五十嵐淳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
いがらし じゅんこ
五十嵐 淳子
本名 中村 淳子(なかむら じゅんこ)
(旧姓:五十嵐)
別名義 五十嵐 じゅん (旧芸名)
生年月日 1952年9月20日(62歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県浦和市
血液型 A
職業 女優歌手
活動期間 1970年 - 1977年
1988年 -
配偶者 中村雅俊(1977年 - )
著名な家族 長男(中村俊太
長女、二女、三女(中村里砂
備考
身長:162cm

五十嵐 淳子(いがらし じゅんこ、1952年9月20日(62歳) - )は日本女優。戸籍名、中村 淳子(なかむら じゅんこ)。 埼玉県浦和市(現さいたま市)出身。血液型A。

人物[編集]

夫は、歌手俳優中村雅俊。所属は夫が代表を務める個人事務所「エム・ジェイ・エンタープライズ」。

家族は夫と1男3女。うち、長男の中村俊太は元俳優。三女はモデル・タレントの中村里砂

東京・渋谷区千駄ヶ谷に自らのフラワーショップ『パストーン』を主宰。フラワーアレンジメントスクール講師も務めており、各種イベントなどにも参加している。

略歴[編集]

  • 1952年 - 埼玉県浦和市(現浦和区岸町の電気店を営む両親のもとに長女として出生。
  • 1970年 - 川村高等学校在学中にモデル・クラブ「ジャパンファッションモデルセンター」に合格しモデル業を始め、芸能活動厳禁である同校を中退後にTBS日曜8時、笑っていただきます』に「五十嵐じゅん」の芸名で芸能界デビュー。川村高等学校の同期に海老名みどりがいるが五十嵐は開校以来一番の美人で評判だったと証言。
  • 1971年に入ると芸能各誌のグラビアなどでひっぱりだことなり清純な美貌のアイドルとして人気を博す。
  • 1975年 - 映画『阿寒に果つ』で主演。その後芸名を現在の旧姓の「五十嵐淳子」に改名。
  • 1977年2月1日 - 日本テレビ『俺たちの勲章』での共演を機に中村雅俊できちゃった結婚(当時妊娠5ヶ月)。同年7月長男・俊太を出産し、芸能活動を休止する。
  • 1988年 - ドラマ『教師びんびん物語』で11年ぶりの女優業復帰。
  • 1999年 - 夫・中村が歌う曲『哀しい人』プロモーションビデオで23年ぶりの夫婦共演を果たす。ほぼ同時期、渋谷区千駄ヶ谷に子どもの頃からの夢だったフラワーショップ『パストーン』をオープンさせる。
  • 2004年 - 「銀婚旅行」のイメージにふさわしい夫婦として「JAL銀婚旅行ベストカップル2004」に選ばれる。 
  • 2009年 - 4月4日、長男で俳優の俊太が大麻所持で現行犯逮捕される。取材に答え、「今回のことは全く言い訳できない。育て方が悪いと言われたら謝るしかないです」「(俊太を)殴ってやりたい。軽率に薬物を所有していることが情けない。責任感が無い」と悲しみと怒りの入り混じった謝罪コメントを表明。

エピソード[編集]

  • ドラマ『俺たちの勲章』にゲスト出演し中村と知り合ったが「それまでまともな恋愛をしたことが無かったのに、すぐに同棲を始めて結婚してしまいました。自分でも驚きでした」とトーク番組で語っていた。当時その言葉は存在していなかったが、長男・俊太を授かったために結婚した「できちゃった結婚」であった。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • ずべ公番長 夢は夜ひらく(1970年、東映)
  • 阿寒に果つ(1975年、松竹)
  • 童貞(1975年、松竹) - 高野圭子 役
  • 凍河(1976年、松竹) - 阿里葉子 役
  • ひとごろし(1976年、松竹) - かね 役
  • 少林寺拳法 ムサシ香港に現わる(1976年、松竹) - 柴田玲子 役
  • 粋な芝居は即興で(1982年)
  • 免許がない!(1994年、東宝) - 夕顔ルリ子 役

情報・バラエティ番組[編集]

CM[編集]

  • ロッテチョコレート(1970年)
  • ポーラ化粧品(1981年)
  • ネスレ「アフターエイト」(2006年)- 夫婦でCM初共演
  • 美カンヌ化粧品(2013年)

歌手活動[編集]

「五十嵐じゅん」として活動していた1971年にユニオンレコードテイチクのレーベル名)よりレコードデビュー。自作の詩がレコードに収録された事もある。

シングルレコード[編集]

  • 幸せの行方 / あなたは魔法(US-710)
  • ちいさな初恋 / 美しい時間(US-721)
  • 愛のシーズン / あふれる愛に(US-738)
  • ひみつのお別れ / その時あなたは(US-757)
  • 垣根の向う / 帰り道(US-780)

ミニアルバム[編集]

  • ひとりぼっちの詩(JUW-501)

関連項目[編集]