中村文弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
なかむら ぶんや
中村 文弥
生年月日 (1946-01-10) 1946年1月10日
没年月日 (2001-01-17) 2001年1月17日(満55歳没)
出生地 埼玉県
国籍 日本の旗 日本
職業 俳優、スーツアクター
ジャンル 特撮
活動期間 1969年 - 1979年
主な作品
仮面ライダーシリーズ
変身忍者 嵐
超人バロム・1
イナズマン
秘密戦隊ゴレンジャー
ザ・カゲスター
備考
大野剣友会メンバー

中村 文弥(なかむら ぶんや、1946年1月10日[1]2001年1月17日[2][3])は、日本俳優スタントマンスーツアクター。主に特撮テレビドラマを中心に活躍した。愛称は「ブン」。

来歴[編集]

埼玉県出身[3]1963年(昭和38年)、亡き母の影響で演劇を志し、17歳で東京小劇場に入る。のち新劇に参加。

1966年(昭和41年)、20歳。大野剣友会に入会、大野幸太郎に師事、立ち回りなどを習う。

大野剣友会では、剣技に関して群を抜く腕前で、高橋一俊と共に殺陣の指導をするまでになった。剣友会のもと、舞台や各種アトラクション、テレビドラマに関わる。

1969年(昭和44年)、23歳。『柔道一直線』(TBS)で役者デビュー。以降、アクションスタントを中心にテレビドラマ、映画などで活躍。

1971年(昭和46年)、25歳。『仮面ライダー』(毎日放送)で剣友会がアクションを担当、戦闘員役で第1話から出演。怪人のスーツアクターも務める。

『仮面ライダー』では第14話以降、「仮面ライダー2号」のメインスーツアクターを務めた。2号の衣装は、それまで使っていた1号をリペイントなどして使用したもので、マスクも藤岡弘に合せて作られたものだった。このため中村と、もう一人の剣友会メンバーの飯塚実の演じた2号は、スマートな藤岡ライダーに比べてがっちりとしていて、顔の輪郭のせいで顎のクラッシャー部分が「妙にえらが張っている」ように見える。これは生前の中村もしばしば話題にしていたエピソードだった。

時代劇中心だった剣友会が、『仮面ライダー』で急にヒーローアクションを請けることになって、中村は「最初は戸惑った」と語っている。が、仮面を着けた芝居であっても、中では必ず喜怒哀楽の表情を心がけたとのことで、岡田勝中屋敷鉄也ら後輩は、「なんといっても、面を着けての感情を持たせた演技は中村さんが一番うまかった」と口を揃えている。

同年、新聞のコラムに『ヒーローの素顔』として特集が組まれ、「変身後を演じるスタントマン」として『帰ってきたウルトラマン』の菊池英一、『宇宙猿人ゴリ(スペクトルマン)』の上西弘次、そして『仮面ライダー』の中村の素顔が写真入りで紹介された。

1972年(昭和47年)、26歳。『変身忍者 嵐』(毎日放送)で「嵐」役を担当。

『変身忍者 嵐』では、通常の時代劇では袴や着物の裾で隠れる下半身が、タイツスーツのためごまかせず、重心を落とした殺陣の基本形を常に意識させられ、苦労したと語っている。同作は時代劇であり、中村が得意とする剣戟の本領を発揮した、代表作とも言える作品である。

同年、「週刊少年マガジン」の特集記事として剣友会特集が組まれ、後楽園ゆうえんちでの仮面ライダーショーの楽屋裏で煙草を一服している中村の写真が表紙に使われている。

同年、日本テレビが『突撃! ヒューマン!!』の岩城淳一郎/ヒューマン役を中村に打診。同番組は『仮面ライダー』が裏番組になる予定で、局側としても「打倒・仮面ライダー」との意気込みでのオファーだった。しかし中村は、「仲間の出ている番組の敵にまわりたくない」として、せっかくの主演デビューの機会を蹴り、これを断っている[4]

1973年(昭和48年)、27歳。『仮面ライダーV3』(毎日放送)で敵役ヨロイ元帥を演じる。同役ではマスクは被っているものの、独特の表情や声の作り方により印象的な役柄となっている。

1979年(昭和54年)、33歳。「大野剣友会」は大野代表が会長に退き、岡田勝を代表とする新体制に移行する。大野幸太郎代表の引退を受けて、芸能界から引退。

同年、剣友会が新体制下で挑んだ『仮面ライダー(新)』(毎日放送)では、大野剣友会の下準備に協力。

1998年(平成10年)、52歳。テレビの特番で、岡田勝や新堀和男ら剣友会メンバーとともに藤岡弘と再会する姿が最後のテレビ出演となった。藤岡と10数年ぶりに再会し、固く抱き合った。

2001年(平成13年)、1月17日、悪性リンパ腫のため死去[2]。享年55。誕生日からちょうど一週間後の出来事でもあった。晩年はOA機器の部品製造会社を経営していた[5]

人物[編集]

大野剣友会きっての二枚目で、カーキチと呼ばれる程の自動車好きであり、気立ての優しい人物で、中屋敷哲也を始めとする後輩から慕われている先輩だった。

もともと俳優志望でもあり、剣友会の担当するドラマに顔出し出演していることも多い。剣友会内では経理や渉外などの事務運営も務めていた[2]

仕事への姿勢
ヒーロー役を演じる際は、外見だけでなく内面も演じることを心がけていた[3]。中村の立ち姿の美しさや絡みの上手さは大野剣友会一と謳われ、大野剣友会初代代表の大野幸太郎は多くの人間が仮面ライダーを演じたが中村が最高であったと評しており[6]東映生田スタジオ所長の内田有作も「背中の演技」を評価している[3]
仮面ライダーを演じていた頃はよく怪我をしていたが、「怪我をする演技をやることが役者の恥」という考えから周囲には怪我をしたことは絶対に言わなかったという[3]

エピソード[編集]

漫画『仮面ライダーをつくった男たち』には、元々『仮面ライダー』の初期ではショッカーの戦闘員を演じていた中村が、スタッフが撮影中に仮面ライダーのマスクを地べたに置いているのを見て激怒し、「その面をなんだと思ってる!! そいつは主役の顔なんだぞ!」と、スタッフを大声で怒鳴りつけたことが殺陣師を務めていた高橋一俊の目にとまり、次のライダーのスーツアクターをするきっかけになった」というエピソードが描かれている。

1995年11月5日にTBSラジオの深夜放送『深夜の馬鹿力』において伊集院光と中村との電話インタビューが公開され、その中で中村が言うには、「始めの2作くらいだけ仮面ライダーの中も藤岡弘が入って演じており、藤岡は役者としては良かったものの、タテとしては動きが十分とは言えなかったために、その後の作では自分が仮面ライダーの仮面を着けて演じていた」とのこと。また、仮面ライダーV3のオープニングのシーン(主題歌の流れるシーン)の映像のV3も自分が演じているものであることを明かしていた。

『仮面ライダー』役抜擢後は、高橋より年下ではあるが、入会は若干中村が早かったため、高橋は気を使ったが、そんな高橋に対して「いっしゅん(高橋)、気を使わずどんどん要求してくれよ」と声をかけ、逆に中村が殺陣師である高橋の遣り易い様に配慮していたと言う。

『仮面ライダー』のオートバイスタントは室町レーシングチームが担当していたのだが、都合が着かない場合はそのまま中村がライダーの衣装を着けて「サイクロン号」に乗った事もあると言う。本人談では「やってみれば、意外と出来てしまうもんだ」と語っていた。

かなづちで泳げなかった。2号編のエンディングで、戦闘員たちとともに仮面ライダーが当時お台場にあった貯木場で海へ飛び降りるシーンがあるが、本番前にライダー役の中村も飛び降りろといわれ、仰天したと語っている。『仮面ライダー大全集』(1986年、講談社刊)での剣友会座談会に出席した際には、「当時は若かったから無茶が出来たんでしょうね。」と語っている。

『イナズマン』の怪人タケバンバラが唱える「ヤンブラムカナ…」という呪文は、よく聞くと中村の名をさかさまにしたものである。

テレビ番組でのキャスト・クレジット(字幕)においては、大野剣友会で一番古参の中村文弥がトップに来ることが多いが、剣友会のメンバー表示は割とランダムにクレジットされていて、彼が真(ヒーロー役)とは限らず、このあたりは真を演じている者を一番先にクレジット紹介するジャパンアクションクラブ (JAC)と異なっている。クレジット自体は使いまわされることも多く、番組によっては同じオープニングで中村の名がゲスト分も合わせて2回表示されることもよくあった。

大野剣友会で養護施設の慰問に訪れた時、歩けないはずの子供が仮面ライダーを見るために立ち上がったことがあった[3]。中村は、この時に養護教諭が「自分たちが365日かけて頑張っても『仮面ライダー』には勝てない」と涙ながらに述べていたと語り、『仮面ライダー』は自身に奇跡を見せてくれたヒーローであると述べている[3]

漫画家の村枝賢一は漫画『仮面ライダーSPIRITS』第1部3話を描いている途中で中村の訃報を知り、その時描いていた仮面ライダー2号が戦闘員の前でポーズを決めているコマに追悼の意を込めたという。

芸歴[編集]

太字はメインキャラクター。

特撮[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「座談会 生田の日々」『テレビマガジンヒーローグラフィックライブラリー 仮面ライダー〈PART 2〉』 講談社1995年、90頁。ISBN 978-4063249040。
  2. ^ a b c 岩佐陽一 編、TEXT BY. 平山亨 「追悼・中村文弥」『仮面ライダーV3大全』 双葉社、2001年、163頁。ISBN 4-575-29235-4。
  3. ^ a b c d e f g h i j OFM仮面ライダー9 2004, p. 28, 「中村文弥」
  4. ^ 『東映ヒーローMAX』での岡田勝による逸話から[要文献特定詳細情報]。ちなみにこのエピソードは漫画『仮面ライダーをつくった男たち』及び『仮面ライダーオフィシャルマガジン』[要文献特定詳細情報]でも触れられている
  5. ^ 『テレビマガジンヒーローグラフィックライブラリー2 仮面ライダー』(講談社) P88
  6. ^ a b c d e f g h i OFM仮面ライダー9 2004, pp. 27-29, 和智正喜「特集 大野剣友会 ライダーアクション影の主役たち」

参考文献[編集]

  • 『仮面ライダー大全集』(講談社)
  • 『大野剣友会列伝』(風塵社)
  • 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.9 仮面ライダースーパー1』 講談社2004年9月10日。ISBN 4-06-367090-2。

関連項目[編集]