五代高之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ごだい たかゆき
五代 高之
本名 大木 富夫(おおき とみお)
生年月日 (1956-07-01) 1956年7月1日(60歳)
出生地 日本の旗, 東京都世田谷区
民族 日本人
身長 180cm
血液型 O型
職業 俳優声優歌手
活動期間 1978年 -
配偶者 香野麻里
主な作品
映画
月光仮面』『仕掛人梅安
潮騒』『陰陽師II
テレビドラマ
西部警察』『太陽戦隊サンバルカン
『さらば、夏の光よ』
教師びんびん物語
暴れん坊将軍』『義経

五代 高之(ごだい たかゆき、1956年7月1日[1] - )は、日本俳優声優。本名は大木 富夫(おおき とみお)[2]ハーキュリーズ所属。

東京都世田谷区出身。身長180cm、体重78kg[1]。相模工業大学附属高等学校(現・湘南工科大学附属高等学校)卒業[2]血液型O型[1]。妻は『科学戦隊ダイナマン』で王女キメラなどを演じた、元女優の香野麻里

人物、来歴[編集]

高校卒業後、俳優養成所「タキ塾」に入り、大川橋蔵の付き人となる[3]

1979年、『西部警察』のオーディションに合格し、大門軍団の最若手・兼子刑事役でデビューとなり[3]石原プロモーションに所属する。なお、芸名の「五代高之」の名付け親は石原裕次郎であり、1969年に石原プロモーションで製作・放映された映画『栄光への5000キロ』で、石原裕次郎が演じた主演の「五代高行」の「行」を「之」に変えた上で与えられている[3]

1981年、川崎龍介に代わって演じた『太陽戦隊サンバルカン』での2代目バルイーグル / 飛羽高之役で初主演を果たす。

以後、映画、テレビドラマ、舞台などで活躍。『暴れん坊将軍』ではパート3パート5まで5年間に亘って御庭番・才三役を演じた。特技は剣道合気道乗馬[1]

近年は声優としての活動も増えており、2008年には『炎神戦隊ゴーオンジャー』で怪人の声を演じた為、松風雅也と共に戦隊ヒーローと怪人の両方を演じた俳優となった[4]。また、俳優養成所「五代塾」の塾長も務める。

2012年2月放送の『海賊戦隊ゴーカイジャー』49話・51話では31年ぶりに飛羽高之役で出演した。

エピソード[編集]

西部警察のオーディション時、「君は喧嘩に自信があるか?」という質問に対し、「何だったら今からやりますか?」と答えたという[5]。また西部警察でのロケで、劇用車を連ねてロケ現場を移動する際、信号待ちでふざけて前の劇用車に軽く追突する遊びをやっていた。ある時間違えて本物のパトカーに追突してしまい、降りてきた本物の警察官に事情を説明しようとしたら、懐に入れていたモデルガンが見えてしまい、身構えられてしまったという[5]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 続・獣のように(1990年)
  • THE MOVIE けん玉(1992年)
  • ギャンブル人生(1995年)
  • 女犯十手裏仕置II(1996年)
  • 新・バブルと寝た女たち(1999年)
  • 眩しい季節 サポート(2000年)
  • 囁く怨霊(2001年)

舞台[編集]

  • 花の幡随院(1990年)
  • 暴れん坊将軍
  • ジンギスカン(1996年)
  • 恋伝説 愛すればこそ(1998年)
  • わんぱく姫奉行 駆け込み寺てんまつ記(1999年 - 2000年)
  • 深川恋キツネ(2000年)
  • 木曽義仲と三人の女
  • 不死鳥よ波濤を越えて(2002年)
  • ありがとうサボテン先生
  • 爆笑喜劇 恋や恋・浮かれ死神(2003年)
  • 六月の奇跡(2010年)

テレビアニメ[編集]

吹き替え[編集]

  • アルマゲドン(ロナルド・クインシー博士)※日本テレビ版
  • シャクルトン 南極海からの脱出(フランク・ワーズリー船長)

特撮[編集]

ラジオドラマ[編集]

バラエティ[編集]

音楽[編集]

  • 心配するなよ 痩せっぽちのお前に(2002年)

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d 五代高之 - プロフィール - Yahoo! JAPAN[リンク切れ]2012年4月23日閲覧。
  2. ^ a b 『日本タレント名鑑2004』 VIPタイムズ社、2004年、148頁。
  3. ^ a b c 東映ヒーローネット2012年4月23日閲覧。
  4. ^ 実際は味方であったが、主人公たちと敵対する『忍者戦隊カクレンジャー』の白面郎も演じたことがある。
  5. ^ a b 西部警察LEGEND14(青志社)p.48 - 55「五代高之SPECIALインタビュー」
  6. ^ 登場キャラクター”. 金田一少年の事件簿リターンズ. 東映アニメーション. 2016年2月29日閲覧。