佐原健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
さはら けんじ
佐原 健二
本名 加藤 正好(かとう まさよし)
別名義 石原 忠万城目淳
生年月日 (1932-05-14) 1932年5月14日(85歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県川崎市
身長 176 cm
血液型 A型
ジャンル 俳優
活動期間 1953年 - 現在
活動内容 映画・テレビドラマ
主な作品
映画
空の大怪獣ラドン』 『社員無頼』 『ゴジラ FINAL WARS
テレビドラマ
ウルトラQ』 『ウルトラセブン』 『西部警察
備考
ゴジラシリーズ最多出演俳優。

佐原 健二(さはら けんじ、本名:加藤 正好(かとう まさよし)、1932年昭和7年)5月14日 - )は、日本俳優。佐原プロモーション社長。

来歴・人物[編集]

聖マリアンナ医科大学理事の息子として、神奈川県川崎市に生れる。攻玉社中学校・高等学校から、1951年中央大学法学部に入学する。

1953年、「ミスター平凡コンテスト」で「準ミスター平凡」に選出[注釈 1]されたのをきっかけに第六期東宝ニューフェイスとして「東宝演技研究所」に入所。卒業後、東宝と専属契約[注釈 2]

1954年2月公開の本多猪四郎監督作品『さらばラバウル』にて特攻隊員の役で石原 忠(いしはら ただし)の芸名で映画デビューする。同年、同じく本多監督作品『ゴジラ』にも新聞記者と遊覧船上のアベックの男の2役で出演する。

1956年鈴木英夫監督作品『殉愛』より芸名も石原忠から「佐原健二」に改める。由来は当時の名優であった佐野周二関口宏の父)にあやかって息の長い俳優に、ということで“佐”と“二”の二文字を使った。命名者は東宝の藤本真澄である。

同年、本多猪四郎監督作品『空の大怪獣ラドン』の主役に抜擢され[注釈 3]、引き続き『地球防衛軍』『美女と液体人間』と東宝特撮に主演。その際には平田昭彦との共演が多かった。そのため、平田と佐原は平田が1984年に亡くなるまで親友の間柄でもあった。

『ラドン』以来、本多猪四郎からは後に本多イズムといわれるリアリティに徹した演技指導を、円谷英二からは特撮、そして特撮映画のイロハを教わる。佐原はこの『ラドン』以来、本多監督からは「ケン坊」、円谷からは「ケンちゃん」と呼んで可愛がられるようになったとのことで、ともに故人となった両名を恩師として今も深い尊敬の意を表している。本多、円谷両監督より最も愛された俳優として知られている。数多くの特撮映画に主演、出演し「ミスター東宝特撮」と呼ばれる。その後、東宝のもう一つの看板映画であったサラリーマン物にも主演、出演が続く。

日米合作映画『勇者のみ』(フランク・シナトラ監督、三橋達也主演)撮影中の1964年、本多猪四朗と円谷英二が佐原のロケ現場(ハワイのカウアイ島)に出向き、佐原に円谷プロダクション第一回作品の主演への出演交渉を直接行った。これが実質的に円谷プロダクション製作の連続特撮ドラマの第1作『ウルトラQ』万城目淳役の誕生である。本多はその時、「円谷プロ第一回の作品だから失敗できない。お前、行ってやってくれ。」と言うと、円谷は「健ちゃん、頼むね」と続き、佐原はすぐにためらうことなく快諾したという。佐原はこの時の事を今でも「宝物」と言って大切にしている。

そして『ウルトラQ』は結果的に大成功に終わり、円谷プロはその成功を受けて『ウルトラマン』を制作。佐原は『ウルトラQ』の撮影後は東宝との契約のため一旦活動の場を映画に戻すものの、今度は円谷英二監督の長男・円谷一に出演を依頼され、円谷プロ第3作目となる『ウルトラセブン』に出演する。その後もウルトラシリーズゴジラシリーズなどで主に参謀長官などの役で多数出演し、特撮物には欠かせない存在となる。2006年の『ウルトラマンメビウス』では『ウルトラセブン』に登場した「タケナカ参謀」の後の姿である「タケナカ最高総議長」、2004年の『ゴジラ FINAL WARS』ではゴジラの生みの親であり、東宝の名プロデューサーである田中友幸のペンネーム「神宮寺八郎」を名乗る博士役で登場した。

1976年に東宝を退社後も『西部警察』、『スクール☆ウォーズ』、などの人気ドラマに出演。2004年から2007年まで円谷プロダクションに所属していた。

ゴジラシリーズにおいては、第1作、1954年の『ゴジラ』から現在のところ28作目において最終作の2004年『ゴジラ FINAL WARS』まで13作品に出演し、最多出演俳優である。

現在は活動の場を映画、テレビに限定することなくトークショーにも出演。特に特撮ファンの要望により、「ゴジラシリーズ」、「東宝特撮シリーズ」、「ウルトラシリーズ」の3つのカテゴリーを使い分け、当時の制作秘話などを俳優の立場から語れる唯一無二の俳優として人気が高い。

エピソード[編集]

  • 1956年の『空の大怪獣ラドン』の撮影中、撮影用のトロッコが佐原を乗せたまま脱線し、これが元で佐原は負傷して自宅療養を余儀なくされる。しかし東宝からの要請で碌に休む間もなく怪我を押して現場復帰することになるが、当時後輩の佐原を可愛がっていた俳優の鶴田浩二がこれを聞きつけ、「佐原を殺す気か!」と東宝の演技課に怒鳴り込み、慌てた佐原が鶴田を宥める事態となる。また主役が記憶喪失になる場面ではリアルな芝居を重視する本多監督の意向に応えるため、目の焦点をぼかす演技を考案して監督から評価された。
  • 1963年の『マタンゴ』には、悪役の役作りのために歯科治療中に前歯(治療以外の歯)を抜く事を思いつき前歯を1本抜いた状態で出演[1]。しかしヨットの遭難場面を撮影中、抜いた前歯の替わりに作った差し歯を無くすというトラブルに見舞われる。この撮影はセットにドラム缶いっぱいに溜めた水を何本も流す過酷なもので、水圧に耐え切れず紛失してしまったのだが、この差し歯は保険の効かない高額なもので、撮影終了後に必死で差し歯を探す佐原を見かねて共演者の土屋嘉男が一緒に探すも、結局見つからなかった。
  • 1966年の『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』への出演は、『ウルトラQ』の大成功を受けて本多が「ご褒美」として用意したものであったという[2]

出演[編集]

映画[編集]

<特記以外は東宝配給作品>

テレビドラマ[編集]

  • 月曜日の男(1961年)
  • 華子がいる街(1962年)
  • サラリーマン出世太閤記(1962年)
  • コール・ガール(1962年)
  • 夫婦百景
    • 第236話「奥様は大学生」(1962年)
    • 第248・249話「独身夫婦」(1963年)
    • 第255話「受賞夫婦」(1963年)
    • 第294話「亭主のさだめ」(1963年)
    • 第331話「逆転夫婦」(1964年)
  • 珠はくだけず(1962年)
  • 倖せの鐘(1963年)
  • 嫁ぐ日まで 第1話「娘ごころ」(1963年)
  • 娘の結婚 第15話「三人目の息子」(1964年)
  • 日産スター劇場 M氏の優雅ならざる生活(1964年)
  • 下宿の娘(1964年)
  • ヘソまがり万歳(1964年)
  • 幕末(1964年)
  • ヘソまがり紳士録(1965年)
  • ウルトラシリーズ
    • ウルトラQ(1966年) - 万城目淳(レギュラー) ※第15話を除く
    • ウルトラセブン(1967年 - 1968年) - タケナカ参謀(準レギュラー)
    • 帰ってきたウルトラマン - 佐竹参謀(準レギュラー) ※第5・6話は佐川参謀
      • 第5話「二大怪獣 東京を襲撃」(1971年)
      • 第6話「決戦! 怪獣対マット」(1971年)
      • 第11話「毒ガス怪獣出現」(1971年)
      • 第14話「二大怪獣の恐怖 東京大竜巻」(1971年)
      • 第20話「怪獣は宇宙の流れ星」(1971年)
      • 第50話「地獄からの誘い」(1972年)
    • ウルトラマンレオ 第44話「恐怖の円盤生物シリーズ! 地獄から来た流れ星!」(1975年) - 中森大介
    • ウルトラマン80(1980年) - 城野博士
      • 第15話「悪魔博士の実験室」
      • 第27話「白い悪魔の恐怖」
      • 第28話「渡り鳥怪獣の子守歌」
    • ウルトラマンネクサス(2004年 - 2005年) - TLT幹部・東郷(準レギュラー)
    • ウルトラマンマックス 第29話「怪獣は何故現れるのか」(2006年) - 佐橋健二
    • ウルトラマンメビウス 第42話「旧友の来訪」・第43話「脅威のメビウスキラー」(2007年) - タケナカ最高総議長[注釈 7]
  • 青春とはなんだ 第26話「大山騒動」・第29話「二人の虹」(1966年) - 新聞記者・関根
  • 新・新三等重役(1966年)
  • マイティジャック 第8話「戦慄のオーロラ」(1968年) - 関谷豊治(Q工作員)
  • 東京コンバット 第34話「狙われた妻」(1969年)
  • アテンションプリーズ(1970年 - 1971年) - 三上教官(レギュラー)
  • 細うで繁盛記(1971年)
  • 鬼平犯科帳 第2シリーズ 第26話「はさみ撃ち」(1972年) - 針ヶ谷の友蔵
  • ジャンボーグA(1973年) - 小野寺参謀(準レギュラー)
  • 太陽にほえろ!
    • 第59話「生命の代償」(1973年) - 中光商事輸出入促進課長
    • 第607話「狼を追え!」(1984年) - 丸吉クレジット東京支社長
    • 第646話「うそ」(1985年) - 飯島医師
    • 第674話「友よ、君が犯人なのか」(1985年) - 東慶一郎
  • 高校教師(1974年) - 坂巻刑事(準レギュラー)
  • 日本沈没(1974年) - 野末技官(準レギュラー)
  • 特別機動捜査隊 第707話「蒼い殺意」(1975年)
  • ザ★ゴリラ7 第13話「胸に弔いの白い花を」(1975年)
  • 破れ傘刀舟 悪人狩り
    • 第50話「恐怖の脱獄者」(1975年) - 同心・杉山
    • 第120話「秘薬の謎をあばけ」(1977年) - 片桐仁十郎
  • 非情のライセンス
    • 第2シリーズ 第37話「兇悪の倒産」(1975年) - 道原人事課長
    • 第2シリーズ 第78話「兇悪の花粉」(1976年) - 小室健二
  • 水の炎(1976年)
  • 俺たちの朝 第19話「雨漏と人工呼吸と熱い味噌汁」(1977年) - 国際繊維課長
  • 桃太郎侍
    • 第26話「泥沼に咲いた紅い花」(1977年) - 田宮要蔵
    • 第47話「昌平坂に消えた夢」(1977年) - 酒井図書
    • 第77話「男涙のけつねうどん」(1978年) - 後藤備前守
  • 大江戸捜査網
    • 第288話「浪人殺しの陰謀」(1977年) - 倉田
    • 第338話「追跡! 哀愁の子守唄」(1978年) - 桑原
    • 第356話「身代り殺人の秘めた謎」(1978年) - 榊原監物
    • 第371話「笑いを売る謎の男」(1978年) - 藤田多聞
    • 第389話「尼僧が秘めた仇討ち七変化」(1979年) - 香山彦九郎
    • 第456話「娘魚屋五万石の涙」(1980年) - 高島郡太夫
    • 第538話「妖艶女風呂殺し針」(1982年) - 脇田長門守
    • 第551話「白昼夢 過去を暴く脅迫状」(1982年) - 板倉屋喜助 ※佐倉健二と誤表記
    • 第569話「乱れからくり偽美術品の罠」(1982年) - 早川頼母
  • 大鉄人17 第27話「なぞのコンコルド 父ちゃんのうそつき」(1977年) - 小林伸吉
  • 遠山の金さん 第1シリーズ 第99話「奈落におちた玉の輿」(1977年)
  • Gメン'75
    • 第123話「野球場ナイター殺人事件」・第124話「極秘作戦 逆探知」(1977年) - 町田教授
    • 第140話「十五年前の遺留指紋」(1978年) - 山崎警部
    • 第158話「警官だけを殺せ!」・第159話「刑事が銃殺される時」(1978年) - 大高署署長
    • 第171話「太平洋大捜査網」(1978年) - 海上保安庁航海長
    • 第209話「女が見ていた焼殺事件」(1979年) - 岡部捜査一課長
  • 大都会シリーズ
  • 薔薇海峡 第26話(1978年) - 医師
  • 達磨大助事件帳
    • 第20話「蜆が食った鉄砲玉」(1978年) - 間部刑部
    • 第24話「愛憎の架け橋」(1978年) - 兼松源之丞
  • 特捜最前線
    • 第63話「痴漢・女子大生被害レポート!」(1978年) - 玉村助教授
    • 第106話「完全犯罪・ナイフの少女!」(1979年) - 久保
    • 第132話「殺意のフラメンコ!」(1980年)
    • 第167話「マニキュアをした銀行ギャング!」(1980年) - 帝都銀行西新宿支店長
    • 第243話「トランプ殺人事件の謎?!」(1982年) - 湯本教授
    • 第319話「一億円と消えた父!」(1983年)
    • 第354話「証言台の女秘書!」(1984年) - 宮治専務
    • 第396話「万引少女の告白!」(1984年) - 田辺代議士
  • 横溝正史シリーズII 仮面舞踏会(1978年) - 津村真二
  • 消えた巨人軍(1978年)
  • 大追跡 第12話「殺し屋に墓はない」(1978年) - 阿久津
  • 江戸の渦潮 第13話「復讐に燃えた女」(1978年)
  • 鉄道公安官 第3話「長崎・女ひとり旅」(1979年) - 大山総合病院院長・大山巌
  • 江戸を斬るIV 第8話「辻斬りは北辰一刀流」(1979年) - 佐々田備前守
  • 水戸黄門
    • 第10部 第2話「女度胸の鉄火肌 -神奈川-」(1979年8月20日) - 門馬新十郎
    • 第14部 第13話「恐怖! 凶賊卍衆 -久保田-」(1984年1月23日) - 佐竹義処
    • 第15部 第27話「殿様騙した親不孝者 -大垣-」(1985年7月29日) - 戸田氏定
    • 第18部 第27話「妻が守った夫の武士道 -掛川-」(1989年3月20日) - 井伊直朝
    • 第20部 第26話「育ての親はだめ親父 -萩-」(1991年5月6日) - 京屋彦兵衛
    • 第21部 第25話「酔いどれ仁術 -糸魚川-」(1992年9月21日) - 黒須十兵衛
    • 第23部 第9話「悪を裁いた偽黄門様 -糸魚川-」(1994年9月26日) - 徳右衛門
  • ザ・スーパーガール 第36話「夜の女子寮 狙われたチアガール」(1979年)
  • 西部警察シリーズ
    • 西部警察(1979年 - 1982年) - 朝比奈(レギュラー)
    • 西部警察 PART-III 第32話「杜の都・激震!!」・第33話「仙台爆破計画」(1983年) - 原子力安全委員会・布施議長
  • ザ・ハングマンシリーズ
    • ザ・ハングマンII 第17話「クイズ!? 電気ショックの恐怖!」(1982年) - 国際電子産業専務・佐原
    • 新ハングマン
      • 第15話「通り魔に夫の出世を賭ける妻」(1983年) - 徳丸クリニック医院長・徳丸
      • 第26話「女体を生体実験する悪魔の病院長」(1984年) - 内閣情報室長・北見伸也
    • ザ・ハングマン4 第18話「さらわれた令嬢が乱暴される!」(1985年) - 民亜党・松永陽介
    • ザ・ハングマンV 第4話「ポルノ女優殺しで玉のこしに乗る!」(1986年) - 徳永産業社長・徳永
    • ザ・ハングマン6 第11話「トリック写真に殺人者を現像!」(1987年) - 近東物産副社長・松岡竜一
    • ハングマンGOGO 第16話「緊急指令・本日限リデ解散セヨ!」(1987年) - 関東管区検察局・加倉井
  • 影の軍団III 第19話「真夜中の復讐鬼」(1982年) - 勘定奉行・佐山壱岐守
  • 青が散る‐祐子の父親(1983年)
  • スクール☆ウォーズ(1984年) - 竹村司教頭(レギュラー)
  • 新・大江戸捜査網 第4話「密会は殺しの誘い」(1984年) - 田丸備後守
  • 長七郎江戸日記 (NTV / ユニオン映画)
    • 第1シリーズ 第58話「父娘のきずな」(1985年) - 柳河藩江戸家老・柏木監物
  • 暴れ九庵 第25話「桜色、もっと彩に」(1985年) - 生方与四郎
  • 特命刑事ザ・コップ 第5話「女の涙に死でむくえ!」(1985年)
  • 忠臣蔵(1985年) - 庄田下総守
  • 誇りの報酬 第33話「お嬢サマが危ない!」(1986年) - 小池
  • 女ふたり捜査官 第12話「張込み・温泉街の母」(1986年、ABC / テレパック)
  • 未亡人殺し(1986年) - 沢田
  • 密会の宿3 湯けむり旅館連続殺人(1987年) - 手塚
  • ジャングル 第28話「危険な拾いもの」(1987年)
  • 痛快!婦警候補生やるっきゃないモン! 第16話「ソフトボールで一発キメろ!」(1987年)
  • あきれた刑事 第14話「女課長の甘いワナ」(1988年) - 浜田
  • プロゴルファー祈子(1988年)
  • ゴリラ・警視庁捜査第8班 第1話「ポリス・アドベンチャー」(1989年) - 佐伯専務
  • おしえてあげたい!(1989年) - 清水国際部長
  • ハロー!グッバイ 第11話「刑事怒りの追撃」(1989年)
  • 風雲!真田幸村 第20話「京の激突! 黄金の太刀を追え」(1989年) - 寺山十内
  • さすらい刑事旅情編II 第16話「南伊豆グルメの旅・露天風呂で消えた女」(1990年)
  • ザ・刑事 第19話「覗かれた危険な密会」(1990年) - 城北署警視・早瀬和彦
  • お江戸捕物日記 照姫七変化 第6話「悪代官を斬る!」(1990年、CX / 東映)
  • 大岡越前 第11部 第17話「濡れ衣晴らした人情長屋」(1990年8月13日、TBS / C.A.L) - 結城昌之助
  • 続続・三匹が斬る! 第19話「さらば三匹、消えた七番目の隠密」(1990年) - 林大炊頭
  • 暴れん坊将軍
    • 暴れん坊将軍IV
      • 第18話「鬼を退治の夫婦饅頭」(1991年) - 本多甲斐守
      • 第53話「みちのく純愛行進曲!」(1992年) - 田沼玄蕃
    • 暴れん坊将軍V 第32話「紀州から来た刺客」(1993年) - 五十嵐豊後守
  • 大江戸捜査網(平成版) 第2シリーズ 第3話「娘スリ・深川慕情」(1991年) - 石川備前守
  • 世にも奇妙な物語 第3シリーズ「お前が悪い!」(1992年)
  • 混浴露天風呂連続殺人11 豪華別荘のアリバイ崩し(1992年) - 田之倉義雄
  • 徳川無頼帳 第13話「千姫乱心、情けあり!」(1992年)
  • うたう!大龍宮城 第36話「イシモチ」(1992年) - 社長
  • お助け同心が行く! 第4話「拘引 -かどわかし-」(1993年)
  • 家政婦は見た! 第13話「代議士跡目相続の醜い秘密」(1994年)
  • 鬼平犯科帳
    • 第3シリーズ 第10話「網虫のお吉」(1992年) - 歌川清三郎
    • 第5シリーズ 第4話「市松小僧始末」(1994年) - 重右衛門
  • 小京都ミステリー / 肥後人吉殺人事件(1997年)
  • 南町奉行事件帖 怒れ!求馬 第10話「お見合い誘拐事件」(1997年) - 大宅助右衛門
  • 税務調査官・窓際太郎の事件簿
    • 第1作「脱税のトリックすべて暴きます 元マルサの男が挑む伊豆不倫連続殺人事件」(1998年)
    • 第6作「元部下だった査察官が大阪で殺された! 警察も捜査しない闇事件の裏に何がある? 私腹を肥やす政治家の悪事を暴け!」(2001年)
  • おばさん会長・紫の犯罪清掃日記!ゴミは殺しを知っている(2006年) - 藤倉威雄
  • 金曜プレステージ / 岡部警部シリーズ2 多摩湖畔殺人事件(2007年)
  • 水曜ミステリー9 / 篝警部補の事件簿4 古都鎌倉・奇跡の石殺人水脈(2008年) - 錦織会長
  • Q - 異次元への扉(2011年) - 万城目淳
  • ノンフィクションW 円谷英二からの贈りもの(2013年)

オリジナルビデオ[編集]

DVD[編集]

  • 『ウルトラQ』店頭プロモーション映像(2001年)
  • 『モスラ対ゴジラ』オーディオコメンタリー(2003年)

ラジオドラマ[編集]

  • ウルトラQ倶楽部(2003年) - 万城目淳 ※レギュラー(出演以外に演出、役名の「万城目淳」名義で脚本も担当)

テレビアニメ[編集]

  • ソニックX 第47話「緯度0大決戦!!」・第48話「ソニック対地底怪獣」(2004年) - アツミ博士

CM[編集]

その他[編集]

  • 『ウルトラQ』ソノシート(1966年、朝日ソノラマ) - 万城目淳
  • 『ウルトラセブン』ソノシート(1967年 - 1968年?) - タケナカ参謀
  • 『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』(1967年?) - 森尾観測員
  • ウルトラ情報局(2002年、ファミリー劇場
  • 『モスラ対ゴジラ』特典オーディオコメンタリー(2003年、東宝) - ゲスト
  • 『美女と液体人間』特典オーディオコメンタリー(2005年、東宝) - ゲスト

ディスコグラフィー[編集]

  • ウルトラマンメビウス(2006年)※Project DMM with ウルトラ防衛隊の一員として

佐原健二に相当する役を演じた俳優[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ちなみに「ミスター平凡」は葉山良二
  2. ^ 同期に宝田明藤木悠河内桃子日活に移籍した岡田眞澄がいる。
  3. ^ 改名して2作品目だが、東宝の宣伝用ポスターには「石原忠改め 佐原健二」と印刷されている。
  4. ^ 研修生時代の出演。
  5. ^ 佐原健二”に改名、本格デビュー作。
  6. ^ この撮影時、佐原は足を骨折していたという。
  7. ^ a b 設定上『セブン』と同一人物。
  8. ^ 『Q』と同一人物。
  9. ^ 佐原本人も出演。

出典[編集]

  1. ^ DVD『モスラ対ゴジラ』オーディオ・コメンタリーで佐原本人が語る。
  2. ^ 「祝・ガイラ生誕50周年!! 佐原健二」、『別冊映画秘宝 特撮秘宝』vol.3、洋泉社2016年3月13日、 111頁、 ISBN 978-4-8003-0865-8。

参考文献[編集]

  • 佐原健二著『素晴らしき特撮人生』(小学館、2005年9月)ISBN 4-09-387597-9
  • 別冊映画秘宝編集部・編『映画秘宝COLLECTIONゴジラとともに東宝VIPインタビュー集』(洋泉社、2016年9月21日)ISBN 978-4-8003-1050-7