井伊直興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
井伊 直興
Ii Naooki.jpg
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 明暦2年3月6日1656年3月31日
死没 享保2年4月20日1717年5月30日
改名 吉十郎(幼名)、直興、直治、直該
別名 長寿公(渾名)、覚翁、全翁(法名)
戒名 長寿院覚翁知性
墓所 永源寺滋賀県東近江市
官位 正四位上左中将掃部頭
幕府 江戸幕府大老
主君 徳川家綱綱吉家宣家継
近江彦根藩主(第4代、第7代)
氏族 井伊氏
父母 父:井伊直縄、母:桜井氏
養父:井伊直澄
兄弟 直興、妹(阿部正武正室)
妹(中野清三正室)
正室:なし
側室:平石氏、田山氏、玉米氏、大橋氏
直通直恒直矩直惟直定、娘(井伊直朝室)、娘(阿部正喬室)、娘(三条公充室)、娘(木俣守吉室、後に木俣守嘉室)、娘(松平康弘室)、娘(印具保重室)

井伊 直興(いい なおおき)は、江戸時代前期から中期の譜代大名江戸幕府大老近江彦根藩の第4代藩主および第7代藩主。直治(なおはる)、直該(なおもり)とも名乗る。

井伊直縄(第2代藩主・井伊直孝の四男)の長男。母は桜居氏。正室は蜂須賀隆重の娘と縁組するが、婚儀までに死去。側室は平石氏、田山氏、玉米氏、大橋氏。子に直通(次男)、直恒(三男)、直矩(四男)、直惟(五男)、直定(六男)、娘(井伊直朝正室)、娘(阿部正喬正室)、娘(三条公充室)、娘(木俣守吉室、後に木俣守嘉室)、娘(松平康弘室)、娘(印具保重室)ら。幼名は吉十郎。官位は正四位上左中将掃部頭

生涯[編集]

明暦2年(1656年)3月6日生まれ。父・直縄は伯父の井伊直滋万治元年(1658年)に祖父直孝に廃嫡される前に死去しており、叔父の井伊直澄が世子となり祖父の死後家督を継いだ。直孝が遺言で直縄の子である直興に後を継がせるように言い残していたため、寛文12年(1672年11月27日に直澄の養子になり、延宝4年(1676年)の直澄の死去により家督を継いだ。

彦根での治世は、延宝6年(1678年)に困窮と拝借金の支給を訴えた藩士76人を追放、翌7年(1679年)に家中法度を定め、家臣に対して厳しく統制を行った。また、下屋敷(槻御殿)に楽々園瀟湘八景近江八景を模した玄宮園を建造し[1]、領内の琵琶湖に面した松原港・長曾根港を改築するなど土木事業に熱心であった。藩士への救済・引き締めも図り、貞享2年(1685年)には一転して藩士に対する融資制度を開始、元禄4年(1691年)には家老の木俣守長に命じて藩士の家系や由緒を集めて「侍中由緒書」を編纂、元禄6年(1693年)に藩士に対して上米を命じた。元禄10年(1697年1月11日には追放した藩士76人に帰参を命じたり[2]、元禄12年(1699年)に彦根藩で飢饉が発生した時は救米支援をしている。

延宝8年(1680年)、溜間詰となり、徳川綱吉が第5代将軍に任じられた朝廷への返礼の使者を務めた。延宝9年(1681年)、越後騒動で改易となった松平光長を江戸屋敷に預かる。

元禄元年(1688年)11月には日光東照宮の改修総奉行に任命され、翌2年(1689年)7月から3年(1690年)7月にかけて仙台藩主・伊達綱村と協力して大規模な修復を果たして功を挙げたため、元禄8年(1695年11月28日に江戸城御用部屋入りを命ぜられ老中待遇となり、元禄10年6月13日には大老となった。しかし、3年後の元禄13年(1700年3月2日に病を理由に辞任して国に帰り[3]、翌14年(1701年3月5日に次男の直通に家督を譲って隠居した。

同年12月に直治と名を改めたが、直通が宝永7年(1710年)7月に22歳で早世したため、三男の直恒に跡を継がせたが、彼も同年10月に間もなく早世した。このため次の男子が成長するまで、剃髪して覚翁と号していたのを還俗して直該と改め、藩主に再立した。さらに翌年の正徳元年(1711年2月13日に大老に再任し、官位も正四位上中将まで進んでいる。これは当時、徳川家宣が第6代将軍に就任して間もない時期で、幕臣筆頭の立場である井伊家が政権に加わることで安定化を図る目的があったことが理由の1つと考えられる。

正徳2年(1712年)10月14日に家宣が死去、翌3年(1713年3月26日に家宣の息子・家継が元服すると烏帽子親を務めた。正徳4年(1714年2月15日に5男の直惟元服すると2月23日に大老を辞任、直惟に家督を譲って隠居し、名を直興に戻した後、翌5年(1715年)12月に出家して全翁と改めた。また末子の直定にも1万石を分知し、彦根新田藩を創設した。享保2年(1717年)4月20日、彦根にて62歳で死去した。遺骸は歴代藩主とは別に永源寺(東近江市)に葬られた。戒名は長寿院覚翁知性。

四男の直矩は同族の遠江掛川藩主・井伊直朝の養嗣子となり、宝永3年(1706年)に越後与板藩に移封された。また、家臣と娘との間に生まれた外孫井伊直員も与板藩主になっている。

経歴[編集]

※日付=旧暦

  • 1672年寛文)12年
    • 11月26日、世継ぎとなる。
    • 12月28日、従四位下に叙位。侍従に任官し、玄蕃頭を兼任。諱は直之。
  • 1676年延宝4年)2月23日、家督相続し、藩主となる。
  • 1678年(延宝8年)
    • 9月6日、玄蕃頭を掃部頭に任替。
    • 10月14日、左近衛権少将に転任。掃部頭の兼任は留任。
  • 1697年元禄10年)6月13日、幕府の大老となる。
  • 1700年(元禄13年)3月2日、大老は御役御免。
  • 1701年(元禄14年)
    • 3月5日、隠居。
    • 5月、諱を直治と改める。
    • 12月18日、掃部頭を右衛門大夫に任替。
  • 1710年宝永7年)
    • 5月、出家し、覚翁を号す。
    • 11月13日、再家督相続。右衛門大夫を掃部頭に任替。
  • 1711年正徳元年)
    • 2月13日、再度、大老となる。
    • 5月21日、諱を直該と改める。
    • 10月1日、正四位上に昇叙し、左近衛権中将に転任。掃部頭の兼任は留任。
  • 1714年(正徳4年)
    • 2月13日、大老を辞職。
    • 2月23日、隠居し、掃部頭を右衛門督に任替し、諱を直興と改める。
    • 12月23日、出家し、全翁を号す。
  • 1717年享保2年)4月20日、卒去(享年62)

※参考資料=「柳営補任」、児玉幸多監修・新田完三編「内閣文庫蔵 諸侯年表」東京堂出版、「系図纂要」

人物[編集]

  • 2度大老を務め、家督を継ぐことも2度、改名することは4度とめまぐるしい生涯を送った。また歴代藩主の中では井伊直政・直孝父子に次ぐ井伊氏の中興の祖と評価されている。幕末井伊直弼も直興を尊敬し、手本としていた。
  • 元禄8年に領内全ての領民(約27万人)から1文ずつの奉加金を集めて彦根城の北東方向(鬼門)に長寿院[4](大洞弁財天)を建立した。長寿院は極彩色で欄間に眠り猫や象の彫刻があることから「彦根日光」と称される。
  • 譜代大名で能楽に興味がある家は珍しかったが、第5代将軍・綱吉が大の能楽好きであったため、直興は貞享3年(1686年)に55人もの能役者を一斉に召し抱えている。しかし後に元禄14年の隠居の時に1人を除いて全員解雇している。
  • 大老在任中には第7代将軍・家継の継嗣問題や江島生島事件などに対処している。また天和元年(1681年)には不行跡を咎められて改易された酒井忠能を預かっている。

脚注[編集]

  1. ^ 現在、槻御殿のうち建物部分を楽々園、庭園部分を玄宮園と称している。昭和26年(1951年)、国名勝に指定。
  2. ^ 但し、すぐに帰参できた者は23人で、残りの53人は病気、既に死去、行方不明になっていた。山上降太『元禄・正徳期の御大老 井伊直興と直該』(郁朋社、2009年)P88 - P95。
  3. ^ 辞任の理由は、元禄10年2月に計画されていた日光社参の財源確保のために大老に登用されながら実現できなかったためとしている。また、延宝8年から務めていた将軍・綱吉の参詣先導役が元禄11年(1698年7月14日から途絶えているが、任務を達成できないため病気になったともされている。山上(2009年)P198 - P203、P221 - P226、P235 - P238。
  4. ^ 真言宗醍醐派の寺。日本三大弁財天の1つとされる弁財天坐像を安置。楼門の扉を額縁に見立てたように真正面に彦根城を臨める。

参考文献[編集]

  • 彦根城博物館『元禄の大老 井伊直興』(2006年)
  • 山上降太『元禄・正徳期の御大老 井伊直興と直該』(郁朋社、2009年)

関連項目[編集]