30日付からは、開催場全レース(最大36レース)の馬柱を掲載を開始した。紙面構成上の都合で、他の大手スポーツ紙では主流の「レース面のみ抜き取り」がほとんど不可能で、メインレースにおいてもカラー化されていない。なお、2015年10月31日付以降のG1ウィークの土・日限定で中央競馬面を別刷り日刊スポーツの西日本エリアと同様)にし、紙面内容を充実して届けている。但し、本紙(スポーツ・中央競馬以外の公営競技・テレビ面・芸能など)と区分けするために、別刷りのページ数を数字の「1・2・3…」ではなくアルファベットの「A・B・C…」に代えてある。[15]

芸能面ではジャニーズ事務所関連の記事が多く、モータースポーツをテーマとした近藤真彦長野博堂本光一の連載コラムも掲載されている。

以前は最終面をテレビ欄に当てたが、2003年春以降は最終面の前の見開き2ページで掲載しており、右面に当該地域のテレビ欄を(ドラマ映画の番組欄には2行の解説記事を掲載)、また左面にはテレビ番組の解説とラジオ、BSデジタル、衛星放送(J SPORTS)の番組を掲載しており、最終面はニュース面(ダブル1面 主として芸能関連)としていた。しかし2008年3月下旬に行われた紙面刷新で、最終面を再びテレビ欄に戻し(休刊日前日は全面広告となり、中面2面分に2日分のテレビ欄を掲載)[16]、テレビ解説とBS等は最終面の前の芸能面と新設の特報面よりさらに手前の頁に掲載されるようになった。日刊スポーツの大阪・名古屋・西部版も最終面はテレビ欄が掲載されていたが、日刊が2011年4月の紙面刷新で最終面がダブル1面になったため、中日スポーツが日本のスポーツ紙で唯一、最終面は一般紙と同様にテレビ欄である。

主に2面に掲載される「きょうのプロ野球」の欄には当日の対戦カード、予告先発に加え、カードごとに東海地方で視聴可能なTV(BS・CS含む)、ラジオの局名、放送開始時刻(中日戦の場合は解説者)も表記される。

他紙があまり扱うことのなかったモータースポーツ関連の記事を、F1ブームが起こる前より掲載している(姉妹紙『東京中日スポーツ』も同様)。前述の2008年3月の紙面刷新で、『東京中日スポーツ』に掲載している「F1 EXPRESS」(2009年3月より「MOTOR EXPRESS」に改題)面が、本紙においてもほぼ同じ内容で掲載されるようになった(以前は独自編集の記事だった)。

家庭で安心して読めるスポーツ新聞を基本理念にしているため、風俗店などの広告は掲載しているものの、駅売り版・宅配版ともアダルト面は設けていない(この事もあり、創刊当初からスポーツ紙でありながら、宅配件数は全国でも有数)。

創刊以来、題字ロゴの形式を一度も変えていない。他紙が題字をやや左に寄せて、右端に1頁の大見出しを出しているが、中スポの場合、創刊当初から1990年代序盤までは1頁上段右端に題字を載せ、左側に広告や主要記事目次(3項目程度)を載せて、その下に1面大見出しを掲載していた。その後、他紙同様題字をやや左にずらし、右端上段から大見出しを出すようになっていった。

現在は『中スポ』(赤地白文字で120円と記してある)を1頁右端に出し、『中日スポーツ』は左端に小さく出ている(東京中日スポーツ<東京本社>もほぼ同じようなデザイン形態である)。目次は「中スポ」の文字の下に入れている。また現在の小サイズの題字になる前まで(概ね2000年代前半まで)は「中日スポーツ」の上に「ス」を挟む形で白抜き文字「THE CHUNICHI SPORTS」を入れていた。

姉妹紙・関連紙[編集]

中日スポーツの紙面には、「東京へ行ったら 東京中日スポーツ」という小さな広告が載っており、逆に東京中日スポーツの紙面には「名古屋へ行ったら 中日スポーツ」という同様の広告が載っている(どちらも記事などの都合でこの広告が載らない日もある)。

番組表[編集]

放送局末尾の数字はリモコンキーID

最終面[編集]

  • 2011年10月のBSデジタル放送のチャンネル追加に伴い、これまで中面に4分の1サイズで掲載していた民放BS局の内、主要6局が最終面に移動し、ハーフサイズに拡大された。
広域(愛知・岐阜・三重)
長野 
静岡
BSのサイズ・配置は不明。
北陸(石川・富山)
福滋(福井・滋賀)

中面[編集]

  • 番組解説、ラジオ(AMおよびFM)およびBSの番組表を掲載。なお、ラジオ以外は各地域共通サイズ。
  • 番組解説においては、番組名・名古屋での放送局・時間を書いた後に東京静岡長野大阪石川富山福井の順でネット局を掲載している。

ただし、テレビ愛知で放送されるテレビ東京系列の番組で、テレビ大阪びわ湖放送独立UHF放送局)で放映される場合でも、「テレビ大阪」「びわ湖放送」の表示はない。また、テレビ東京の番組であっても、ぎふチャン、三重テレビで放送される場合は掲載される。

BS[編集]

ラジオ[編集]

広域
長野 
静岡
北陸
福滋

競技別解説者[編集]

野球解説者(2016年現在)[編集]

一部を除き、系列の東京中日スポーツの評論家を兼任しているので、便宜上名古屋本部・東京本社ごとに分けて記載する

名古屋本部担当[編集]

東京本社担当[編集]

サッカー解説者(2012年現在)[編集]

競馬解説者(競馬担当記者)[編集]

  • 落合成年(CTV中央競馬実況中継解説者)
  • 草野武志KEIBA BEAT・中京編解説者、グリーンチャンネルパドック〔中京開催分〕解説者)
  • 山田数夫(KEIBA BEAT・中京編解説者、グリーンチャンネルパドック〔中京開催分〕解説者)
  • 大野英樹(グリーンチャンネルパドック〔中京開催分〕解説者)
  • 黒柳勝博(KEIBA BEAT・中京編解説者、グリーンチャンネルパドック〔中京開催分〕解説者)
  • 若原隆宏(獣医師でもあり、アカデミックな切り口のコラム「競馬は科学だ」(毎週金曜)、「馬券は科学だ」(開催日の予想)を連載中。グリーンチャンネルパドック〔関西主場開催分〕解説者、トラックマンTV出演[18]

その他競技解説者[編集]

コラム[編集]

セブンデイズ[編集]

2008年3月までは「セブンアイ」のタイトルで連載されていた。毎日日替わりで各界の著名人によって執筆されている。東京中日スポーツでも連載されている。

現在の執筆者[編集]

過去の執筆者[編集]

私は見た![編集]

作家・高橋治大相撲に関するコラム。1990年から2012年まで大相撲の本場所開催中は毎日掲載された。東京中日スポーツでも同様に本場所開催中に毎日掲載。

広告[編集]

CMについて[編集]

  • 東海地方でシェアが多いことなどから、中日新聞同様に頻繁にCMは放送されていない。
  • 過去には、地元民放ラジオ局の東海ラジオCBCラジオFM愛知でラジオCMが放送されていたが、現在は放送されていない。
  • 現在放映されているTVCMに関しては、数種類のCMの内容は10年近く変っていないほか、過去に中日ドラゴンズに在籍していた福留孝介ナゴヤドームで放ったサヨナラホームランの紙面を使用しているCMもあった。また競馬で1979年日本ダービーカツラノハイセイコが優勝)の写真を用いたCMも長年に渡って使用していた。
提供番組
取材協力・協賛

広告その他[編集]

  • ナゴヤドーム - 天井に近い部分にある、広告ポイント(ナゴヤドームをほぼ1周している部分)

発行所[編集]

  • 郵便番号460-8511 名古屋市中区三の丸一丁目6番1号 中日新聞名古屋本社内

印刷拠点[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京スポーツ新聞社が東海地区で発行する「中京スポーツ」は略称は「中スポ」ではなく「中京スポ」である。
  2. ^ 中日新聞三十年史・発行当時の鈴木副社長(日刊紙計画当時は編集局長)談より。
  3. ^ 中日新聞三十年史〔1972年(昭和47年)12月1日・発行〕より
  4. ^ 阪神三宮駅高速神戸駅の駅売店など
  5. ^ 堂島紀陽銀行ビル内<休日は除く>
  6. ^ 名古屋市内・近郊向けの紙面。かつては早版〔3版〕を発売していた。
  7. ^ 参考写真・1980年8月10日付
  8. ^ 北陸中日の一部、北国新聞で印刷 来秋目標に委託
  9. ^ 北陸本社発行で、テレビ・ラジオ欄のみ差し替え。
  10. ^ ただし、伊豆の一部地域では東京中日スポーツのみ。
  11. ^ 山梨県の一部地域・新潟県のほとんどの地域は、東京新聞を含め、中日新聞社の販売エリア外である。
  12. ^ スポーツ報知読売ジャイアンツをトップに採り上げるのと同じ
  13. ^ エピソードなど詳細は倉橋のページを参照のこと。関連本も販売されている。
  14. ^ ちなみに高橋がシドニーオリンピック女子マラソンで金メダルを獲得した翌日の中日スポーツは、1面から7面まで高橋の記事で埋まり、同日にセ・リーグ優勝を決めた読売ジャイアンツに関する記事は9面下方にモノクロ写真付の2行記事で掲載されただけ(中日ドラゴンズに勝利して優勝を決定したという要因も大きい)であった。
  15. ^ 2015年10月25日 お知らせ[1]
  16. ^ 大きなスポーツイベントや重大な事件・事故を報じる場合など、不定期でダブル1面にする場合もある。
  17. ^ 左にAMとFMを区切るように東海ラジオの広告枠(プロ野球シーズン中東海ラジオ ガッツナイターの中継カードの紹介。不定期で尾張温泉や下呂温泉湯元館の広告も掲載される)がある。
  18. ^ グリーンチャンネル出演時は当初役作りとして白衣姿で登場していた。

関連項目[編集]