中本賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
なかもと けん
中本 賢
本名 中本 賢
別名義 アパッチけん
生年月日 (1956-06-05) 1956年6月5日(60歳)
出生地 日本の旗 日本東京都台東区浅草
身長 176cm
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1970年代 -
配偶者 あり
著名な家族 息子
主な作品
テレビドラマ
炎立つ
下町ロケット
映画
釣りバカ日誌』シリーズ

中本 賢(なかもと けん、1956年6月5日 - )は、日本俳優東京都台東区浅草出身。愛称及び旧芸名「アパッチけん」。オフィスPSC所属。

来歴・人物[編集]

石川島工業高等学校卒業[1]。『ぎんざNOW!』の「素人コメディアン道場」で優勝したのがきっかけで芸能界入り。

当初はアパッチけん名義で、1975年から1980年までは同じ優勝者仲間の清水アキラ、佐藤金造(現・桜金造)、アゴいさむ(現・あご勇)、鈴木末吉(現・鈴木寿永吉)らとコメディグループ「ザ・ハンダース」のメンバーとして活動。中でも、ものまねを取り入れたコミックソング「ハンダースの想い出の渚」は30万枚を売り上げたヒット曲となり、有線大賞新人賞を受賞。

1990年に本名に戻した。

解散前後あたりから俳優としての活動も行い、テレビドラマ版『幸福の黄色いハンカチ』に出演。これを皮切りに、解散後は松竹映画に多く出演し、特に『釣りバカ日誌』シリーズでのハマちゃんの隣人・太田八郎役としてレギュラー出演したことは広く知られている。

ものまね時代には五木ひろしに顔が似ており、ネタにしていた(その後、実際に兄弟役で共演したこともある[2])。

アウトドア番組の出演も増えるようになった。

多摩川の近傍に転居した後に、多摩川の再生活動に取り組むようになり、『多摩川塾』と題して少年少女たちに多摩川での川遊びを教えたり、多摩川に棲息する生物たちを観察させるなどの環境保護の活動を続けている[3]

2008年には川崎市教育委員に任命され[4]、小学校での環境保護の授業も受け持っている[3]。ところが、2015年は「撮影多忙」を理由に25回の会議のうち11回を欠席していたことが判明。教育委員は無給ではなく、出欠の如何にかかわらず、月27万9千円の報酬が支払われている[5]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

著書[編集]

  • 『くもりのちハーレー』1986年、翼書院、ISBN 4-924475-20-3
  • 『男はいつでも半ズボン―アウトドアお父さん奮戦記』1993年、実業之日本社、ISBN 4408610763
  • 『中本賢の親子のアウトドア』1994年、ぶんか社、〈入門以前シリーズ〉、ISBN 4821104903
  • 『Let's ドン・キホーテ 自然はみんなの感動地帯』1994年、七賢出版、ISBN 4883041638[6]
  • 『ガサガサ:多摩川自然遊び』1999年、婦人画報社、ISBN 4-573-21048-2
  • 『ガサガサ探検隊。』2002年、つり人社、ISBN 4-88536-498-1

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.553
  2. ^ 金曜エンタテイメント『熱血ド演歌分校先生の事件通信簿 熱血!イノシシ先生の事件通信簿』で五木が演じる主人公の猪沢慎太郎の弟役。
  3. ^ a b 多摩川で川遊び 俳優/中本賢さん 朝日新聞社 『定年時代』 横浜/川崎版 平成21年2月号
  4. ^ 2008年10月6日、読売新聞2面「顔」
  5. ^ 川崎市教育委員の俳優、会議4割欠席 「ドラマで多忙」 朝日新聞2016年3月1日
  6. ^ 国立国会図書館書誌情報には著者として名前が明示されていないが、所属事務所のプロフィールに紹介されている