丹古母鬼馬二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
たんこぼ きばじ
丹古母 鬼馬二
本名 神田 満
生年月日 (1950-01-04) 1950年1月4日(67歳)
出生地 日本の旗日本広島県三原市
民族 日本人
職業 俳優声優
ジャンル テレビドラマ・映画
備考
身長165cm、体重64kg、B103/W83/H89。

丹古母 鬼馬二(たんこぼ きばじ、1950年1月4日 - )は、広島県三原市出身の日本俳優。本名は神田 満(かんだ みつる)。現代制作舎所属。身長165cm、体重64kg(ピーク時は97kgあった)。現在は東京都練馬区に在住。

人物・経歴[編集]

広島県立三原高校中退。

アングラ劇団に参加後、にっかつロマンポルノや大作映画、特撮テレビ番組テレビドラマ等、多くの作品のバイプレーヤーとして活躍。

1983年八名信夫(主宰)、関山耕司榎木兵衛山本昌平岩城力也等と、悪役俳優集団「悪役商会」の結成に参加しマスコミの話題を呼んだ。中核メンバーとして活躍したが、現在は脱退している。

強烈な個性を放ち現在もドラマ映画の他、バラエティー番組痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』や石ノ森章太郎作品にも多数出演している。

逸話[編集]

  • 日本一迫力のある芸名を持つ男と言われる。名前の由来は上京して最初に入った劇団・シアター夜行館の座長・笹原茂朱が「俺の芸名、骸馬二(がい・うまじ)をやる」と言われ「馬二だけもらいます」と言い、以前口元に大きな犬歯が生え「」と言われていたことから頭に「鬼」を付け「鬼馬二」とした。名字の「丹古母」は、その劇団が公演を行っていた新宿3丁目の喫茶店の名前が「コボタン」だったので、引っくり返して「タンコボ」とした。当初はカタカナ表記としていたが、その後適当に漢字を当てた(「丹」の字は近くに伊勢丹があったから)。1回覚えてもらうと、まず忘れられることがない名前とのことで本人が得であると思っている反面、苗字と名をどこで区切っていいか分からないと言われるなど損なことも多いと言う。かつて岩井半四郎から「キミキミ、君の名前は何だっけな」と言われたため「タンコボ・キバジです」と答えると、岩井から「あ、じゃあ2番目の娘(仁科亜季子)が正解だったな」と言われ、自分の名前がクイズにされていたとの逸話がある。またハナ肇からは「そんなに長い名前だと損するぞ。タンコでいい。タンコにしなさい」とよく言われ「本名だ」と嘘をつくと「そうだよなあ。こんな変わった芸名ないよな」と言われたとのこと[1]である。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • くノ一忍法帖(1991年) - 般若寺風伯
  • 銀玉命! 銀次郎2(1993年)
  • 難波金融伝・ミナミの帝王4(1994年)
  • 実録・北九州ヤクザ戦争 侠嵐(2003年)

PV[編集]

バラエティ[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]