享保小判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212(補助漢字))が含まれています詳細
享保小判

享保小判(きょうほうこばん)とは正徳4年8月2日(1714年)に発行された一としての額面を持つ小判である。また享保小判および享保一分判を総称して享保金(きょうほうきん)と呼ぶ。

なお、正徳金銀発行および通用に関する触書は正徳4年5月15日に出されているが、享保金銀については若干品位を上げたとされるものの、本質的な吹替えではないため改めて触書が出されたわけでもなく、享保金銀の発行時期については諸説あり、正徳5年(1715年)とするものや、徳川吉宗が将軍職に就いた享保元年(1716年)とする説まである。

概要[編集]

表面には鏨(たがね)による茣蓙目が刻まれ、上下に桐紋を囲む枠、中央上部に「壹」下部に「光次(花押)」の極印、裏面は中央に花押、下部の左端に小判師の験極印、さらに吹所の験極印が打印されている。慶長小判と同形式で先の正徳小判とも類似するが、裏面の花押が慶長のものと比較して小さく、表の「光次」の「光」の末画と「次」の第四画が離れ、いわゆる「離光次」のものが享保小判とされる[1]。初鋳は正徳期であり本来は正徳後期小判(しょうとくこうきこばん)と呼ぶべきであるが、鋳造期間の大半が享保期に属することから、正徳小判と区別する意味で享保小判と呼ばれる。

裏面右下に「弘」または「久・」の極印が打たれたものが存在するが、この極印の意味については現在のところ未解明である[2]

さらに佐渡金座で鋳造されたものは裏面に「佐」の極印があり、佐渡小判(さどこばん)あるいは佐字小判(さじこばん)と呼ばれる。佐渡小判は小判師の験極印、さらに吹所の験極印の組み合わせが「筋」「神」、「利」「神」、「高」「神」、「又」「神」に限られる。

略史[編集]

慶長の幣制への復帰により発行された正徳金であったが、品位の差から評判が良くなく、さらに二分通用と定められた宝永小判2枚分の量目より不足していたなどの関係から、間もなく三代目後藤庄三郎良重以降の慶長小判の品位すなわち「見増の位」に復帰する吹き替えが行われた。

金品位を上げたのであったが、産金量はすでに衰退しており、品位の低い元禄金および量目の少ない宝永金の回収による吹き替えが主流であったため通貨量が縮小し、また徳川吉宗の政策による米の増産も重なり、次第に物価特に米価が下落し、不況に陥ることになり、年貢米の換金効率の低下から武士層は困窮することになった[3][4]。また、宝永4年(1707年)に藩札の発行が禁止されていたが、各藩からの要望に加えて通貨不足の緩和策として、幕府は享保15年6月(1730年)に藩札発行を解禁することとなった。

通用停止は慶長金、正徳金伴に元文3年4月末(1738年)とされたが、引換回収を図るため延長され、最終的には文政10年1月末(1827年)であった。

享保一分判[編集]

享保一分判

享保一分判(きょうほういちぶばん)は享保小判と同品位、1/4の量目でもってつくられた長方形短冊形の一分判であり、表面は上部に扇枠の桐紋、中央に横書きで「分一」、下部に桐紋が配置され、裏面は「光次(花押)」の極印が打たれている[1]慶長一分判と同様、年代印は打たれていない。また裏面右上に「佐」文字の極印が打たれた佐渡金座鋳造の享保佐渡一分判(きょうほうさどいちぶばん)が存在し、佐字一分判(さじいちぶばん)とも呼ばれる。

「光次」の「光」の末画と「次」の第四画が離れ、「離光次」であることから正徳一分判と区別されることは小判と同様である。表面の「一」の文字の末尾が短く枠を突き抜けていないことが特徴である。

享保金の量目および品位[編集]

小判の規定量目は四七分六厘(17.84グラム)であり、一分判は一匁一分九厘(4.46グラム)である。

規定品位は五十匁七分位(金86.79%)、銀13.21%である[5]

明治時代造幣局により江戸時代の貨幣の分析が行われた[6]。享保金についてその結果は以下の通りである。

  • 86.14%
  • 13.55%
  • 雑0.32%

雑分はイリジウムなどである。

享保金の鋳造量[編集]

『吹塵録』によれば、小判および一分判の合計で8,280,000両である[5][7]

一分判は総鋳造量の五割とされる。すなわち4,140,000両(16,560,000枚)である。小判は4,140,000両という計算になる[1]

佐渡判は享保元年(1716年)より享保9年(1724年)までの鋳造高は小判16,800両、一分判16,800両(67,200枚)、合わせて33,600両と推計される[1]

また金座における鋳造手数料である分一金(ぶいちきん)は鋳造高1000両につき、手代10両、金座人10両2分、吹所棟梁4両であった[1]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 瀧澤武雄,西脇康 『日本史小百科「貨幣」』 東京堂出版1999年
  2. ^ 青山礼志 『新訂 貨幣手帳・日本コインの歴史と収集ガイド』 ボナンザ、1982年
  3. ^ 三上隆三 『江戸の貨幣物語』 東洋経済新報社1996年
  4. ^ 滝沢武雄 『日本の貨幣の歴史』 吉川弘文館、1996年
  5. ^ a b 小葉田淳 『日本の貨幣』 至文堂1958年
  6. ^ 甲賀宜政 『古金銀調査明細録』 1930年
  7. ^ 佐藤治左衛門 『貨幣秘録』 1843年

関連項目[編集]