仏 (曖昧さ回避)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

「ほとけ」または「ぶつ」、「」がもとの漢字国語国字改革以後(当用漢字常用漢字)は「仏」。

  • 仏陀 - 仏教ヒンドゥー教ジャイナ教などインドの伝統で「覚者」「悟った者」のこと。如来、応供とも。十号を参照。
  • ゴータマ・シッダルタ、釈迦(一族の名) - 覚者(ブッダ・仏陀)として目覚めた仏教の開祖。覚者となったあとは釈尊釈迦如来あるいは仏教ではたんにブッダ仏陀という。
  • 菩薩 - 明王や高僧などで、仏(如来)になれるが、人の救済などのために敢えて仏になろうとしない人。(仏の一覧を参照)。
  • 仏像。「仏作って魂入れず」
  • 仏のように善良な人。「仏の顔も三度」
  • 日本における死者の婉曲的な表現。ほとけさま。死後に西方極楽浄土へと往生成仏するという浄土系仏教特有の考えから。「仏になる」
    • 警察関係者が死者を指して用いる隠語。「ほとけ」。

「ふつ」

  • 仏蘭西」の略。フランスやフランスに関連する事柄を指す。中国語では「法」(「法蘭西」Falanxi、「法国」Faguo)である。
    例:「仏国」、「仏語」、「仏文」、「仏印