井上光貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

井上 光貞(いのうえ みつさだ、1917年大正6年)9月19日 - 1983年昭和58年)2月27日)は、日本の歴史学者東京大学名誉教授。国立歴史民俗博物館初代館長。紫綬褒章受章者。文学博士。専門は日本古代史(上代日本史)。井上馨桂太郎の孫に当たる。

人物[編集]

古代日本、特に浄土教を中心とした仏教思想史、律令制以前の国家と天皇の起源に関する問題、律令研究を通じての「固有法」から「律令法」への変遷をテーマに研究した。後年は、『日本書紀』や律令等の古典籍の注釈を専らとし、特に律令の注釈は石母田正らと編集した『日本思想大系 3 律令』(岩波書店)に詳しい。

井上の歴史学の方向は、恩師坂本太郎が、構築した実証主義的アカデミズム歴史学を継承したもので、日本史学史上、坂本の後継者と位置づけられている。またマックス・ヴェーバーの理論や、津田左右吉の記紀批判を継承して、律令制以前の政治社会組織研究の基礎を形成した。

加えて研究の土台となる学問的素養の醸成には、以外の多彩な指導者との出会いが大きな影響を与えている。大学入学後、父親の紹介により美術史家の児島喜久雄の謦咳に接する機会を得たのもその1つ。児島は、坂本などが見向きもしなかった歴史哲学の素養を、史学をやる上で必須のものと考えており、井上に対してドイツ語の関連原書を与えて読ませた。井上は、後年に研究自叙伝『わたくしの古代史学』で、児島から受けた指導について触れ、哲学的・世界史的な視野をもって日本史研究をすることに役立ったと述べている。

大学院に進学すると「奈良遷都以前の社会と仏教」を研究課題に選び、仏教思想史の研究を志す。その際の指導教官には、国史学科で中世思想史を担当していた平泉澄ではなく、倫理学教室の主任であった和辻哲郎を選ぶ。これについて井上は、平泉の学問的業績は認めつつ「右翼的臭味」を帯びたその歴史観を敬遠したためと、西洋趣味の家風に育ったため、少々野暮に過ぎる国史学科の日本趣味が合わなかったと自伝に記している。

さらに、日本史を世界史的視野で捉えようとする井上の歴史観の形成に、後年のインド・アメリカ訪問の際の経験も大きな影響を与えた。以上のような多彩かつ多角的視野に立脚した学問的素養の上に、井上は確実な論証を以て史学研究をすすめていった。

研究や古典籍の注釈の他に、教科書や概説書の執筆も数多く手掛けた。1949年に大久保利謙児玉幸多とともに『新制中等日本史』(吉川弘文館)を執筆し、1951年には、いわゆる「山川『日本史』」のおこりである『日本史』(高校教科書)を笠原一男らと執筆した。また、竹内理三・児玉幸多らとともに編集企画した中央公論社版『日本の歴史』は、歴史分野としては空前の40万部のベストセラーとなった。約半世紀を経て中公文庫(新版)で重刷されている。

略年譜[編集]

  • 従三位勲二等旭日重光章。墓所は麻布の永谷寺。また岩波の文化講演会を録音した『カセットできく学芸諸家 井上光貞 古代日本と朝鮮』(岩波書店、1988年11月)で肉声を聞くことができる。

系譜[編集]

  • 井上氏
            井上三郎
              ┃
              ┣━━━井上光貞
              ┃    ┃
        井上馨━━千代子   ┃
                   ┃
       伊達宗徳━━二荒芳徳  ┃
               ┃  ┏明子
               ┣━━┫
               ┃  ┗治子
   北白川宮能久親王━━━拡子   ┃
                   ┃
            石坂泰三 ┏石坂一義
               ┃ ┃
               ┣━╋石坂泰介
               ┃ ┃
         織田一━━雪子 ┣石坂泰夫
                 ┃
                 ┣石坂泰彦
                 ┃
                 ┣石坂信雄
                 ┃
                 ┣智子
                 ┃
                 ┗操子
                  ┃
           霜山精一━━霜山徳爾

著書[編集]

著作集[編集]

  • 『井上光貞著作集』(全11巻)、土田直鎮ほか編 岩波書店 1985年-1986年
  1. 日本古代国家の研究
  2. 日本古代思想史の研究
  3. 古代国家の形成
  4. 大化前代の国家と社会
  5. 古代の日本と東アジア
  6. 古代世界の再発見
  7. 日本浄土教成立史の研究
  8. 日本古代の国家と仏教
  9. 古代仏教の展開
  10. 日本の文化と思想
  11. 私と古代史学

単著[編集]

  • 『日本古代史の諸問題 大化前代の国家と社会』 思索社 1949年(新版1972年)
  • 『日本史』 学生社 1952年(改訂版1955年)
  • 『近代以前の日本 上 (社会科歴史文庫5)』 三省堂 1956年
  • 『日本史の人びと 1 とおい昔花の都』 筑摩書房 1956年
  • 『日本浄土教成立史の研究』 山川出版社 1956年(改訂版1975年)
  • 『日本国家の起源』 岩波新書 1960年(復刊2008年ほか)
  • 『日本史提要』 秀英出版 1961年
  • 『日本古代国家の研究』 岩波書店 1965年
  • 大化改新弘文堂書房〈アテネ新書〉 1970年
  • 『日本古代の国家と仏教』 岩波書店〈日本歴史叢書〉 1971年/岩波モダンクラシックス 2001年
  • 『日本の歴史3 飛鳥の朝廷』 小学館 1974年/講談社学術文庫 2004年 -解説大津透
  • 『古代史研究の世界』 吉川弘文館 1975年
  • 『日本古代仏教の展開』 吉川弘文館 1975年
  • 『東大三十余年』 私家版 1978年
  • 『日本古代思想史の研究』 岩波書店 1982年
  • 『わたくしの古代史学』 文藝春秋 1982年 / [人間の記録163] 日本図書センター 2004年
  • 『日本古代の王権と祭祀』 〈歴史学選書〉東京大学出版会 1984年、新装版2009年 ※未完の論考集
  • 『天皇と古代王権』 岩波現代文庫 2000年 -吉村武彦編・解説

編著[編集]

  • 『新日本史大系第2巻 古代社会』 朝倉書店 1952年
  • 『図説日本歴史第2巻 貴族文化の形成』 中央公論社 1960年
  • 『日本の歴史 第1巻 神話から歴史へ』 中央公論社 1964年、中公バックス 1970年
    中公文庫 1974年(文庫新版 2005年)。※企画委員の一人、大林太良森浩一が参加、編集担当者は宮脇俊三
  • 『大和奈良朝 その実力者たち』 人物往来社 1965年
  • 『日本史入門』 有斐閣 1966年
  • 『大世界史5 日本の登場』 文藝春秋 1967年、※佐伯有清等が参加
  • 『日本の名著1 日本書紀』(責任編集) 中央公論社 1971年、中公バックス 1983年/改訂版 中公クラシックス全3巻 2002年
  • 『日本の社会文化史 総合講座1 原始・古代社会』(責任編集) 講談社 1973年
  • 『ジュニア日本の歴史2 貴族のさかえ』 小学館 1978年
  • 『日本古代史 国家の成立と文化をさぐる』 旺文社 1980年
  • 『日中古代文化の接点を探る』 山川出版社 1982年
  • 日本書紀』(上・下) 中央公論社 1987年 ※監修:原文、読み下し、現代語訳注の大著

共編著[編集]

  • 『古代の日本』(歴史のアルバム 毎日新聞社 1954年
  • 『日本史百話』 (笠原一男安田元久と共編) 山川出版社 1954年
  • 『日本史セミナ-問題研究-』 (笠原一男と共編) 学生社 1955年(改訂新版1969年)
  • 『日本史 史料演習』 (藤木邦彦と共編)東京大学出版会 1956年
  • 『日本史史料集』 (藤木邦彦・笠原一男と共編)山川出版社 1956年
  • 『図説日本文化史大系第5巻 平安時代 下』 (青木和夫と共編) 小学館 1957年
  • 『日本史レジメ-まとめとエピソード-』 (笠原一男と共編) 学生社 1958年
  • 『日本史史料セミナ-問題研究-』 (笠原一男と共編) 学生社 1959年
  • 『日本史読本』 (児玉幸多大久保利謙と共編) 東洋経済新報社 1962年
  • 『体系日本史叢書 第1 政治史』 (藤木邦彦と共編) 山川出版社 1965年
  • 『日本史の考え方 レジメ=シリーズ』 (笠原一男と共編) 学生社 1965年
  • 『邪馬台国-シンポジウム-』 (石井良助と共編) 創文社 1966年
  • 『日本の歴史 別巻 第1 図録原始から平安』 (竹内理三と共編) 中央公論社 1967年
  • 『高松塚壁画古墳-朝日シンポジウム-』 (末永雅雄と共編) 朝日新聞社 1972年
  • 『高松塚古墳と飛鳥』 (末永雅雄と共編) 中央公論社 1972年
  • 『日本思想大系7 往生伝・法華験記』 (大曾根章介と共編) 岩波書店 1974年(新装版1995年)
  • 『日本史研究入門第4』 (永原慶二と共編) 東京大学出版会 1975年
  • 日本思想大系3 律令』 (関晃土田直鎮・青木和夫と共編) 岩波書店 1977年(新装版1994年)
  • 『鉄剣の謎と古代日本-シンポジウム』 新潮社 1979年
  • 『東アジア世界における日本古代史講座』 全10巻 学生社 1980年-1984年
  • 『年表日本歴史』 全6巻 筑摩書房 1980年-1993年
  • 『大化改新と東アジア』 (武田幸男西嶋定生他3名と共編) 山川出版社 1981年
  • 『飛鳥-古代を考える-』 (門脇禎二と共編) 吉川弘文館 1987年

参考文献[編集]

  • 井上光貞『わたくしの古代史学』 - 月刊誌「諸君!」で連載された。

回想[編集]

  • 『東方学回想 Ⅸ 先学を語る〈6〉』 (刀水書房、2000年) - 関係者の座談での回想を収録。