伊藤仁斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
伊藤仁斎 /堀川門人による肖像

伊藤 仁斎(いとう じんさい、寛永4年7月20日1627年8月30日) - 宝永2年3月12日1705年4月5日))は、江戸時代の前期に活躍した儒学者思想家京都の生まれ。日常生活のなかからあるべき倫理人間像を探求して提示した。

は、はじめ維貞、のち維禎。仮名 (通称)は、源吉、源佐、源七。屋号は、鶴屋七右衛門。仁斎はであり、号は古学先生。

生涯[編集]

  • 寛永4年7月20日(1627年8月30日) 京都で誕生。
  • 1662年 京都の堀川に古義堂を開く。堀川を隔てた対岸に、山崎闇斎の闇斎塾があった。
  • 宝永2年3月12日(1705年4月5日) 死没。

家庭[編集]

  • 40歳を過ぎてから結婚し1男2女をもうけたが、52歳のときに妻に先立たれ、その数年後に再婚し、更に4男1女をもうけた。末子で五男の蘭嵎(らんぐう)が生まれたのは仁斎68歳の時である。5人の男子は皆、優れた儒学者となった。東涯(原蔵)・梅宇(重蔵)・介亭(正蔵)・竹里(平蔵)・蘭嵎(才蔵)で、世上「伊藤の五蔵」と称された。

学説と思想[編集]

古義学を提唱し、主著として、『論語古義』『孟子古義』『語孟字義』『中庸発揮』『童子問』『古学先生文集』などが挙げられるが、生前は講義と著述の整理・推敲に尽力し、著作を公刊することはなかった。

仁斎の学問手法は、当時支配的だった朱子学経典解釈を廃し、直接テクストを検討するというものである。朱子学は学問体系としては非常に整ってはいたが、その成立過程に流入した禅学や老荘思想といった非儒教的な思想のために経書の解釈において偏りがあった。仁斎はそのような要素を儒学にとって不純なものとみなし、いわば実証主義的な方法を用いた。このような傾向は同時代の儒学研究に共通にみられるものである。仁斎は朱子学の「理」の思想に反して、「情」を極的に価値づけした。客観的でよそよそしい理屈よりも人間的で血液の通った心情を信頼している。四端の心や性善説を唱えた。

著作[編集]

  • 『論語古義』(関儀一郎編『日本名家四書注釈全書』論語部壱、東洋図書、1922年4月)
  • 『孟子古義』(関儀一郎編『日本名家四書注釈全書』孟子部壱、東洋図書、1924年10月)
  • 『童子問』 清水茂校注 岩波文庫、1970年ほか ISBN 978-4-00-330091-6 
  • 木村英一編集・解説 『伊藤仁斎集 日本の思想11』(筑摩書房)1970年
  • 貝塚茂樹編集・解説 『伊藤仁斎 日本の名著13』中央公論社 1977年 1983年
  • 吉川幸次郎、清水茂校注 『伊藤仁斎 伊藤東涯』 <日本思想大系33>岩波書店、1971年
  • 浅山佳郎、厳明校注『伊藤仁斎』 <日本漢詩人選集4>研文出版、2000年、ISBN 978-487636-190-8
  • 植谷元校注 『仁斎日札』 <新日本古典文学大系99>岩波書店、2000年3月
  • 伊東倫厚 『伊藤仁斎 附伊藤東涯』<叢書・日本の思想家10>明徳出版社、1983年3月
  • 三宅正彦編集・解説 『古学先生詩文集』<近世儒家文集集成 第1巻>ぺりかん社、1985年

参考文献[編集]

  • 尾藤正英「伊藤仁斎における学問と実践」、『思想』第524号、1968年2月
  • 吉川幸次郎『仁斎・徂徠・宣長』、岩波書店、1975年6月、復刊2000年ほか、ISBN 978-4-00-000959-1
  • 渡辺浩「伊藤仁斎・東涯-宋学批判と「古義学」」
 相良亨松本三之介源了圓編『江戸の思想家たち』上巻、研究社出版、1979年11月
  • 子安宣邦『伊藤仁斎-人倫的世界の思想』、東京大学出版会、1982年5月 
    • 増補版 『伊藤仁斎の世界』ぺりかん社、2004年 ISBN 978-4-8315-1060-0
  • 石田一良『伊藤仁斎』<人物叢書> 吉川弘文館、1989年 ISBN 978-4-642-05176-7
  • 相良亨 『伊藤仁斎』 ぺりかん社、1998年 ISBN 978-48315-0827-0
  • 丸谷晃一「伊藤仁齋の「情」的道徳実践論の構造」、『思想』第820号、1992年10月
  • 谷沢永一『日本人の論語 「童子問」を読む』 PHP新書上・下、2002年、ISBN 4-569-62224-0・ISBN 978-4-569-62271-2
  • 『日本儒教の精神 朱子学・仁斎学・徂徠学』  渓水社 1998年8月、ISBN 978-4874405031

関連項目[編集]