仙台サンプラザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
仙台サンプラザ
SENDAI SUNPLAZA
Sendai-sunplaza.JPG
情報
開館 1991年3月
客席数 最大2,710席 通常2,054席
用途 ホール・ホテル・会議室
運営 仙台サンプラザ株式会社
所在地 983-0852
宮城県仙台市宮城野区榴岡5-11-1
位置
アクセス JR logo (east).svg仙石線榴ヶ岡駅直結
JR logo (east).svg仙台駅東口から徒歩11分
公式サイト 仙台サンプラザ
テンプレートを表示

仙台サンプラザ(せんだいサンプラザ)は、仙台市都心部東側の宮城野通に面してあるホールホテル会議室などの複合施設。JR榴ヶ岡駅仙台トンネル地下駅)の出入口が門前にあり、斜向かいには榴岡公園がある。

日本武道館に構造が似ているため、アーティストの間では「ミニ武道館」とも呼ばれている。

概要[編集]

仙台市内の固定席・ホール型の屋内施設としては座席数最大であるため、コンサート会場として有名である。また、ホール形状が円形であり、1階席が収納されて平面床化できるため、格闘技の試合会場やコンベンション施設としても利用され、2001年の新世紀・みやぎ国体ではボクシング会場となった。

1991年平成3年)3月、仙台市立榴岡病院[† 1]跡地に、勤労者の福祉の充実を図ることを目的として、雇用促進事業団と仙台市が設置。勤労者職業福祉センターとして全国で7番目の施設となった。2004年(平成16年)、同事業団が独立行政法人雇用・能力開発機構となる際、約5000万で機構分の施設を買い取って完全に市の施設となった[1]

運営は、仙台市宮城県が出資して設立した財団法人仙台勤労者職業福祉センターがあたっているが、施設を無償貸与されているにも関わらずホール部門が慢性的な赤字に陥り、2007年度(平成19年度)には約4400万円の運営補助金を市から受けている。このため市は、2009年(平成21年)3月、施設の運営を行う事業者を募集。同年6月、公募型事業提案方式(公募プロポーザル)により契約相手方を決定。同年9月末に同法人を廃止し、同年10月より、仙台市内の企業により出資して設立された仙台サンプラザ株式会社と賃貸契約をする。賃貸期間は、2020年(平成32年)3月までの11年6ヶ月間[1]

施設[編集]

敷地面積は約1haで、地下1階、地上12階である。併設のホールは、円形の特徴的なデザインで、1階席は可動椅子と可動床となっており、コンピューター制御によって椅子を収納し、段床を一面フラットに変えることができる、最大2,710席の大ホールからフラットな展示会場(約1100平米)など、あらゆる企画に対応可能なマルチホール。

  • 仙台サンプラザホール(1 - 3階、2,710席)
    • 1階1302席、2階493席、3階915席
    • コンサート開催時は、見切れ部分が発生するため2,054席となる。
  • 結婚式場(5階)
  • 研修室(5階)
  • 保育園 (4階)
  • 宴会場(1 - 6階)
  • ホテル(7 - 12階):客室74室
  • レストラン(1階)
  • フィットネスクラブ(地下1階)

周辺[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 旧仙台市立伝染病院。仙台市立病院との統合により1980年昭和55年)に閉鎖された。
  2. ^ 現在は孝勝寺に移設されている。

出典[編集]

  1. ^ a b サンプラザを民間委託 仙台市、事業者公募へ河北新報 2008年11月19日)
  2. ^ みやぎNPOプラザ(みやぎNPO情報ネット)
  3. ^ 三沢初子の墓など(杜の都 緑の名所100選)

関連項目[編集]