久万里由香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

久万里由香(くまり ゆか、1953年3月2日 - )は、日本女優タレント東京都文京区生まれ。本名・豊田くまり(旧姓・スリャクマリ・シェス)。

来歴・人物[編集]

インド人の父とインド国籍の日本人である母との間に生れる。三姉妹の三女で、長姉は真理アンヌ。次姉はモデルのプラバー・シェス。

子供の頃からCMなどに出演し、日活にスカウトされ『非行少年 陽の出の叫び』(1967年)で映画デビューした[1]。芸名は、苗字は本名をもじりつつも姉の真理アンヌと被らないように久万里が自身で考え、名前は日活で決められた[1]

姉の真理アンヌは、自身の経験から「専属契約したほうがいい」「ヌードシーンはやめろ」などの忠言をしたという[1]

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 非行少年 陽の出の叫び (1967年) - 少女 役
  • 東シナ海(1968年)
  • 燃える大陸(1968年) - ティーナ役
  • 恋のつむじ風(1969年) - マリ子 役
  • 前科・仮釈放(1969年) - ミミ役
  • 女の警察 国際線待合室(1970年) - リタ役
  • 女番長野良猫ロック(1970年) - マリ役
  • 野良猫ロック 暴走集団’71 (1971年) - アヤ役
  • 喜劇 女生きてます(1971年) - ポチ役

テレビドラマ[編集]

レギュラー
ゲスト

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「真理アンヌ&久万里由香対談」『別冊映画秘宝 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、148 - 150頁。ISBN 978-4-8003-0174-1。