京成3700形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
京成3700形電車
京成3700形3728編成(2014年01月03日 / 町屋~千住大橋間)
京成3700形3728編成
(2014年01月03日 / 町屋~千住大橋間)
編成 8両、6両
営業最高速度 120 km/h
設計最高速度 130 km/h
起動加速度 3.5 km/h/s
減速度 4.0 km/h/s(常用最大)
4.5 km/h/s(非常)
車両定員 先頭車126(座席47)人
中間車136(座席56)人
先頭車は車椅子スペース設置車の定員
全長 18,000 mm
全幅 2,760 mm
全高 4,050 mm
車両質量 電動車 34.0t
付随車 30.0t・6次車以降:28.0t
軌間 1,435 mm
電気方式 直流1,500V(架空電車線方式
主電動機 かご形三相誘導電動機 130kW
歯車比 85:14 (6.07)
駆動装置 TD継手式平行カルダン
WN平行カルダン
制御装置 GTO素子VVVFインバータ制御
台車 SUミンデン式台車
FS-547・FS-047形
6次車以降FS-547A・FS-047A形
制動方式 回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ
保安装置 C-ATS
製造メーカー 日本車輌
東急車輛

京成3700形電車(けいせい3700がたでんしゃ)は、1991年平成3年)3月19日から運用開始された京成電鉄通勤形電車

2013年(平成25年)3月現在、8両編成15本(120両、うち16両は北総鉄道リース中)と6両編成2本(12両)の132両が在籍している。

概要[編集]

1991年3月19日、成田空港ターミナル直下への乗り入れと北総開発鉄道(現・北総鉄道)北総・公団線(当時)2期線の開通を機に導入された。京成の新規製造の通勤車では初めてVVVFインバータ制御を採用した。都営地下鉄浅草線京浜急行電鉄各線や北総線への直通運転にも対応しており、このほか、同時期に製造された北総7300形は採用色や標記類が異なるが、ほぼ同一設計である。

初代3000形から3150形までの通称「赤電」と北総開発鉄道および千葉急行電鉄へリース・譲渡された京急1000形最初期車(北総では7150形)を置き換えることを主な目的に、2002年(平成14年)3月までに8両固定編成15本と6両固定編成2本の計132両が製造された。

本形式の設計にあたっては「メンテナンスの容易化」「省エネルギー化」「乗り心地の向上」「旅客サービスの向上」などをコンセプトにした。

車体構造[編集]

車体は軽量ステンレス製で、幕板・腰板部はヘアライン仕上げ、吹寄部はダルフィニッシュ仕上げとして外観に変化を持たせた。前頭部は普通鋼製とし、シルバーメタリックに塗装を施している。前部は中央で「く」の字に折れ曲がったデザインとした。

前面デザインは4枚のフロントガラス類が一体に見えるブラックフェイスを採用した。非常用貫通扉は車掌台側に寄せることで、運転席側ガラスを大形化して、視野拡大を図った。初期タイプでは急行灯が上部に設置された。3600形3200形3300形更新車などで採用された種別表示器は本形式でも引き継がれ、貫通扉に設置された。

側窓は乗務員室次位を除きすべて2連窓としたが、同じ窓配置をもつ京急1500形に比べて車端部と扉間とで窓幅の差が小さい。そのため両端の扉が従来よりも車両中心に寄った間取りとなり、扉横の座席との間のスペースが左右で異なるほか車端の座席が6人掛けとなった。この特徴は3400形や北総鉄道7300形、同9100形(ただし中間車の車端部はクロスシート)についても同様である。

車体帯色は3600形以前のファイアーオレンジ帯に代わって、AE100形で採用されたヒューマンレッドフューチャーブルーのカラーフィルム帯が巻かれ、これが現行の京成標準色になった。

冷房装置は、集約分散式の能力18,000kcal/h(20.93kW)の装置である。この装置は三菱電機製のCU-716形または東芝製のRPU-6006形を各車に2基搭載する。装置はDC-DCコンバータ(後述)からの直流600Vを電源とするインバータ制御方式であり、1両あたりの容量は41.9kW(36,000kcal/h)である。また8両編成の上野浦賀寄り3両目(一位が6の車両)は弱冷房車としている。

先頭車の屋根上にラジオ受信アンテナを搭載したほか、京成の車両で初めて乗降促進用車外スピーカーを各車側面に配置した。

車両番号など[編集]

車両番号の付番法は、3600形と同様に第1編成は3701 - 3708、第2編成は3711 - 3718で、末尾9と0は欠番、直通運転先の京浜急行電鉄と同様に浦賀方先頭車の車号で3708編成、3718編成と呼称する。

MT比は8両編成が6M2T、6両編成(3828・3838編成の2本)は4M2T(一位が4と5の中間車は欠番)。京浜急行電鉄の車両規定に適合させるため、先頭車が制御電動車付随車は一位が3と6の中間車に位置する。

走行機器など[編集]

制御装置は、1990年(平成2年)に登場したAE100形に引き続き東洋電機製造GTOサイリスタ素子によるVVVFインバータ制御を採用した。制御方式は1台の制御器で主電動機を8台制御する1C8M方式としている。

補助電源装置としてGTO素子を使用したDC-DCコンバータ(DDC)[1](東芝製・COV019-C0形・容量150kW)を、空気源装置にはレシプロ式交流電源駆動の空気圧縮機 (CP) C-2000LMをそれぞれ搭載している。

パンタグラフは下枠交差式を、一位が2と7の車両に2台、一位が5の車両の片側に1台をそれぞれ搭載している。なお6次車以降はシングルアームパンタに変更されている。

駆動装置は、TD平行カルダンWN平行カルダンの2種類が使用されている。主電動機メーカーは駆動装置によって異なり、TD平行カルダンは東洋電機製造製、WN平行カルダンは三菱電機製である。

3600形以来、本形式1次車の3728編成までは編成の半数で両方を使用していたが、3738編成以降は両方を各編成単位で使用することになった。具体的には、3708 - 3728編成の一位1・2・4号車および3738・3768・3788・3808・3828・3848・3868編成がTD平行カルダン・東洋製TDK-6170-A電動機(3848・3868編成はTDK-6170-A1)、その他はWN平行カルダンで三菱製MB-5041-A電動機(3838・3858編成はMB-5041A2)である。両者とも同一設計で出力は130kW、京成社内での制式呼称はKMM6170である。

起動加速度は3.5km/h/s、減速度は常用が4.0km/h/s、非常用が4.5km/h/s。歯数比は1:6.07である。限流値(電動機に流す電流の量)は73.3Aである。

磁励音は、東洋電機製のGTOサイリスタ素子VVVFインバータ「後期形」(東急1000系で初採用されたもの)と俗に称されるもので、阪急8300系後期車京急1500形1700番台東洋GTO車等に類似している。

台車は電動台車が揺れ枕形ダイアフラム空気バネ・SUミンデン式のFS-547、付随台車がFS-047である。基礎ブレーキは片押し式の踏面ブレーキである。

車両内装[編集]

室内のカラースキームは、3600形とは異なり、アイボリーホワイト模様入りの化粧板に、濃いピンク色の座席と床材がベージュ濃淡とされた。1人分の掛け幅は440mmとされた、また優先席部の座席は水色の座席とされた。

3600形電車まで設置されていた冷房時の補助送風機としての首振り式扇風機に変わって、新たにラインデリアを採用(先頭車6台・中間車7台)した結果天井構造は平滑化された。それだけでなく、客用座席端に仕切り板の設置、LED車内案内表示器の設置など、京成では初めて採用したものも多い。電動車の主電動機点検蓋は交流誘導電動機を採用したことでメンテナンス軽減が図られることからAE100形と同様に省略された。

側窓はいずれも開閉可能(一部除く)な2連窓である。ガラス枠の周囲やピラーを黒く塗ることで見栄えをすっきりさせている。

乗務員室[編集]

乗務員室内はグリーンの配色、運転台計器盤は黒色としている。貫通扉が車掌台側に寄せられたため、3600形よりも配置に余裕がある。運転台の主幹制御器は3600形やAE100形に引き続きT型ワンハンドル式を採用した(力行1 - 5・常用ブレーキ1 - 5・非常)。加えて、計器盤右側には故障などを表示するモニタ装置のディスプレイが設置された。

乗務員室仕切りは客室から見て左から大窓・仕切扉窓・2段窓がある・遮光幕は左側2枚の窓のみ設置してある。

各次車概説[編集]

本形式は製造期間が11年と長く、その間に以下のようなマイナーチェンジが行われた。

1次車(3708 - 3728編成)[編集]

1次車の3708 - 3728編成は1991年3月 - 4月に8両編成3本が落成し、最後まで非冷房で残存していた通称「赤電」の3000形全車と3050形3076-3075、さらに京急からのリース車両である1000形1037 - 1040を置き換えた。

1次車と北総7300形7308・7318編成は車外スピーカーの乗降促進チャイム音が2次車以降および3400形3500形更新車とは異なる。

 
浦賀
製造メーカー
形式 3700形 (1)
(M2c)
3700形 (2)
(M1)
3700形 (3)
(T)
3700形 (4)
(M2)
3700形 (5)
(M1')
3700形 (6)
(T)
3700形 (7)
(M1)
3700形 (8)
(M2c)
機器配置 CP VVVF DDC CP VVVF DDC VVVF CP
1次車 3701
3711
3721
3702
3712
3722
3703
3713
3723
3704
3714
3724
3705
3715
3725
3706
3716
3726
3707
3717
3727
3708
3718
3728
日本車輌
日本車輌
東急車輛
備考
  • 形式名3700形の後のカッコは車両番号末尾の数字
  • 機器配置は1次車から5次車まで同様
凡例
  • VVVF:主制御器(1C8M)
  • DDC:補助電源装置(DC-DCコンバータ)
  • CP:空気圧縮機

1991年3月19日成田空港ターミナル直下乗り入れ時に伴うダイヤ改正当日は3200形が充当されたが、本形式は翌20日から1995年(平成7年)4月1日千葉急行線大森台 - ちはら台間開通に伴うダイヤ改正までは平日夜間に定期運用で京成車8両が京急久里浜線三崎口(京急線内特急)まで乗り入れていた(三崎口からは折り返し京成成田行として運転。京急線内特急、都営浅草線・京成線内通勤特急)。同運用は、当該運用は当初「赤電」と呼ばれる先頭車前位台車にモーターを装着する車両(3100形・3050形など)が使用されることが多かったが、性能の違いでダイヤに遅れが多発していたことから本形式と3400形が増えるとそれらがよく使用された。なお、後述する2次車も落成後の営業運転開始日から1995年3月30日までの間にこの運用に使用された実績もあったが、最終日の同月31日3150形が充当された。この運用は同年4月1日から都営5300形に変更された(ただし、三崎口からの折り返しは泉岳寺止まり)。以後現在に至るまで、三崎口への乗り入れは復活していない[2]1998年12月以降は2012年まで行われた1月3日箱根駅伝対策臨時ダイヤ以外は、羽田空港への乗り入れのみである。

2次車(3738・3748編成)[編集]

3700形2次車(成田スカイアクセス線運用対応工事済編成・2009年1月)
3700形2次車
(成田スカイアクセス線運用対応工事済編成・2009年1月)
六角形タイプのスカートを装着していた頃の京成3700形2次車(3738編成)(1995年5月14日 八広 - 四ツ木)
六角形タイプのスカートを装着していた頃の
京成3700形2次車(3738編成)
(1995年5月14日 八広 - 四ツ木)
北総7300形7818編成としてリースされている3700形(2016年8月5日 / 東松戸駅)
北総7300形7818編成として
リースされている3700形
(2016年8月5日 / 東松戸駅)

1992年(平成4年)度と1993年(平成5年)度はAE100形の増備や3400形を新たに製造するため、本形式の製造はなかったが、1994年(平成6年)度に増備が再開され、同年12月に2次車の3738編成が、続いて1995年2月に3748編成が落成した。

1次車との相違点は下記の通りである。

  1. 正面への排障器(スカート)の装着
  2. 先頭車への車椅子スペースの設置
  3. 室内の冷房装置フィルターの小型化
  4. 前面の種別表示窓の周りの出っ張りがなくなり、平面化
  5. 行先・種別表示器の書体小文字併用の英字併記細ゴシック体ナール)を採用
  6. 発車予告の車外放送に音量調整機能(大・中・小)を追加(検査時に音量調整なしの出力増幅器になる場合あり)。同時に乗降促進チャイム音を3400形と同様のものに変更。
  7. 車掌台側設定器上へのカバン置き台の新設
  8. 前面窓ガラスと計器盤の隙間に物を落とさないようにゴムを取り付け
  9. 乗務員室仕切扉下部へのルーバー取り付けとそれに伴う仕切り扉の遮光板の遮光幕への変更
  10. 車掌台と運転台の各足元への暖房器の増設
  11. 京急空港線京急蒲田駅付近の急曲線に対応させるため妻面の雨樋を内側に取り付け

1次車においても、7.と8.については改造で施工、5.の種別・行先表示器については1998年(平成10年)11月18日の「エアポート特急」運転開始時のダイヤ改正までに交換(種別表示器は2002年10月ダイヤ改正による新種別登場により再度交換)された。1.のスカートに関しては両編成とも六角形のタイプを搭載していたが(写真参照)、1995年4月に3748編成が、同年5月に3738編成がそれぞれ現行の逆台形タイプに変更され、1次車も後に設置し、以後の新車はすべて同タイプを採用した。3748編成は「最初から逆台形のスカートを設置」との文献が多数あるが、これは誤りである。

 
浦賀 →
製造メーカー
形式 3700形 (1)
(M2c)
3700形 (2)
(M1)
3700形 (3)
(T)
3700形 (4)
(M2)
3700形 (5)
(M1')
3700形 (6)
(T)
3700形 (7)
(M1)
3700形 (8)
(M2c)
2次車 3731
3741
3732
3742
3733
3743
3734
3744
3735
3745
3736
3746
3737
3747
3738
3748
東急車輛
日本車輌
備考
  • 機器配置は1次車から5次車まで同様

3 - 5次車(3758 - 3818編成)[編集]

3次車(2014年6月1日)
3次車
(2014年6月1日)
北総7300形7808編成としてリースされている3700形(2016年8月4日 / 京成高砂駅)
北総7300形7808編成として
リースされている3700形
(2016年8月4日 / 京成高砂駅)

3次車は1995年12月 - 1996年(平成8年)3月に落成した3758 - 3788編成が該当する。同グループから室内シートがオレンジ模様入りの個別シートになった。また、電圧計の設置位置を窓内側から壁側に移動した。

1995年度は、3100形の置き換えと京成西船 - 勝田台間で競合する東葉高速線の開業に対抗する所要時分短縮を目的に一挙に32両が増備された。翌1996年度の増備はなかった。

 
浦賀 →
製造メーカー
形式 3700形 (1)
(M2c)
3700形 (2)
(M1)
3700形 (3)
(T)
3700形 (4)
(M2)
3700形 (5)
(M1')
3700形 (6)
(T)
3700形 (7)
(M1)
3700形 (8)
(M2c)
3次車 3751
3761
3771
3781
3752
3762
3772
3782
3753
3763
3773
3783
3754
3764
3774
3784
3755
3765
3775
3785
3756
3766
3776
3786
3757
3767
3777
3787
3758
3768
3778
3788
東急車輛
日本車輌
東急車輛
日本車輌
4次車 3791
3801
3792
3802
3793
3803
3794
3804
3795
3805
3796
3806
3797
3807
3798
3808
東急車輛
日本車輌
5次車 3811 3812 3813 3814 3815 3816 3817 3818 日本車輌
備考
  • 機器配置は1次車から5次車まで同様

1997年(平成9年)5月に4次車の3798編成が3次車と同仕様で落成し、3150形を北総にリースすることに伴い、北総の7150形がすべて置き換えられた。また3798編成の落成で3700番台の番号は埋まり、以後の製造分からは3800番台を付与することとなり、同年12月に3808編成が落成した。この編成は3798編成と同様に4次車である。なお、この頃から3600形の8両編成化が行われている。

1998年11月に3・4次車と同じ仕様で5次車にあたる3818編成が落成した。この時点で本形式は8両編成12本、計96両になり、当時の3500形と同じ車両数になった。

6・7次車(3828 - 3848編成)[編集]

京成3700形6次車(3828編成)
(2012年3月11日 京成高砂駅)

2000年(平成12年)1月に落成した3828編成と同年2月に落成した3838編成は、ともに6次車としてこれまでにないマイナーチェンジを行った。本形式としては初の6両固定編成で落成し、千葉線千原線での運用も可能になった。

5次車までの車両との相違点は下記の通りである。

  1. 前部標識灯を左右上部に配置し、急行灯は後部標識灯と縦並びにして腰部左右に配置。
  2. 正面運行番号表示器をマグサイン方式からLED方式に変更。
  3. 踏切事故対策として運転台・車掌台骨組みの強化。
  4. 連結部に転落防止幌を設置したのに伴い、妻窓を廃止。
  5. 扉開閉装置に「戸閉め弱め機能」(閉扉後6秒間は戸閉め押さえ力を弱め、旅客の戸挟み逸走事故を防止する機能。開放スイッチ装備)付きのものを新規採用。このため、それまでの1 - 5次車とは扉開閉の動作音も異なる。
  6. 側扉窓の押さえ金具を、車内側平滑化のため内ばめから外ばめに変更し戸袋巻き込み事故防止を図り、合わせて扉からの隙間風防止のために戸袋内に隙間風防止ゴムを取り付け。
  7. 座席の袖仕切りを大型仕切り板化。
  8. 室内の座席はオレンジ色模様入りの硬調個別シートから1999年(平成11年)11月以降出場した3500形更新車で実績のあるラベンダー模様入りの軟調個別シートに変更した。
  9. 貫通扉の窓が大型化され、乗務員仕切り扉と共に化粧板仕上げになった。

車両機器面では主制御器、主電動機は大きな変更はされていないが、以下の点で変更がある。

  1. 台車は1 - 5次車を基本としながら、泥除けを車体側に移設して側梁の簡素化、さらにユニットブレーキの採用で軽量化したFS-547A・FS-047A形となった。
  2. 基礎ブレーキをユニットブレーキに変更。(前述)車輪の滑走を防止するため、回生ブレーキ機能を持たない付随車滑走防止制御装置を新設した。
  3. パンタグラフは下枠交差式から3500形更新車で実績のあるシングルアーム式に変更。
  4. 補助電源装置をIGBT素子を使用した静止形インバータ(SIV)(東芝製・INV-094-P0形・容量150kVA・三相交流440V出力)に変更した。
  5. 冷房装置は補助電源装置の変更に伴い、インバータ制御式から、三相交流440Vを電源とする稼働率制御方式(ON/OFF制御式)に変更した。また、装置は能力を20,000kcal/hに高めたCU-717形・RPU-6016形に変更し、1両あたり46.5kW(40,000kcal/h)に増強した。
  6. 空気圧縮機は補助電源の変更に伴い、直流600V電源によるインバータ式から、三相交流440V電源による接触器方式とした。
 
製造メーカー
形式 3700形 (1)
(M2c)
3700形 (2)
(M1)
3700形 (3)
(T)
3700形 (6)
(T)
3700形 (7)
(M1)
3700形 (8)
(M2c)
機器配置 CP VVVF SIV SIV VVVF CP
6次車 3821
3831
3822
3832
3823
3833
3826
3836
3827
3837
3828
3838
東急車輌
日本車輌
 
浦賀 →
製造メーカー
形式 3700形 (1)
(M2c)
3700形 (2)
(M1)
3700形 (3)
(T)
3700形 (4)
(M2)
3700形 (5)
(M1')
3700形 (6)
(T)
3700形 (7)
(M1)
3700形 (8)
(M2c)
機器配置 CP VVVF SIV CP VVVF SIV VVVF CP
7次車 3841 3842 3843 3844 3845 3846 3847 3848 東急車輌
備考
  • 形式名3700形の後のカッコは、車両番号末尾の数字
  • 機器配置は6次車から8次車まで同様
凡例
  • VVVF:主制御器(1C8M)
  • SIV:補助電源装置(静止形インバータ)
  • CP:空気圧縮機

2001年(平成13年)1月に6次車とほぼ同仕様で7次車の3848編成が8両固定編成で落成した。これにより、2001年春をもってリース車以外の3150形が全廃された。

8・9次車(3858・3868編成)[編集]

3868編成 2014年5月26日

京急空港線羽田空港駅(現・羽田空港国内線ターミナル駅)への直通列車の増発や優等列車の8両化推進を目的に、2001年8月に3858編成が落成した。この編成より京成のグループシンボルマーク導入に伴い従来側面に貼付されていた斜体ゴシック連続書体の「Keisei」ロゴプレートが廃止され、「K'SEI.GROUP」ロゴのみが貼付された。なお、このグループシンボルマークは2001年3月より同社ほか京成グループの新京成電鉄・北総などの車両に既存社名標記とともに貼付されている。その他の6・7次車との相違点は室内の個別シートを廃し、ラベンダー色模様入りロングシートを採用した。座席生地色は6・7次車と同一である。

 
浦賀 →
製造メーカー
形式 3700形 (1)
(M2c)
3700形 (2)
(M1)
3700形 (3)
(T)
3700形 (4)
(M2)
3700形 (5)
(M1')
3700形 (6)
(T)
3700形 (7)
(M1)
3700形 (8)
(M2c)
8次車 3851 3852 3853 3854 3855 3856 3857 3858 日本車輌
9次車 3861 3862 3863 3864 3865 3866 3867 3868 東急車輌
備考
  • 機器配置は6次車から8次車まで同様

当初、2001年度(2001年4月 - 2002年3月)の事業計画では3200形初期車の置き換え関係で8次車8両編成1本と6両編成2本を導入する計画であったが、芝山鉄道開業(2002年10月27日に開業)も間近で同社に既存の京成車(3600形)を8両1本リースすることが2001年度下期前半に決定したことから、8両編成2本の導入になった。その経緯から、芝山千代田駅前の看板に京成3700形の芝山鉄道バージョンのイラストが描かれている(鉄道ファン2003年1月号参照)。

最終編成となったのは2002年3月落成の9次車、3868編成である。同編成ではラベンダー色模様入りのバケットシートが採用されたが、座席生地は6・7次車と同色である。バケットシートについては、3300形の3313 - 3316編成で2001年8月のシート改造時に試用されたものを元に採用し、以後個別シートを使用していた3 - 5次車も同タイプのバケットシートに改造されたほか、3500形更新車でも同シートへの改造が進行している。

主な動き・改造・特筆事項など[編集]

3700形2次車(3748編成)による成田スカイアクセス経由エアポート快特(2010年7月30日 / 品川駅)現在、同編成は北総鉄道にリースされ7818編成に改番されている。
3700形2次車(3748編成)による
成田スカイアクセス経由エアポート快特
(2010年7月30日 / 品川駅
現在、同編成は北総鉄道にリースされ7818編成に改番されている。
印旛日本医大行(3758編成)「北総・公団線」の表示が見られる。(2006年8月14日 / 京成曳舟駅)
印旛日本医大行(3758編成)
「北総・公団線」の表示が見られる。
(2006年8月14日 / 京成曳舟駅
京成3700形電車 印旛日本医大行。(3848編成)(2011年11月12日 / 新鎌ヶ谷駅)
京成3700形電車 印旛日本医大行。(3848編成)
(2011年11月12日 / 新鎌ヶ谷駅
  • 1993年には海側の雨樋を内側に移した(一次車のみで、当時はそれしか存在していない)。
  • 1995年6月 - 8月に1次車に前面スカートを設置した。
  • 1998年11月までに1次車で種別・行先表示器の書体を小文字併用英字併記細ゴシック体(ナール)に変更した。
  • 2001年3月から全車両の側面にK'SEI GROUPロゴを貼付しているが、1 - 7次車の従来のKeiseiロゴ入りプレートは残したままである。
  • 2002年7月 - 9月に全車両の種別表示器を同年10月12日の種別変更によるダイヤ改正対応のものに交換した(普通=黒、快速=ピンク、特急=赤などに各種別を色分けし、前面幕は白地に種別色文字・側面幕は種別色地に白文字。書体は1993年9月に3400形3418編成以降で初採用されたものと同様に細ゴシック体で小文字併用英字併記)。
  • 2002年10月から2005年5月にかけて、3808編成以外の3 - 5次車の座席をオレンジ色模様入りの個別シートから3868編成と同様のラベンダー色模様入りのバケットシートに変更した。後述する北総にリースした3808編成は2007年12月の検査出場で交換された。
  • 3808編成は2003年(平成15年)1月末に帯色と側面プレートを変更した上で北総鉄道にリース、同社の7808編成となったため、京成からは除籍となった。他社へのリースとはいえ、車齢5 - 6年の車両が除籍になったのは事故による廃車を除けば、数少ない例である(除籍ではあるが廃車扱いとはしていない)。さらに3748編成も2015年(平成27年)3月に帯色と側面プレートを変更し北総鉄道にリース、7818編成となった。
  • 客室蛍光灯破損時による事故防止のため、2004年(平成16年)4月 - 6月に京成在籍車全車両の客室蛍光灯すべてを従来の高演色形昼白色から飛散防止形白色に交換し、客室内の照度色温度が変化しイメージが変わった。なお、北総にリースした3808編成については、北総所有の7300形などと同様(当時)に昼白色の飛散防止形蛍光灯を使用していたが、同編成は主に京成が維持管理をするため、2006年(平成18年)3月に本形式と同様の飛散防止形白色蛍光灯に変更された。
  • 2004年6月から、3708編成を最初に車内客用ドア上部のLED案内表示器について新3000形と同内容を表示するもの(ただし形状は異なる)に交換され、同年秋までに1次車全編成が交換された。この表示器では京急線内においても次駅案内表示がされるようになった(ただし、同線内での乗り換え案内は表示されない[3])。2006年12月以降は3738編成を皮切りに2次車についても交換している。1次車がすべての客用ドア上部に設置しているのに対して、2次車以降は3400形と同様の千鳥(交互)配置となった。2010年現在は、側面の行先・種別表示のLED化(後述)と並行して施工されている。
  • 2005年7月以降、3738編成を皮切りに1 - 5次車で各車両連結部にて転落防止幌設置が開始され、2007年3月の3758編成を最後に完了した(幌交換などで一時的に外される場合もある)。
  • 2005年10月から、3708編成を最初に区分なしのダークピンク色生地ロングシートを使用してきた1・2次車の座席生地の交換(6次車以降や新3000形同色のラベンダー色模様入りで区分なしの3858編成同タイプに交換)が行われた。3708編成は編成単位で行われたが、3718編成からは上野寄から2両ずつ交換し、2008年3月の時点で全車交換された。
  • マナー強化のため、2005年12月〜2006年2月に全車両(北総にリースした3808編成も含む)の優先席付近の吊り革を輪・帯ともに黄色いタイプのものに変更した。同時に窓には優先席を表すステッカーも貼付された。
  • 2006年4月29日から、リース車の3808編成を除く8両編成車においてICレコーダーを利用した簡易的な英語放送を実施するためにICレコーダー接続箱を取り付けた。英語放送を実施している列車は上野 - 成田空港間の快速特急・特急・快速の一部(8両編成のみ)である。
  • 新3000形に採用された運転台の非常ボタンの設置(3718編成)、LED灯による乗務行路表立ての試験設置(3838号車)、妻面に転落防止幌を設置した関係で昇降ステップがはしごに変更されるなどの細部の更新が進行している。
  • 2006年末より6・7・8次車の転落防止幌を外し、2007年夏以降定期検査に入った車両から新3000形4次車以降と同様の小型タイプの幌を設置しており、2007年8月の3868編成から再設置して他の編成も設置された。
  • 2007年2月上旬以降、3718編成を皮切りに外部の前面および側面の行先・種別表示を従来の幕式から3色LEDにする工事を開始した。また京成では成田スカイアクセス全線でアクセス特急を120km/hで運行するため、同時に元空気溜圧力の増圧、非常増圧ブレーキ設定の変更(ただし初速110km/h以上での非常ブレーキ増圧機能は3700形全車とも新製時対応済)、圧力計の取り換えなど、スカイアクセス運用対応工事も施工した。翌3月下旬の3708・3728編成の施工をもって1次車は完了したほか、2010年8月現在京成に在籍する5次車までの各編成で施工済み。3色LEDの文字は新3000形と同じで、非営業運用の「回送」や「試運転」はLED盤全体に表示することになった。さらに同年5月からは前面の運行番号表示もマグサイン式からLED式に交換する工事も始めており、2012年12月現在で全編成に施工されている。また6次車以降の編成は前面・側面の行先・種別表示は従来の幕式からフルカラーLEDに改造されている。2010年7月30日、成田スカイアクセス運用対応工事を実施した3748編成が3700形としては初めて成田スカイアクセスの運用(アクセス特急・エアポート快特)に充当された。2012年12月現在、行先・種別表示のLED改造はフルカラータイプを採用した3838編成の出場を持って完了している。その後、5次車以前の車両も3色LEDからフルカラーLEDに交換された。
  • 以前から他社でLED式の前面・側面表示が相次いで採用されていたが、京成の場合「お年寄りなどには見づらいのではないか」などという考えから採用は遅かった[4]
  • 2008年10月現在、3708編成 - 3748編成は新3000形5次車以降同様にブレーキ緩解音が静粛化されている。
  • 行先表示幕で運行されていた時の印西牧の原印旛日本医大、ちはら台行の表示にはそれぞれ括弧付きで「北総・公団線」、「千葉」という表示が残っていた。
  • ドアチャイムが全編成に設置されているが、現在に至るまで使用されていない。
  • 3848編成は一時期ボルスタレス台車の試験に使用され、試験での成果は2代目AE形電車に反映されている。なお、京急はボルスタレス台車装備車の乗り入れを禁止しているため、試験期間中は3600形と同じ京急に乗り入れない運用に入っていた。
  • 2015年から一部編成の車内照明がLEDのものに交換されている。

運用など[編集]

本形式は8両編成が主で、都営浅草線京急線北総線への直通運転にも対応しているため、8両編成の3000形(3001編成・3026編成~3030編成、3051~3056編成)や3400形とともに主に本線や押上線・都営浅草線・京急線直通の優等運用に使用される。現在は京急本線京急蒲田以南には乗り入れないが、かつては久里浜線三崎口まで入線した実績があり、2010年7月17日成田スカイアクセス線開業に伴い、同線経由のアクセス特急の運用にも就くようになった。

6両編成の3828・3838編成は主に普通運用主体で使われており、千葉線や千原線にも入線することがある。ただし押上線、都営浅草線への入線実績はあるものの京成車の6両運用がない京急線には入線しない。

2008年2月から3月まで、1編成を「車だん吉号」としてラッピングを掲示して運行されていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 静止形コンバータとも呼ばれる直流変換装置のこと。
    架線からの直流1,500Vを安定した直流600Vに変換し、さらに内蔵の静止形インバータ(SIV)で交流電源に変換する。
    なお、SIVにはパワートランジスタ素子を使用している。
  2. ^ 京成車全体では東日本大震災の翌日の2011年3月12日に、京急側に取り残された3050形3051編成を使用して品川 - 三崎口間を特急として1往復している。
  3. ^ 旧表示機では京急線内の次駅案内も表示されなかったほか、都営線内でも停車直前の案内が表示されなかった。
  4. ^ 交友社鉄道ファン』1994年4月号「REPORT」

参考文献[編集]

  • 鉄道図書刊行会鉄道ピクトリアル
    • 2007年3月臨時増刊号「京成電鉄特集」
  • 日本地下鉄協会会報「SUBWAY」2001年9月号 車両紹介「京成電鉄3700形 6次車 ・7次車・ 8次車」(京成電鉄株式会社 鉄道本部車両部計画課)