京塚昌子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
きょうづか まさこ
京塚 昌子
本名 平塚 マサ子
ひらつか まさこ
生年月日 (1930-03-16) 1930年3月16日
没年月日 (1994-09-23) 1994年9月23日(満64歳没)
出生地 東京都
死没地 東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動内容 テレビドラマの母親役
配偶者 なし
主な作品
テレビドラマ
『カミさんと私』
肝っ玉かあさん
ありがとう』<第4シリーズ>
ゆうひが丘の総理大臣

京塚 昌子(きょうづか まさこ、1930年3月16日 - 1994年9月23日)は、東京都出身の女優。第10回芸術祭賞奨励賞受賞。佐野高等女学校(現・栃木県立佐野女子高等学校)卒業。

来歴・人物[編集]

高校卒業後、新派へ入団。

『カミさんと私』で伊志井寛の相手役として人気を博す。

1968年、伊志井の娘である石井ふく子プロデュース作品『肝っ玉かあさん』で、蕎麦屋を切り盛りするしっかり者で涙もろい母親役を好演。

ありがとう』などでも母親役を演じ、1970年代のテレビ業界において、「恰幅が良く、割烹着が似合う母親役」で絶大な人気を誇った。

森光子山岡久乃らと並んで「日本を代表するお母さん女優」と呼ばれ、CMにも起用されていた。

上記の石井プロデュース作品が当たり役となったことから、「石井組(ファミリー)」の一員に数えられていた。

1971年に糖尿病を患い、1983年に公演先の愛媛県松山市脳梗塞で倒れてからは、1984年から1985年にかけては後遺症に耐えながら一度は復帰したものの、やはり症状が悪化。1986年4月には「体調が不本意なため、納得のできる仕事ができない」と休業宣言し、山梨県甲府市の病院に入院した。その後は静岡県長野県と各地の病院を転々として療養生活を送り、事実上の芸能界引退状態となった。晩年は長い闘病生活を送った。

母親役のイメージが強く、私生活では数々の浮名を流し、一時は同棲していたこともあったが、戸籍上は独身を貫いた。

大の酒豪であり、ウイスキーのボトルを一晩で3本も空けたこともあった。

馬主の経歴もあった。

1994年9月23日、心不全のため死去。64歳没。

エピソード[編集]

  • 『山盛り食堂』(脚本・向田邦子)出演時には、当時子役だった杉田かおるが京塚に抱きつく場面を撮影中に杉田が腹の肉をつかんだと激怒、後に杉田は降板させられた(杉田かおる自伝「すれっからし」より)。
  • 若い頃はスレンダーな美人だったが20代の頃、盲腸の手術をしたことで体質が変わり、どんどん太り始めたという。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 私は二歳(1962年11月18日、大映) - 千代の姉
  • 台所太平記(1963年6月16日、東京映画) - 駒
  • 日本一の色男(1963年7月13日、東宝) - 権田原コチ
  • 男嫌い(1964年2月1日、東宝) - 森矢もと子
  • 続社長紳士録 (1964年2月29日、東宝) - 天竜
  • 日本一のゴマすり男(1965年5月29日、東宝) - 目高静代
  • 狸の大将(1965年7月25日、東宝) - 芸者屋女将
  • 喜劇 仰げば尊し(1966年10月22日、東京映画) - 桜井友子
  • 喜劇 駅前学園(1967年4月15日、東京映画) - 正子
  • 颱風とざくろ(1967年9月15日、東宝) - 桑田ゆみ子
  • 春らんまん(1968年1月14日、東宝) - 宮尾
  • 空想天国(1968年8月14日、東宝=渡辺プロ) - 田丸久子
  • 燃えろ!青春(1968年12月19日、東宝) - 小森民江
  • 喜劇 駅前桟橋(1969年2月15日、東京映画) - 松木克子
  • おんなの朝 あまから物語 (1971年6月5日、松竹)

CM[編集]

関連人物[編集]