久保明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
くぼ あきら
久保 明
本名 山内 康儀(やまうち やすよし)
生年月日 (1936-12-01) 1936年12月1日(80歳)
出生地 日本の旗 日本 東京市江東区北砂町(現在の東京都同区北砂
職業 俳優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
活動期間 1952年 -
著名な家族 山内賢(実弟)

久保 明くぼ あきら1936年12月1日 - )は、日本俳優。本名、山内 康儀やまうち やすよし)。東京市出身。立教大学文学部卒業。俳優・歌手山内賢は実弟。

来歴・人物[編集]

子役として舞台出演を始め、1952年東宝の『思春期』で映画デビュー。本名での出演だったが、その後は同作品で演じた役名にちなんで「久保明」と改名する。以降も1954年に『潮騒』で共演した青山京子とのコンビで青春映画に連続出演し、東宝を代表する青春スターとなった。その後も『大学シリーズ』や、黒澤明監督『蜘蛛巣城』『椿三十郎』などに出演。舞台(「東宝現代劇」)出演と並行して、多くの映画に主演・助演した。

また、ゴジラシリーズなどの特撮映画にも数多く出演。熱血漢の若者役などを演じる一方、ホラー映画マタンゴ』では狂気的な演技も見せた。世界的にも評価の高いこの映画に主演したことで、公開から数十年経った近年も各国からファンレターが送られてくるという。

1970年代からは舞台とテレビに活動の場を移す。テレビドラマでは東宝時代から一転して二枚目系の悪役を演じる機会も増え、時代劇やアクションドラマなどで血も涙もない極悪人を憎々しく演じた。ちなみに、『ウルトラマン』で黒部進が演じた主役は、企画段階では黒沢年男らと共に久保も候補に挙がっていた。

近年は東宝特撮映画関連のイベントに数多く招かれる傍ら、日本映画俳優協会理事等の要職を歴任し俳優の地位向上にも努めている。

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

DVDコメンタリー[編集]

その他[編集]

参考文献[編集]

  • 中村深海『永遠の東宝映画俳優』久保明インタビュー くまがい書房、2014年