佐竹義敦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
佐竹義敦像(天徳寺蔵)

佐竹 義敦(さたけ よしあつ、寛延元年閏10月4日1748年11月24日)- 天明5年6月1日1785年7月6日))は、出羽久保田藩の第8代藩主。また画家。第7代藩主・佐竹義明の長男。母は第5代藩主・佐竹義峯の娘。初名は義直(よしなお)。幼名は秀丸。通称は次郎。官位は従四位下侍従、右京大夫。画家としても名高く、号は曙山(しょざん)。

生涯[編集]

文人大名[編集]

宝暦8年(1758年)5月11日、父・義明の死去により、家督を相続した。宝暦13年(1763年)2月15日、将軍徳川家治御目見する。同年12月9日、従四位下侍従、右京大夫に叙任される。明和2年(1765年)4月15日、初めてお国入りの許可を得る。この頃の久保田藩では飢饉や農村の荒廃、佐竹騒動などにより藩政が混乱していたが、義敦はそんな現実から逃避したかったのか、絵を書くことに安らぎを求めた。[要出典]親交のあった土佐藩主・山内豊雍薩摩藩主・島津重豪と合作の絵画も残っている。

湖山風景図

当時、絵描きとしては最大の正統派と呼ばれた狩野派から絵を学んだ。狩野派の面々も、最初は大名のちょっとした趣味だろうとしか思っていなかったが、義敦の熱意は本気であった。そして藩士の小田野直武からも教えを受けて、日本画に西洋画を組み合わせた一代的な画法を作り出した。直武は、西洋画に対する趣味を持っており、平賀源内からもその作品を見て「秋田の片田舎に素晴らしい名手がいるものだ」と賞賛された。

西洋画論の執筆[編集]

義敦の命令により、源内の下で絵の修行に励んだ直武は、源内の友人であった杉田玄白の『解体新書』における付図の作画を行なった。そして秋田に帰国後、義敦と直武は「画法綱領」、「画図理解」などの西洋画論を著わした。これは、日本最初の西洋画論をまとめた著作であった。

義敦は、「松に唐鳥図」(重要文化財)、「燕子花にハサミ図」、「竹に文鳥図」、「湖山風景図」などの絵画のほか、膨大な数のスケッチを描き、それを『写生帖』にまとめている。

義敦と直武が創始した洋風画は、秋田派とも秋田蘭画とも呼ばれている。その作風は銅版画の影響が強く、近陰影がハッキリした画風が特徴とされている。

義敦は天明5年(1785年)、38歳で死去した。跡を長男の義和が継いだ。

正室は山内豊敷の娘・賀。子は長男・義和、娘・敦(島津斉宣正室)ら4男6女。

偏諱を与えた人物[編集]

義敦時代

関連文献[編集]

関連項目[編集]