中畑道子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
なかはた みちこ
中畑 道子
生年月日 1921年7月17日
没年月日 1972年10月16日(満51歳没)
出生地 日本の旗 日本 京都府
国籍 日本
職業 女優ナレーター
ジャンル テレビドラマ舞台映画
活動期間 1950年 - 1972年
活動内容 1950年劇団くるみ座
主な作品
テレビドラマ
『釜ヶ崎』(朝日放送)
『あしたこそ』(NHK)『藍より青く』

中畑 道子(なかはた みちこ、1921年7月17日 - 1972年10月16日)は、日本女優京都府出身。

来歴・人物[編集]

1921(大正10)年7月17日生まれ。京都出身。京都女学校卒。

夫は『チコタン』の作詞や『中学生日記』などの脚本家として知られる蓬莱泰三

1950年、毛利菊枝主宰の京都の劇団くるみ座に入座して、数々の舞台、テレビドラマ、映画に演技派として活躍する。

1968年のNHKの朝の連続テレビ小説あしたこそ』(橋田壽賀子脚本)のヒロイン摂子(藤田弓子)の母ふみ役で第6回放送批評家賞(ギャラクシー賞)受賞第6回放送批評家賞(ギャラクシー賞)を受賞[1]。。 1970年に同劇団を退団し1972年度のNHKの朝の連続テレビ小説藍より青く』(山田太一脚本)ではナレーションを担当。

放映開始半年後に病気降板により、丹阿弥谷津子と交代。

その直後、同年10月16日13時45分心臓機能障害のため、東京都新宿区の前田外科病院にて逝去。51歳であった。

尚、『藍より青く』のナレーションは10月28日放送分まで収録済みでそのまま放送し30日放送分より交代した。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

出典[編集]

  • 日本映画俳優全集・女優編」(キネマ旬報社 1980年)

脚注[編集]

  1. ^ 第6回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2014年11月13日閲覧。
  2. ^ 同作のテレシネ収録された原版フィルムはNHK大阪に保存されてあり、1983年の『テレビ三十周年特別番組』(NHK教育)で『マンモスタワー』などと共に放映された。