低地ドイツ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
低地ドイツ語
話される地域: ドイツの旗 ドイツニーダーザクセン州ブレーメン州ハンブルク州シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州メクレンブルク=フォアポンメルン州ノルトライン=ヴェストファーレン州北部、ブランデンブルク州北部、ザクセン=アンハルト州北部
オランダの旗 オランダ
ベルギーの旗 ベルギー北部
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
言語系統: インド・ヨーロッパ語族
 ゲルマン語派
  西ゲルマン語群
   低地ドイツ語
下位言語:
東低地ドイツ語英語版
German dialectal map.PNG

低地ドイツ語(黄色)・中部ドイツ語(水色)・上部ドイツ語(緑色)の各言語群の区域 Verbreitungsgebiet der heutigen niederdeutschen Mundarten.PNG 低地ドイツ語の地域

低地ドイツ語(ていちドイツご、: Niederdeutsch低地ドイツ語: Plattdüütsch: Nederduits)とは、広義のドイツ語のうち、第二次子音推移の影響を受けなかったドイツ北部の言語群を指す。北ドイツ語あるいは北部ドイツ語 (Norddeutsch) と呼ばれることもある。

概要[編集]

大きく分けて、オランダからベルギー北部で用いられ、オランダ語フラマン語などを含む低地フランク語ニーダーザクセン州を中心としたドイツ北西部で用いられる低ザクセン語、おおむねエルベ川よりも東側のドイツ北東部で用いられる東低地ドイツ語ドイツ語版英語版の三つに分けられる。ただし、近年では低地フランク語を低地ドイツ語とは別の言語グループとする場合が多い。

西ゲルマン語群の系統である低地ドイツ語は、標準ドイツ語(東中部ドイツ語のテューリンゲン・オーバーザクセン方言を母体として近世に作られた)が経験した「第二次子音推移」ないし「高地ドイツ語子音推移」と呼ばれる子音変化を経験しておらず、英語フリジア語、スカンジナビア諸言語との共通点が標準ドイツ語より多い。

同時に文法的にも、前述の英語と多くの共通の部分がある。たとえば、低地ドイツ語の系統の名詞には、が3つしかない(標準ドイツ語は4、英語は代名詞で3)。北部方言では、過去分詞にドイツ語やオランダ語のそれに付くようなge-が付かず、多くの南部方言ではge-の代わりにe-が使われる。このような多くの相違点から言語学的見地からは、同じ西ゲルマン語群に属する別言語扱いされ、要するに外国人から見たドイツ語による「標準ドイツ語」と親子関係になく、むしろフランス語に対するイタリア語中央イタリア方言)・スペイン語(カステーリャ語)のような兄弟言語としての立ち位置にあると考えるのが一般的な見解である。

低地フランク語を除いた低地ドイツ語は、系統的には低地フランク語や高地ドイツ語よりも、むしろアングロ・フリジア語群(典型的には英語)に近いという見方もある。

分類[編集]

対照例示[編集]

日本語 低地ドイツ語 オランダ語 フリジア語 英語 標準ドイツ語 スウェーデン語
作る maken, moaken, maaken maken meitsje make machen maka (古語
百姓、身分の低い男 Kerl kerel tsjirl (古語) churl Kerl karl
Dag, Dach dag dei day Tag dag
食べる eten, äten eten ite eat essen äta
10 teihn, tian tien tsien ten zehn tio
座る sitten zitten sitte sit sitzen sitta
Schipp, Schepp schip skip ship Schiff skepp
胡椒 Peper, Päpa peper piper pepper Pfeffer peppar
Wief, Wiewer wijf, wijven wiif, wiven wife, wives Weib, Weiber viv


参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]