井上紀良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
井上 紀良
生誕 (1959-02-11) 1959年2月11日(57歳)
日本の旗 滋賀県高島郡(現・高島市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1978年 -
ジャンル 青年漫画
代表作 『マッド★ブル34』(原作:小池一夫
黄龍の耳』(原作:大沢在昌
夜王』(原作:倉科遼)など
受賞 ヤングジャンプ・第4回青年漫画大賞
テンプレートを表示

井上 紀良(いのうえ のりよし、本名:井上典義、1959年[1]2月11日 - )は、日本漫画家滋賀県高島郡(現・高島市)出身。血液型はO型。

略歴[編集]

1959年、滋賀県の高島郡に生まれる[1]。小学生の頃に望月三起也松本零士モンキー・パンチの作品を読み、影響を受ける。中学を卒業後、京都の友禅会社に入ったが、伝統工芸にありがちな徒弟制度で10年経たないと一人前にはなれないというのを聞き、友禅の仕事に魅力が無くなり退職、漫画家を目指す。高知県に渡り、青柳裕介間宮聖士アシスタントをして修業したのち、1978年に『少年キング』(少年画報社)「パイナップル・ジョー」で漫画家デビュー。その後、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)・第4回青年漫画大賞にて「エンジェルス」が入選。以降、30年以上に渡り『週刊ヤングジャンプ』で執筆する。

人物[編集]

作品リスト[編集]

漫画[編集]

連載
  • 男は天兵(原作:雁屋哲、1982年、全11巻)
  • デュエット(原作:小池一夫、1984年、全9巻)
  • マッド★ブル34英語版(原作:小池一夫、1985年 - 1991年、全27巻)
  • マイク・タイソン物語(監修:ジョー小泉、1988年、全1巻)
  • THE MISSION(原作:樫原一郎、1991年、全1巻)
  • ガルフの鷹(原作:八城正幸、1991年、全3巻)
  • 連環日本書紀(原作:小池一夫、1992年、全4巻)
  • W・WOLF(原作:東板前二、1992年、全2巻)
  • 黄龍の耳(原作:大沢在昌、脚本:M・A・T(1~8巻)→東板前二(9~15巻)、1992年 - 1996年、全15巻)
  • X(クロス)(原作:梶研吾、1992年、全8巻)
  • 私立探偵 濱マイク(原作:林海象、1998年、全2巻)
  • "殺医"ドクター蘭丸(原作:梶研吾、1998年 - 2001年、全14巻)
  • マッド・ブル2000(原作:小池一夫、1999年 - 2001年、全7巻)
  • 未成年J(原作:伊東順、夏一青、2001年、全2巻)
  • 星の艦 あきらめなければいつかは乗れる(原作:小池一夫、2002年、全2巻)
  • 水滸伝(原作:北方謙三、2003年、全3巻)
  • 夜王(原作:倉科遼、2003年 - 2010年、全29巻)
  • エターナル・ストーン(原作:東板前二、2009年)
  • ログ・イン(原作:東板前二、2010年 - 2011年 全2巻)
  • 華と修羅(原作:谷本和弘、2010年 - 2011年、全5巻)
  • 憑鬼の剣(原作:かわさき健、2011年 - 2012年)
  • 海傑エルマロ(原案:伊藤福八、脚本:中川トシヒロ、2011年 - 2014年、全8巻)
  • 第46代 棗希朗衛門(原作:大沢在昌、脚本:鍋島雅治、2012年 - )
  • BABEL(原作:木下半太、2015年 - )
短編集
  • エンジェルス 井上紀良傑作集(1991年)
  • ダイヤモンドエルフィン 井上紀良傑作集 2(1991年)
  • ロシアン・ルーレット 井上紀良傑作集 3(1999年)

師匠[編集]

弟子[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 日外アソシエーツ発行『漫画家人名事典』(2003年2月)ISBN 9784816917608、P50
  2. ^ プロフィール