久慈あさみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
くじ あさみ
久慈 あさみ
久慈 あさみ
1952年頃
本名 森山 淑子
生年月日 1922年5月2日
没年月日 1996年7月11日(満74歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府
血液型 B型
ジャンル 宝塚歌劇、映画俳優
活動期間 1941年 - 1996年
主な作品
社長シリーズ

久慈 あさみ(くじ あさみ、本名:森山 淑子、1922年5月2日 - 1996年7月11日)は、日本の女優歌手。元宝塚歌劇団月組男役トップスター。東京市京橋区(現・中央区新富町出身。

略歴[編集]

1939年麹町高等女学校卒業後、宝塚音楽舞踏学校に進む。宝塚歌劇団29期生1941年、宝塚歌劇団に入団。宝塚入団時の成績は17人中9位[1]淡島千景南悠子と共に『東京の三羽烏』と呼ばれた[2]。相手役だった淡島千景が松竹入社したことなどに刺激を受け、1950年、宝塚を退団。新東宝と出演契約を結び『愛染香』で映画デビューする。

1951年ビクターレコードと専属契約を結び、主演した新東宝映画『恋人』『ブンガワンソロ』『女豹の地図』等の主題歌を歌う。『チャッカリ夫人とウッカリ夫人』で歌った「チャッカリマンボ」等のヒットの他、NHK紅白歌合戦にも2回出場し、「ボタンとリボン」と「デッカメン・ソロ」を歌う。1952年東宝と専属契約を結び1971年にフリーになるまで活躍した。社長シリーズでは森繁久弥社長の恐妻として28本にレギュラー出演している。『俺の空だぜ!若大将』が最後の映画出演。1971年以降はフリーでテレビや舞台での活躍を続ける。

1996年7月11日に74歳で亡くなる。ニコライ堂聖歌隊に感銘をうけ日本ハリストス正教会洗礼を受けて正教徒となっており、埋葬式場・遺骨安置先はともにニコライ堂であった。

出演作品[編集]

宝塚歌劇団所属時代の主な舞台[編集]

  • 桃太郎の凱旋(1942年5月26日 - 6月24日、月組公演、宝塚大劇場
  • 瀧廉太郎(1942年11月26日 - 12月28日、月組公演、中劇場)
  • 大空を継ぐもの(1943年8月26日 - 9月24日、月組公演、宝塚大劇場)
  • 翼の女子挺身隊(1944年1月1日 - 1月24日、月組公演、宝塚大劇場)
  • ボレロ/人魚姫(1946年9月1日 - 9月29日、月組公演、宝塚大劇場)
  • マノン・レスコオ/アリババ物語(1947年3月1日 - 3月30日、月組公演、宝塚大劇場)
  • 運つく男/春のおどり(世界の花)(1947年5月1日 - 5月30日、月組公演、宝塚大劇場)
  • 南の哀愁眞夏の夜の夢(1947年7月1日 - 7月30日、月組公演、宝塚大劇場)
  • 千姫モン・パリ(1947年10月1日 - 10月30日、月組公演、宝塚大劇場)
  • 悪たれ/ヴェネチア物語(1948年1月1日 - 1月30日、月組公演、宝塚大劇場)
  • 陽気な街/春のをどり(大津絵)(1948年4月1日 - 4月29日、月組公演、宝塚大劇場)
  • 香妃/ブルーヘブン(1948年9月1日 - 9月20日、月組公演、宝塚大劇場)
  • アロハ・オエ(1948年11月6日 - 11月29日、月組公演、宝塚大劇場)
  • ロマンス・パリ(1949年3月11日 - 3月30日、月組公演、宝塚大劇場)
  • アレキサンドリアの舞姫/春のをどり(1949年4月22日 - 5月9日、宝塚大劇場)
  • リオでの結婚/東京・ニューヨーク(1949年9月1日 - 9月29日、月組公演、宝塚大劇場)
  • ヴギウギホテル/宝塚花くらべ(1950年1月1日 - 1月30日、月組公演、宝塚大劇場)
  • 西施/ステイジランド(1950年5月2日 - 5月30日、月組公演、宝塚大劇場)
  • アラビアン・ナイト(1950年9月1日 - 9月29日、月組公演、宝塚大劇場)

宝塚歌劇団退団後の主な舞台[編集]

  • おお!大忠臣蔵(1970年)
  • 佐渡島他吉の生涯(1981年)
  • 大奥最後の日(1983年)

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 第3回(1953年1月2日、NHK東京放送会館第一スタジオ)『黄色いリボン』
  • 第8回(1957年12月31日、東京宝塚劇場)『デッカメン・ソロ』

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』監修:小林公一阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、P36。ISBN 9784484146010
  2. ^ 『宝塚スター物語』丸尾長顕著、實業之日本社、1949年5月15日、P93