井伊直澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
井伊 直澄
Ii Naosumi.jpg
時代 江戸時代前期
生誕 寛永2年7月15日1625年8月17日
死没 延宝4年1月3日1676年2月16日
官位 従四位下左少将掃部頭
幕府 江戸幕府大老大政参与
主君 徳川家綱
近江彦根藩主(第3代)
父母 父:井伊直孝
兄弟 直滋、直寛、直縄直澄
中野宣明
養子:直興香雲院(阿部正武室)
御辰(中野清三室)

井伊 直澄(いい なおすみ)は、江戸時代大名で、近江彦根藩第3代藩主。幕府では寛文8年(1668年)から延宝4年(1676年)まで大老大政参与)も務めた(直澄を大老とするかどうかは諸説ある。大政参与の項参照)。井伊直孝の五男。官位は従四位下左少将掃部頭

生涯[編集]

本来であれば直孝の世子であった長男の直滋が家督を相続するはずであったが、万治元年(1658年)直滋が突然出家して遁世した。そのため、翌万治2年(1659年)、五男の直澄が世子となり、直孝の死去によりその跡を継いだ。

寛文8年(1668年)11月19日、大老に就任した。延宝4年(1676年)1月3日、死去した。享年52。「子供が生まれても後継ぎにしてはならない」との直孝の遺言を守り、正室を娶らず、兄・直縄の子で甥に当たる直興を養子として家督を継がせた。側室との間に子供はいたが、家臣の分家に入って中野宣明と名乗った[注釈 1]

人物[編集]

  • 穏やかながら機知に富んだ性格であった。ある日、徳川光圀の伴として徳川家綱の茶会に出席したことがあったが、家綱は茶を点てるのに不慣れで、一人では飲みきれない量を光圀に出してしまった。光圀も将軍じきじきに出された茶を残すわけにいかず、困り果てた。そこで直澄が進み出て光圀に「上様がお点てになったお茶など頂戴する機会はなかなかございません。もしお飲み残しでしたら是非拙者にも賜れないでしょうか」と申し出たため、家綱も「余ればそのまま直澄へ」と言ってその場が収まったという。
  • 江戸で浪人が大名屋敷の門前で「切腹するから介錯しろ」と脅して金をねだる事例が多発したことがあり、井伊家の門前にもやってきたが、直澄は平然と「したいと言うのなら切腹すれば良い」と答え、奥に招き入れ、食事をさせた後に切腹させた。これにより切腹騒動は鎮静化したという。なお、このエピソードが元になり、映画『切腹』が作られている(原作は滝口康彦の小説)。
  • 戦乱で灰燼に帰していた青岸寺滋賀県米原市)を慶安3年(1650年)再興している。また父・直孝に恩義を感じ、供養のため高さ8mほどの石造七重層塔を琵琶湖多景島に建てている。
  • 大老在任中に、江戸の市中を騒がせた浄瑠璃坂の仇討が起きている。仇討を果たした一党は自害せずに、幕府に出頭して裁きを委ねて来た。これは徒党を組んでの仇討であり、厳罰必至の裁定が下るところでありながら、大老であった直澄が死一等を免じて遠島流罪とした。さらに数年後には恩赦を与えて、仇討の面々を彦根家中に召し抱えた。この事件は赤穂事件と似た点が多々あり、赤穂浪士たちが事前に参考にしたとされる。
  • 俳人の森川許六は直澄の家臣であった。

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 彦根藩家老中野助大夫家の分家中野平助家を興して1,000石の家系となった[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山上降太『元禄・正徳期の御大老 井伊直興と直該』(郁朋社、2009年)P53 - P54

参考文献[編集]

  • 『彦根市史 上冊』(1960年)
  • 彦根城博物館『元禄の大老 井伊直興』(2006年)
  • 山上降太『元禄・正徳期の御大老 井伊直興と直該』(郁朋社、2009年)

関連項目[編集]