中村有志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
中村 有志
本名 中村 有志
(なかむら ゆうじ、芸名)
ニックネーム ユウちゃん
生年月日 (1956-07-08) 1956年7月8日(60歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県小倉市(現:北九州市小倉北区
身長 172cm
最終学歴 日本の旗 日本
福岡県立小倉南高等学校卒業
師匠 杉平助
芸風 パントマイム
事務所 株式会社BBE
活動時期 1975年 -
同期 電撃ネットワーク 南部虎弾
過去の代表番組 アートエンターテインメント 迷宮美術館
TVチャンピオン
天才ビットくん
えいごリアン 元祖!大食い王決定戦ほか
他の活動 俳優テレビドラマ映画舞台
パントマイマー
お笑いタレント
シティボーイズ

中村 有志(なかむら ゆうじ、1956年7月8日 - )は、日本の芸人役者タレント司会新劇パントマイムコメディアン経験者[1]。本名・旧芸名 中村 有志福岡県小倉市(現:北九州市小倉北区)出身。国籍は日本。所属事務所は「ビッグ・ブッキング・エンターテインメント (株式会社BBE)」。

経歴[編集]

福岡県立小倉南高等学校卒業後、1975年に劇団付属養成所「テアトル・エコー」入所。1977年、ロルフ・シャレと出会いパントマイムの道を志すようになり、1987年にはパリへ単身渡航し修業に励んだ。

1981年、コントグループ「東京バッテリー工場」に参加し、「ザ・テレビ演芸」にて二代目グランドチャンピオン。1983年の脱退後ピンで再挑戦し、七代目グランドチャンピオンに輝く。

脱退の理由としては、当時のリーダー原みつおと大喧嘩になり、「二度と顔をあわせたくない。」と喧嘩別れをして、本当に原みつおが死んでしまい会えないままでいる。

1985年大竹まこと斉木しげるきたろう竹中直人いとうせいこう加藤賢崇らと結成したギャグユニット「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」に参加し活躍。

1988年、いとうとファンキー・キング名義で"FUNKY KING Part.1"をリリース(小林克也ヤン富田プロデュース)楽曲を提供した[2]。。ジェームス・ブラウンの『セックスマシーン』 "Get Up (I Feel Like Being a) Sex Machine" をカバーし、「ギロッポン」「広尾な」「沖識名」等のシャウトの応酬が、一部でカルト的な人気を博す。ジェームス・ブラウンのファンでもある。

1992年に「中村ゆうじ」から本名の「中村有志」へ改名し、以後はテレビ番組司会リポーターや舞台など幅広く活動している。

2011年にインディーズバンドの登竜門である「PROJECT U PLUS」のオフシャルサポーターに就任。

2012年に歌舞伎町・新宿クレージーナイトにて、前々妻との息子でラバーマンであるTENTOKUと初共演。親子での今後の活動が注目される。

2013年に芸名を本名の「中村有志」から「中村ゆうじ」に戻す。

2016年4月3日放送の「元祖!大食い王決定戦〜爆食女王 新時代突入戦〜」内で、22年間司会を努めてきたテレビ東京の看板と言える大食い番組から引退することを発表した[3][4][5][6]

2016年に再度芸名を中村有志に戻す。これで、5回目の芸名変更になる。

大が付くほどの健康オタクで、自分を実験台に様々な健康療法を試している。飲尿法・血液型ダイエットなど フジテレビ「アウトデラックス」では、その健康オタクぶりを披露している。

過去、「大沢悠里のゆうゆうワイド」で、大沢悠里のピンチヒッターとして、「中村ゆうじのゆうゆうワイド」の名前で出演した事がある。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 杳子(1977年、ゾディアック・コーポレーション) - スタジオマン
  • ひぃふぅみぃ(1988年、シネ・ロッポニカ) - 神様
  • オルゴール(1989年、東映) - 瀬川浩
  • 良いおっぱい悪いおっぱい(1990年、アルゴプロジェクト) - 丸山正男
  • よい子と遊ぼう(1994年、WOWOW=ヒルヴィラ) - 店長
  • 愛と悲しみのアカ族 タイ人もお手上げ(1994年、アム アソシエイツ) - 大崎
  • 居酒屋ゆうれい(1996年、東北新社) - 辰夫
  • そして天使は歌う ぼ・ぼ・僕らは正義の味方(1997年、バップ) - 竜巻小天狗
  • SF サムライ・フィクション(1998年、シネカノン) - 鮫島
  • 愛を乞うひと(1998年、東宝・角川書店=サンダンス・カンパニー) - 片倉修司
  • 博多ムービー ちんちろまい(2000年、博多ムービー製作委員会、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) - 酔客
  • EUREKA ユリイカ(2001年、電通=IMAGlCA=サンセントシネマワークス+東京テアトル) - 田村弘樹
  • Quartet カルテット(2001年、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) - 橋本
  • 坂の上のマリア(2001年、「坂の上のマリア」製作上映委員会=ソウル/岩波映像) - 矢野
  • STEREO FUTURE(2001年、東北新社) - 郵便配達人
  • 難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PARTXVI 借金セミナー(2001年、ケイエスエス) - 大竹英利
  • 仲良きことは良き事かな(2003年、SF製作委員会/ギャガ・コミュニケーションズ)
  • 花よりもなほ(2006年、松竹) - 神崎与五郎
  • ララピポ(2007年、シネカノン)
  • パッチギ! LOVE & PEACE(2008年、日活) - 宇野重吉
  • ジェネラル・ルージュの凱旋(2009年、東宝)
  • さまよう刃(2009年、東映) - 川崎
  • フィッシュストーリー(2009年、ショウゲート) - 出版社の社長
  • ちょんまげぷりん(2010年、ジェイ・ストーム中村義洋監督) - 司会者 役
  • “ シティボーイズのFilm noir”「DARK ON DARK」(2010年、ASH & D)
  • “ シティボーイズのFilm noir”「ドキュメント 中村有志」(2010年、ASH & D)
  • “ シティボーイズのFilm noir”「俺の切腹」(2010年、ASH & D)
  • ラーメン侍(2011年、ティ・ジョイ)
  • 女たちの都〜ワッゲンオッゲン〜(2012年)
  • 100回泣くこと(2013年)
  • はなくじらちち(2015年、堀江貴大監督 東映ビーポ)
  • 殿、利息でござる(2016年、中村義洋監督)
  • コンビニ夢物語(2016年、松生秀二監督)
  • グッバイエレジー(2017年、三村順一監督)

オリジナルビデオ[編集]

  • ギニーピッグ4 ピーターの悪魔の女医さん(1986年、サイ・エンタープライズ) - 多重人格症・ジキル & ハイド病 役
  • 2人のマジカル・ナイト(1991年)
  • ひき逃げファミリー2(1994年、ビデオチャンプ)
  • ぜんじろうの怒りのZEN(1994年、吉本興業)
  • むこうぶち16(2016年)
  • 新・麻雀放浪記シリーズ(ケイエスエス) - フーテン安
    • 新・麻雀放浪記4 旅情編(2000年)
    • 新・麻雀放浪記5(2001年)

舞台[編集]

ソロ[編集]

  • 「YUJI MIME 22」(1997.12.22/ラフォーレミュージアム原宿)
  • 「ONNAYUJI」(2000.9.10/ラフォーレミュージアム原宿)
  • 「愛とバカ ユージ」(東京公演:2003年2月28日〜3月1日/ラフォーレミュージアム原宿・大阪公演:2003年3月10〜11日/近鉄小劇場)
  • 「ユウジィズ・カット ―YUJI'S CUT―」(2004年9月16〜19日/東京三軒茶屋シアタートラム)
  • 「ユウジィズ・ナイト ―YUJI’S NIGHT―」(2008年9月30日/東京新宿紀伊國屋ホール)
  • 「ユウジの味」(2009年より不定期ながら継続的に開催中)

客演[編集]

  • シティボーイズ・ライブ1995年公演「愚者の代弁者、うっかり東へ」
  • シティボーイズ・ライブ1996年公演「丈夫な足場」
  • シティボーイズ・ライブ1997年公演「NOT FOUND あるいは、レイヴ・ウィズ・ザ・キャッチボールシスターズ」
  • シティボーイズ・ライブ1997年公演「NOT FOUND あるいは、レイヴ・ウィズ・ザ・キャッチボールシスターズ〜非常識な青空」
  • シティボーイズ・ライブ1998年公演「真空報告官ピー(P)」
  • シティボーイズ・ライブ1998年公演「真空報告官ピー(P)大運動会」
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「ラ・ハッスル きのこショー」(2001年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「パパ・センプリチータ」 (2002年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「NOTA 〜恙無き限界ワルツ〜」(2003年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「だめな人の前をメザシを持って移動中」(2004年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「メンタル三兄弟の恋」(2005年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「マンドラゴラの降る沼」 (2006年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「モーゴの人々」 (2007年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「オペレッタ ロータスとピエーレ」 (2008年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「そこで黄金のキッス」 (2009年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「10月突然大豆のごとく」 (2010年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「動かない蟻」 (2011年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「西瓜割の棒 あなたたちの春に 桜の下ではじめる準備を」 (2013年)

ラジオ[編集]

  • 「中村 南部 アクアちゃん」(レインボータウンFM79.2、2010年10月 - )
  • 「田代 中村 南部 中井ちゃん」(レインボータウンFM79.2、2009年7月 - 9月)
  • 「午後のまりあーじゅ」(2016年NHK第一)
  • 「鈴木おさむのよんぱち」(2016年東京FM)
  • 「爆笑問題の日曜サンデー」(2016年 TBSラジオ)
  • 「たまむすび」(2016年、TBSラジオ)
  • 大沢悠里のゆうゆうワイド

バラエティ[編集]

CM[編集]

  • サンヨー食品 カップスター九州ラーメン・東京の味(1987年)
  • キリンジャイブ(1989)
  • 大阪ガス
  • ソニーVHS(1989年)
  • 旭ガラス
  • 自動火災
  • 旭化成ホームズ へーベルハウスシリーズ「LUFT」1人二役で出演

音楽[編集]

FUNKY KING[編集]

テレビ朝日『AVガーデン』でのキャラクター名義。いずれもシングル。

  • FUNKY KING PART 1
カップリング「GO-GO KING」がいとうせいこう出演のセガメガドライブCMに使われた。
  • MERRY SKA SKA PART1

田代中村南部ハッカ隊[編集]

  • 『COME ON BABY 100 KING GOLD』(2010年5月17日)

脚注[編集]