丹羽又三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
にわ またさぶろう
丹羽 又三郎
本名 中村 進
別名義 中村 又三郎
生年月日 (1934-08-20) 1934年8月20日(82歳)
出生地 日本の旗, 東京市芝区芝浦町
民族 日本人
身長 172cm
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1955年 - 1975年
主な作品
映画
『幽霊小判』『潮来笠
忍びの者』『新・座頭市物語
眠狂四郎勝負』『銀蝶渡り鳥
テレビドラマ
里見八犬伝』『くらやみ五段
ジャイアントロボ』『仮面ライダー
キイハンター』『大江戸捜査網

丹羽 又三郎(にわ またさぶろう、1934年8月20日 - )は、日本俳優。現在はOKエンターテイメント所属。 本名は中村 進[1]。昭和30年代後半の大映時代劇映画の主演級スター。また昭和40年代テレビ特撮番組の悪の幹部役の怪優としても知られている。

東京市芝区芝浦町(現、東京都港区芝浦)出身[1]。身長172cm[2]明治学院高等学校明治学院大学卒業[3]

来歴・人物[編集]

冷蔵船用冷蔵庫を製作していた父の一人息子として生まれる[1]1954年、俳優を志し、大学在学のまま、松竹音楽学校附属研究所に入り、7ヶ月後の同年7月、新東宝に入社[3]。「中村 又三郎」の芸名で、『地獄屋敷』でデビューしたのち、数本の映画に出演したが、社内事情のため、1956年に新東宝を退社する[4]。黎明期のテレビに活躍の場を移し、『日真名氏飛び出す』や『お役者文七 花の絵姿』といったドラマに出演しながら、1957年に大学を卒業[4]

1960年田端義夫の弟の紹介で大映京都撮影所に入社し、「丹羽 又三郎」に改名[4]。『幽霊小判』に主演し、時代劇スターとして再出発する。同作は低予算の白黒映画であったが、大スター市川雷蔵がカメオ出演したこともありソフト化されている。この映画で端整な顔立ちの二枚目ながら妖しげな雰囲気をも漂わせる独特の個性で演じている。

その後はいくつかの低予算映画に主演する一方、雷蔵の『斬る』や勝新太郎の『不知火検校』など大スターの代表作にも重要な役で助演している。しかし日本映画、特に時代劇は急激に衰退していく時期であり、映画では活躍の場を失い、1960年代後半になると主に悪役としてふたたびテレビドラマに活動の場をシフトしていく。

1967年東映制作の特撮テレビドラマ『ジャイアントロボ』で悪の結社BF団の初代日本支局長スパイダーを演じた。このキャラクターは特撮における悪の人間体幹部の草分けの一人といえる。1972年には『仮面ライダー』でゲルショッカーの冷酷非道な大幹部ブラック将軍を演じ、特撮ドラマ史に名を残した。ブラック将軍は『仮面ライダー』最終回で倒されるが、最終回がオンエアされた翌朝、自宅に子供たちが花束を持って押しかけてきて「長い間悪役を演じて、花束を貰ったのは初めて」と、プロデューサーの平山亨に感激したことを伝えている[5]

テレビ時代劇やアクションドラマでも凄腕の剣客や殺し屋、ギャング団のボスなどの役を数多く演じ、個性派の悪役として活躍していたが、1970年代半ば頃に渡米[4]。帰国後の1975年、ブティック「ガーベラ」の共同経営に乗り出し、芸能界から遠ざかっている[4]。近年は仮面ライダー関連の出版物も多く発行され、ネット上にも情報が氾濫しているにもかかわらず長い間消息が掴めない状態が続いていたが、2013年に開催された市川雷蔵ファンの集いのゲストとして久しぶりに公の場に姿を見せた[6]

また、2015年5月発売の『仮面ライダーSPIRITS』第11巻の巻末においてインタビューに答え、当時の役者デビュー、廃業からガーベラ経営やブラック将軍の役についてなどを語っており「もしまた丹羽又三郎演じるブラック将軍が求められるような機会があるのなら、今度こそ全身全霊を懸けてみなさんによろこんでもらえる演技をしたいと思います」と答えている。

出演[編集]

映画[編集]

  • 身代り紋三 地獄屋敷(1955年、新東宝) - 鵜飼幸吉
  • 剣豪対豪傑 誉れの決戦(1956年、新東宝) - 黒田備前守
  • 阿修羅三剣士(1956年、新東宝) - 伊藤典膳
  • 幽霊小判(1960年、大映) - 庄吉と名乗る男
  • 大菩薩峠(1960年、大映) - 宇津木文之丞
  • 甲賀の密使(1960年、大映) - 夕張竜之介
  • 忠直卿行状記(1960年、大映) - 青木左次馬
  • 妖花伝(1960年、大映) - 宇奈月兵庫
  • 不知火検校(1960年、大映) - 岩井藤十郎
  • 銭形平次 捕物控 夜のえんま帖(1961年、大映) - 畑源十郎
  • 釈迦(1961年、大映) - ソーナ王子
  • 銭形平次捕物控 美人鮫(1961年、大映) - 伊織
  • 斬る(1962年、大映) - 千葉栄次郎
  • 長脇差忠臣蔵(1962年、大映) - 玉稲荷の佐吉
  • 忍びの者(1962年、大映) - 木下藤吉郎
  • 新選組始末記(1963年、大映) - 岡本久蔵
  • 破れ傘長庵(1963年、大映) - 千太郎
  • 新・座頭市物語(1963年、大映) - 奥村紀之介
  • 江戸無情(1963年、大映) - 鏡源次郎
  • 怪談鬼火の沼(1963年、大映) - 清蔵
  • 座頭市喧嘩旅(1963年、大映) - 山田
  • 眠狂四郎勝負(1964年、大映) - 神崎三郎次
  • 座頭市千両首(1964年、大映) - 板割の浅太郎
  • 日本侠客伝 関東篇(1965年、東映) - 新太郎
  • 十七人の忍者 大血戦(1966年、東映) - 鵜飼四郎兵衛
  • やくざ非情史 刑務所兄弟(1969年、日活) - 秀
  • 昭和残侠伝 人斬り唐獅子(1969年、東映) - おまつり竜
  • めくらのお市 命貰います(1970年、松竹) - 吉沢伊織
  • 銀蝶渡り鳥(1972年、東映) - 三ッ玉の竜
  • 喜劇 セックス攻防戦(1972年、東映) - 沼尾

など

テレビドラマ[編集]

  • 日真名氏飛び出す(1955年、KR
  • お役者文七 花の絵姿(1960年、CX
  • 徳川家康(1964年、NET) 
  • 里見八犬伝(1964年 - 1965年、CX) - 左母二郎
  • 鉄道公安36号(NET)
    • 第74話「寝台盗」(1964年)
    • 第114話「石こうと宝石」(1965年)
    • 第123話「俺は無実だ」(1965年)
    • 第132話「緊急停車」(1965年)
    • 第187話「燃える玄界灘」(1967年)
  • くらやみ五段(1965年 - 1966年、NET) - ヒマラヤジョー
  • 特別機動捜査隊(NET)
    • 第171話「ひとり息子」(1965年) - 角井誠
    • 第208話「落ちていた粉」(1965年)
    • 第356話「その母」(1968年) - 竹下
    • 第378話「美しき鷹」(1969年) - 北見
  • ザ・ガードマンTBS
    • 第35話「姿なき眼」(1965年)
    • 第72話「暗殺指令」(1966年)
    • 第152話「愛と憎しみの弾丸」(1968年)
  • 甲州遊侠伝 俺はども安 第9話「おこん悲歌」、第23話「騙され旅」(1965年、CX)
  • 三匹の侍(CX)
    • 第4シリーズ 第2話「血闘」(1966年) - 絵馬
    • 第4シリーズ 第25話「闘い」(1967年) - 辰次
    • 第5シリーズ 第23話「紙人形」(1968年) - 堀井
  • 俺は用心棒 第1話「天を斬る」(1967年、NET) - 桜井半四郎
  • ジャイアントロボ 第1話「大海獣ダコラー」~第7話「敵は怪獣イカゲラス」(1967年、NET) - スパイダー
  • 三姉妹(1967年、NHK) - 浪士・高橋
  • 竜馬がゆく(1968年、NHK) - 国司信濃
  • ローンウルフ 一匹狼 第32話「殺意の夜景」(1968年、NTV
  • 銭形平次(CX)
    • 第90話「狙われた平次」(1968年) - やす次
    • 第339話「冥土の土産」(1972年) - 般若政
  • キイハンター(TBS)
    • 第18話「新ギャング同盟」(1968年) - 北村
    • 第49話「宝石と女と殺し屋」(1969年)
    • 第91話「サギと殺しの集団旅行」(1969年)
    • 第105話「世界殺人集団 南国の決闘」(1970年)
    • 第107話「太陽と緑の国に大追跡」(1970年)
    • 第121話「地獄の待合室に行く男」(1970年)
    • 第131話「サイコロGメン 命預けます」(1970年)
    • 第153話「走れ! 爆弾自動車大追跡」(1971年)
    • 第172話「ダイヤモンドと女と泥棒たち」(1971年)
    • 第184話「決斗! 大雪渓のダイヤモンド作戦」(1971年)
    • 第202話「サイコロGメン 御用旅」(1972年) - 人斬りの竜
  • 日本剣客伝 第7話「針谷夕雲」 (1968年、NET)
  • 日本任侠伝 第2話「笹川繁蔵」 (1969年、NET)
  • プレイガール12ch
    • 第3話「情無用の女ども」(1969年)
    • 第43話「スリがねらった女のハート」(1970年)
    • 第60話「女の火遊び」(1970年)
    • 第83話「ぼん太の田舎っぺ残侠伝」(1970年)
  • 花のお江戸のすごい奴 第4話「明日雨になれ」(1969年、CX) - 三好大学
  • 妖術武芸帳 第10話「怪異魔神呪」(1969年、TBS) - 白面道士
  • 東京バイパス指令 第30話「狂った銃弾」(1969年、NTV)
  • 怪奇ロマン劇場 第17話「白髪鬼」 (1969年、NET) - 情夫
  • フラワーアクション009ノ1 第10話「くたばれギャンブルガール」(1969年、CX) - ヘンリー豊田
  • 素浪人 花山大吉 第67話「伜にゃ過ぎた母だった」(1970年、NET) - 用心棒
  • 大江戸捜査網(12ch)
    • 第3話「魔の海が剣を呼ぶ」(1970年) - 金巻右近
    • 第34話「おんなの刺青」(1971年) - 清吉
    • 第73話「血煙代官屋敷」(1972年) - 用心棒
    • 第94話「恐怖の街の暴れん坊」(1973年)
    • 第141話「切腹はご免だ!」(1974年) - 筆頭与力・緒方主水
    • 第151話「死を呼んだ花火地獄」(1974年) - 栗林一馬
    • 第182話「隠密同心・胡蝶 炎の彼方に!」(1975年) - 工藤一馬
    • 第205話「謎の女を張り込め!」(1975年) - 鬼同心・井村
    • 第223話「隠密同心 一番長い日」(1975年) - 無宿者・三次
  • 男は度胸(1970年、NHK)
  • 大忠臣蔵 第11話「神文血判」(1971年、NET) - 金沢兵庫
  • 天皇の世紀 第12話「義兵」(1971年、ABC) - 後藤象二郎
  • 荒野の素浪人 第5話「獄門 関所破り」(1972年、NET) - 抜かずの弥市
  • 世なおし奉行 第1話「命知らずのサムライたち」(1972年、NET)
  • 紫頭巾 第11話「女スリ緋牡丹お島」(1972年、12ch)
  • さすらいの狼 第22話「まぼろし部落の死斗」(1972年、NET) - 小平太
  • 仮面ライダー 第80話「ゲルショッカー出現! 仮面ライダー最後の日!!」~第98話「ゲルショッカー全滅! 首領の最後!!」(1972年 - 1973年、MBS) - ブラック将軍
  • ワイルド7 第21話「誘拐の掟」(1973年、NTV) - フォックス
  • 旅人 異三郎(12ch)
    • 第8話「いろは草紙が赤く染まった」(1973年) - 辰
    • 第26話「惜別の舞に心が騒いだ」(1973年) - 上総屋治助
  • 荒野の用心棒(NET)
    • 第15話「賞金首に群狼が吠えて…」(1973年) - 古田弥八
    • 第38話「暗殺の兇弾は暁に炸裂して…」(1973年) - 黒田重兵衛
  • 仮面ライダーV3 第27話「生き返ったゾル・死神・地獄・ブラック」・第28話「5大幹部の総攻撃!!」(1973年、MBS) - ブラック将軍
  • 子連れ狼 第1部 第22話「渡り徒士」(1973年、NTV) - 検使の役人
  • 旗本退屈男 第9話「待ち伏せ道中」(1973年、NET)

など

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『日本映画俳優全集 男優編』 キネマ旬報社1980年、441頁。
  2. ^ 『日本タレント名鑑'73』 VIPタイムズ社、1972年、103頁。
  3. ^ a b 『日本映画俳優全集 男優編』 キネマ旬報社1980年、441-442頁。
  4. ^ a b c d e 『日本映画俳優全集 男優編』 キネマ旬報社1980年、442頁。
  5. ^ 藤岡弘、『仮面ライダー=本郷猛』 扶桑社、2008年、163-164頁。
  6. ^ 雷蔵ファンの広場 「とうとう、雷讃会当日がやってきました(^_^)」 

所属事務所による公式プロフィール