亀渕昭信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
かめぶち・あきのぶ
亀渕 昭信
プロフィール
本名 亀渕 昭信
愛称 カメ
出身地 北海道夕張郡由仁町
国籍 日本の旗日本
生年月日 1942年3月1日(74歳)
最終学歴 早稲田大学第二政治経済学部
職歴 ニッポン放送ディレクター兼ディスクジョッキー
→ニッポン放送役員
→フリー
活動期間 1968年 - 1973年(ニッポン放送)
2009年 -(フリー)
ジャンル 音楽
出演番組・活動
現在 亀渕昭信のお宝POPS
過去 亀渕昭信のオールナイトニッポン他(本文参照)
備考
アナウンス部に所属した経験はない。
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

亀渕 昭信(かめぶち あきのぶ、1942年3月1日 - )は、日本のラジオディスクジョッキーラジオパーソナリティフリーアナウンサーポピュラー音楽研究家

ニッポン放送代表取締役社長(1999年 - 2005年)。日本民間放送連盟顧問。

媒体によっては、異体字で「亀昭信」とも表記される[1]

概要[編集]

愛称は「カメ」「カメちゃん」。ラジオ局の制作スタッフと出演者を兼任し、のちに役員・社長として経営にたずさわった。社長退任後、ラジオパーソナリティとしての活動を再開した。

ゴスペル歌手でボイストレーナー亀渕友香は妹。

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

北海道夕張郡由仁町出身(ニッポン放送第2代社長鹿内信隆と同郷。亀渕は後に「由仁町ふるさと大使」を務める[2]。なお、一部プロフィールにおいては「札幌生まれ[3]」としている)。先祖は淡路島からの入植である[要出典]

3歳の時に家族とともに東京都に移り、江東区深川のベニヤ工場で育つ。千代田区立麹町中学校駒場東邦高等学校卒業。

ラジオ業界入り[編集]

早稲田大学第二政治経済学部経済学科2年生の時、行きつけのレコード店関係者からの紹介で、ニッポン放送でアルバイトを始める。仕事は、プロデューサー兼ディスクジョッキー・高崎一郎のアシスタントであった。大学内では証券学会、放送研究会音楽部などで活動した。

この時期、ポピュラー音楽雑誌への執筆やレコードの解説を、本名の他、父母の名を合成した「友紀元治」や、「江張嫩」の名義で行なっている。

1964年の大学卒業後に、正式にニッポン放送職員として採用される。同期には、のちに「カメ&アンコー」を組む「アンコー」こと斉藤安弘がいる。入社後は、アシスタントディレクター、あるいはチーフディレクターとして『ベスト・ヒット・パレード』『フレッシュイン東芝 ヤング・ヤング・ヤング』『バイタリス・フォーク・ビレッジ』『青島幸男のまだ宵の口』など、若者向け番組の制作を担当する。

亀渕は1966年10月から1年間、現地のラジオや音楽を勉強するためアメリカに渡る。前半はサンフランシスコ州立大学に聴講生として通い、後半はロサンゼルスサンフランシスコ・ベイエリアを中心とした国内のラジオ局を訪問する。

当時の同地は新しいロックの流行地であり、亀渕はベイエリアを拠点に活動し、人気を得ていたグループ(ジャニス・ジョプリンジミ・ヘンドリックス、クイックシルヴァー・メッセンジャー・サービス、グレイトフル・デッドジェファーソン・エアプレイン、カントリー・ジョー&フィッシュなど)や、ツアーで同地にやって来る人気アーティスト(ドアーズオーティス・レディングザ・フークリームなど)のライブを観賞した。その中には1967年6月16日から18日にかけて行われたモントレー・ポップ・フェスティバルも含まれていた。

1967年10月に帰国し、ニッポン放送制作部に復職。『高崎一郎のオールナイトニッポン』『ザ・パンチ・パンチ・パンチ』『陳平・花の予備校』など、若者向け番組の制作を担当する。

ディスクジョッキーに転身[編集]

初めてマイクの前でしゃべったのは1968年春。日曜日の午後11時半から、日付をまたいだ午前2時(月曜日早朝・放送休止時間)までの深夜放送『オールナイトニッポン電話リクエスト』(前年に開始したばかりの『オールナイトニッポン』の姉妹番組)の開始にあたり、出演者として白羽の矢が立った。当時の同番組は東京単局送出で、ネット放送は行われなかった。

1969年5月より、木曜日(金曜日早朝)の『オールナイトニッポン』に起用される(『亀渕昭信のオールナイトニッポン』)[4]。最初にかけたレコードはグラス・ルーツの「今日を生きよう」だった。この年の10月、高崎一郎がフジテレビオールナイトフジ』に出演するため降板し、亀渕は高崎の担当していた土曜に異動となる。

亀渕が加入した当時の「オールナイトニッポン」は、前述の斉藤安弘が若者の支持を得ていたのをはじめ、音楽が中心の糸居五郎、トーク中心の今仁哲夫など、すでに各曜日のパーソナリティが人気を博していた。亀渕は「糸居と今仁の中間路線、土曜日ということもあり、音楽とオチャラケ話が中心の明るく楽しい番組を心がけた[要出典]」という。

このころ、斉藤と一緒に「カメ&アンコー」名義で「水虫の唄」(CBSソニー)、「ひとりぼっちの唄」(キャニオン)、あるいは「カメカメ合唱団」名義で一人4重唱の「こころのシャンソン」「少年探偵団」(RCAビクター)などの楽曲を発表し、番組人気を高めることに貢献。のちにエレックレコードから、泉谷しげると共演した「カメカメ合唱団」名義のアルバム『人生はピエロ』をリリースしている。

1972年7月より、編成方針の変更のため、月曜日から土曜日の週6回、午前1時から3時まで『オールナイトニッポン・ビバカメショー』を担当する(約1年間)。ここでは従来の『オールナイトニッポン』とは異なる路線を敷き、洋楽ファン、特にロックファンやフォークファンのために音楽中心の番組作りを行う。ゲスト陣は沢田研二から来日したニルソンにいたるまで、幅広い人選だった。

裏方に専念[編集]

1973年夏、『オールナイトニッポン』制作チーフに起用されたのを機に、しゃべる側から作る側に戻る。この時期から、『オールナイトニッポン』は模様替えを企図され、社員がパーソナリティを担当することは原則として控えられ、代わってタレントやフォーク歌手が起用されるようになった。番組スタッフのリサーチにより新規に次々とパーソナリティが発掘され、のちの『オールナイトニッポン』独自のスタイルが築かれるにいたった(オールナイトニッポン#歴史を参照)。

1978年1月、ニッポン放送編成部長に就任。その後、制作部長、編成局長などを歴任。

1983年8月、伊武雅刀のナレーションを生かしたユニークな歌唱によるシングル「子供達を責めないで/パパと踊ろう」をプロデュースする。「伊武が出演するラジオ番組が期日までに終了出来なかったペナルティ」という触れ込みで、伊武の所属事務所社長の依頼で制作されたもの(伊武雅刀#レコード・CDを参照)。

1985年6月15日、民放ラジオ64社(当時)が企画した音楽イベント「国際青年年記念 ALL TOGETHER NOW」が東京・国立競技場で開催される。亀渕は同イベントのチーフプロデューサーを担当する。同年6月27日、取締役編成局長に就任。

1999年、ニッポン放送代表取締役社長に就任。2001年10月、社団法人デジタルラジオ推進協会理事長に就任(2008年6月退任)。

2004年藍綬褒章を受章。また、日本宣伝賞正力賞を受賞。

2005年1月、ニッポン放送はフジサンケイグループの資本関係を正常化するため、フジテレビからの株式公開買付け提案を受諾する。その直後ライブドアによる市場での株式大量買い付けによる買収騒動が勃発。亀渕は一貫して「ニッポン放送はフジサンケイグループの一員として残る」との姿勢を崩さなかった。

社長退任後[編集]

株主騒動が収まった2005年6月にニッポン放送社長を退き、同社相談役に就任する。

同月、前年に死去した母が保管していた荷物から、『オールナイトニッポン』時代に聴取者が亀渕へ送ったハガキの束を見つける。翌年の2006年、その差出人を探し出すラジオ番組『亀渕昭信のオールナイトニッポン 35年目のリクエスト 青春のかけら届けます』を制作。同年5月14日に放送され、日本民間放送連盟の「日本民間放送連盟賞」ラジオエンターテインメント番組部門優秀賞を受賞[5]。同番組は文章にまとめられ、翌年書籍化された(後述)。

2008年6月、ニッポン放送を退社。この年の8月から、スタジオジブリ発行のフリーマガジン『熱風』に、「ドーナッツ盤に恋をして 私説ロックンロール黄金史」の連載を開始(のちに書籍化、後述)。

2009年4月7日より、NHKラジオ亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!』のDJを務める。民間放送局の元経営者がNHKの番組にレギュラー出演するのは史上初のことだった(NHKラジオでは、この後『亀渕昭信のにっぽん全国ラジオめぐり』の終了まで、4年間レギュラー番組を担当した)。2010年11月、料理研究家土井善晴との共著を上梓(後述)。

2014年1月より、火曜会制作の洋楽専門番組『亀渕昭信のお宝POPS』でDJを担当。同年、萩原健太編集長のデジタルマガジン『ERIS』にて「どうしても聴いておきたいアメリカンポップス1001」の連載を開始[6]11月3日旭日中綬章受章[7]

出演[編集]

主な担当番組[編集]

ニッポン放送
NHK
その他

ゲスト等[編集]

昭和43年」の回に出演。「深夜放送ラジオ」の証言者として『パックインミュージック』(TBSラジオ)のパーソナリティだった野沢那智と共演。
ビートルズのリマスター盤発売を記念して制作された全5回の特別番組。
同番組の枠内で、『亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!』の特別番組を担当。
前述の雑誌連載で対談するなど、親交があったことから「友情出演」。

著書[編集]

  • 35年目のリクエスト 亀渕昭信のオールナイトニッポン あの日の手紙とどけます(白泉社、2006年11月、ISBN 4592750128) - 前述の特別番組の書籍化。
  • 男の料理入門塾 いくつになっても始められる(土井善晴共著、学研、2010年11月、ISBN 9784054046894)
  • 亀渕昭信のロックンロール伝 ビートルズ以前、16歳の僕はドーナッツ盤に恋をした(ヤマハミュージックメディア、2011年8月、ISBN 9784636869231) - 前述の『熱風』の連載をまとめたもの。

脚注[編集]

  1. ^ ラジオアーカイブ 発掘!ラジオ天国 ニッポン放送
  2. ^ 由仁町ふるさと観光大使 由仁町役場
  3. ^ 亀渕昭信のお宝POPS 火曜会
  4. ^ 当時木曜担当だった高嶋秀武がスポーツ部所属だったため、ナイターシーズンは休演となったための措置。
  5. ^ 日本民間放送連盟賞/2006年(平成18年)入選・事績一般社団法人日本民間放送連盟
  6. ^ ERIS
  7. ^ 平成26年秋の叙勲 勲章受章者名簿(PDF) 総務省

関連項目[編集]